ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
タグ:中小企業診断士 ( 246 ) タグの人気記事
|
|
2010年 10月 01日 |
こんにちは。
中小企業診断士の同期のブーちゃんです。

最近、いろいろな中小企業の経営者さんと話していると円高についての心配を耳にします。久しぶりの為替介入により多少円安に戻りましたが、円高トレンドは変わらないと見ている経営者さんが多いです。本来なら円高を歓迎するはずの輸入企業の経営者さんからも円高で日本の景気が悪くなることを心配する声を聞きます。

大企業は円高が続くのであれば生産拠点を海外にシフトするという対策をとりますが、中小企業は生産拠点を海外にシフトするような体力がない場合が多く、そう簡単ではありません。また主要納入先であった大企業が生産を海外移転してしまうと、直接は為替の影響を受けなくても取引が打切りとなるなど業績に悪影響を受けてしまいます。

輸出サイドの企業にとって円高が続く限りは厳しい環境が続きます。為替の対策については、案件が固まった時点で為替予約を取ることで実際に資金決済をするまでの為替リスクをヘッジするという方法がありますね。少なくとも、為替予約を取る時点で案件の採算が確保できているのであれば、その後の為替変動でその案件が赤字になることはありません。企業によっては案件単位ではなく、月間・年間取引量に応じて為替予約を取っている企業もあります。

ただ、為替予約を取れば円高による損失をなくすことができるのではなく、為替予約を取った後に円安に進めば「為替予約を取らなければよかった」とおっしゃる経営者さんもいらっしゃいます。そんなときは、勝ったor負けたの議論ではなく、為替による変動幅を小さくし経営に与える変動要因をなるべく小さくすることを理解してもらうことを心がけています。

残念ながら、診断士として円高の影響を完全に排除することは不可能です。診断士にできることは、為替予約を活用して、経営に与える変動要因を小さくするアドバイスまでです。

今年の2次試験でも事例Ⅲ・Ⅳあたりでは為替対策が論点になるかもしれませんね。
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-10-01 23:05 | 診断士活動 |
2010年 09月 17日 |
皆さんこんにちは。
レスラーです。

日中は暑い日もありますが、朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。
2次試験まで1ヶ月余りとなりましたが、受験される皆さんにはこれからの時間を是非、有意義に使ってほしいと思います。

さて、去る8月26日に異業種交流会と称し、合計6社が一堂に会した企業内診断士の交流会が開催されました。
全体で約80名の企業内診断士が参加し盛況だったこの交流会、次の日の新聞で記事を目にされた方もいらっしゃるかもしれません。

交流会では各企業の代表者が自社の取り組みを紹介し合い、活発な意見交換がなされました。
診断士資格取得支援制度、勉強会、実務従事案件紹介、コンサル事例勉強会など、いずれの企業も組織として活発な活動をしていることが改めてよくわかりました。

今回の交流会は初回ということもあり、相互の活動内容の紹介がメインになりましたが、今後具体的な連携施策について検討していこうという話しも出ました。

ご存知の通り、企業内診断士は診断士全体の約7割を占めており、日々の活動が診断士という資格の存在意義に大きな影響を与える可能性を持っています。

私の勤めている会社でも苦労して診断士資格を取得したにも関わらず、その資格が思うように生かしきれていない人が残念なことに少なくありません。(もちろん、生かしている人もたくさんいます。)
生かせない原因は人によって異なりますが、活動の機会(実践の場)が提供されることによって少しでも多くの人が診断士という資格を生かせるようになれば診断士全体へも良い影響が出てくるものと考えています。

そういう意味では上記のような企業内診断士のネットワークを今後よりオープンなものとし、具体的な活動施策が見えるようにしていければと考えています。
何かと制約がつきまとう企業内診断士ではありますが、個々の力を持ち寄って社会貢献ができるようなスキームを作っていきたいものです。

新たな展開があったらまた、報告したいと思います。
それでは。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-09-17 12:00 | 診断士活動 |
2010年 09月 13日 |
こんにちは。
企画&分析チームのりょうです。

今日はみなさんに自信を持ってもらいたい、というお話。

実は最近私は、ある予備校の2次演習の問題を見る機会がありました。
それを見て愕然としてしました。

その時見たのは、事例Ⅳ(財務)の問題なのですが、
難しいこと難しいこと。
経営分析以外は、
全く未知の世界の問題でした(笑)

しかし改めて考えてみると、
一年前にはこのような問題を解いていたのです。
そしてみなさんも、今まさにそのような難解な問題にチャレンジしています。

でもそれって、
それだけでもスゴいことだと思いませんか?
今のみなさんなら、
どんな問題でも全く歯が立たないといった状態ではないはずです。
そのことは、診断士2次試験の勉強をしていないその他大勢のビジネスマンと比べたら、
確実に知識・能力の差をつけてしている証拠だと思います。

ぜひみなさんには、その事実に自信を持って下さい。
合格するかどうかという結果は、時の運にもよります。
しかし、合格に向けて努力しているプロセスが消えてなくなることはありません。
もちろん合格できるにこしたことはありませんが。。。

まだまだ残暑が続きますが、
体調には気をつけて残り1ヶ月半頑張って下さい。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 10日 |
ちゃーです。
今日は全くの個人的な趣味の話です。

診断士登録してから、早3年が経ったのですが
今更ながらに思うのは、診断士っていうのは
要するに試験を合格した人です。
基本的には、ただそれだけのはずです。

しかしながら僕の経験では、どうもそうではない。
僕がこれまでにお世話になった”良い”診断士の共通項を
まとめると、儒教の「五常の徳」がすっぽり収まる
ように思えてなりません。

すなわち、





の5つの徳です。
・・・せっかくなので、ご自分でも
少し言葉の意味を考えてみてください。

孔子さんが言うには(正確には孔子の弟子が言っているのですが)
五常の徳とは、別に特別なアドバンテージ要素ではなく
誰もが兼ね備えるべき、基本的な心構えだということです。
つまり、当たり前のことを当たり前にできるようにしましょう、
ってことですね。
でも、それがなかなかできないのですが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
仁:人を大切にすること、愛情。
 仁は最重要ですよね。
 診断士にとっては絶対的必須要素だと思います。

義:何が正しいかを考え抜き、それを行うこと。
 「正しい行いをすること」という説明がポピュラーなのですが
 僕は「何が正しいか徹底的に考えること」が重要だと思ってます。

礼:自らをわきまえ、分け隔てなく誠意を示すこと。
 忠とか孝は、上しか見ていませんが、これは不十分。
 弱いものに誠意を示せるのが、格好良い大人。

智:是非を判断できること。
 知恵・工夫は診断士の商売道具。
 自信は無いけど、だからこそ
 少しでも自分を高めるために必死です。

信:強く思い抜くこと。
 通常は「人から信頼されること」と説明されるのですが、
 僕はこっちだと思っています。
 強い思い込みは、相当な確率で形になります。
 そういう現場には、これまで何回も遭遇してきたし
 僕自身の体験にも一致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、与太話でしたが
これは僕自身の反省でもあります。
五常の徳を備えたる診断士でありたいと思っていますし、
ふぞろいの読者の方からも、そういう”良い”診断士が
今年もまた生まれることを心より願っています。 

では。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-09-10 21:42 | 診断士活動 |
2010年 09月 06日 |
 受験生の皆様、受験勉強、お疲れ様です。
 ホリケンと申します。

 私は毎月、診断士試験の合格者の方々に 
 取材をさせていただいております。

 そこで皆さん共通しておっしゃっていることの一つとして、
 「うんざりするまでやる、飽きるまでやる」ということが
 あります。

 何か楽に勉強する方法がないかとお聞きするのですが、
 いろんな創意工夫を自分なりに生み出した後は、
 体に刷り込まれるぐらいやり込むことが必要だと
 皆さんおっしゃいます。

 試験が近づいてくると特に、新たにメソッドを生み出すより、
 それを使いこなせるように繰り返す勉強のウェイトが
 高まってきます。
 勉強というより、解答プロセスを固める作業に近いかもしれません。
 うんざりするし、飽きてくるし、面白くないかも
 しれません。
 
 しかし、うんざりすることが増えてくると、逆にゴールは
 近づいているのかもしれませんね。


 暑い日が続いておりますので、体調には気をつけて
 勉強頑張ってください。
 応援しております。



---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 08月 08日 |
まつあに@「ふぞろい2」企画担当、「ふぞろい3」アドバイザーです。

8月7日~8日の1次試験を受けられた皆さん、暑い中お疲れさまでした。

東京と大阪の一部試験会場では、ふぞろいチームからも参加して、『ふぞろいな合格答案』のうちわ、同友館の診断士関連書籍のご案内などを配布させて頂きました。
(受け取ってくださった方、ありがとうございます)

さて私はと言いますと、昨年は上記と同様のうちわ配りをしましたが、今年は試験監督という立場でお手伝いさせて頂きました。

もともと気温の高いところに、受験生の集中力も加わってか、教室内はどんどん暑く...
途中で何度か、本部にエアコンの温度調節を依頼したほどです。

試験監督者には毎時限、写真票を見ながら本人確認をし、解答用紙に記入された受験番号や生年月日が合っているかを確認する仕事があります。

教室で拝見した皆さんの生年月日は昭和の20年代から60年代まで幅広く、「きっとお一人おひとりに診断士試験に臨むまでのストーリーがあるのだろう」と想像され、ある種厳粛な気持ちがしました。
皆さんがそれぞれの受験ストーリーを満足のいく形で締めくくれますよう、心よりお祈りします。

おそらくは、直前の試験準備と2日間の本番とで、脳がかなり疲労しているでしょう。どうぞバランスの取れた食事で回復を図り、明日からの新たな日々に備えて頂ければと思います。
とはいえ、ご家族やお仲間と打ち上げをして、ちょっとぐらいアルコールや油分を過剰摂取するのも、今日だけは愛嬌ということで。(^^)

今晩の過ごし方についてもう一つ。
誰でも多少は、「あの問題はどうだったのかな?」等と、気になる箇所があるかと思います。
でも、予備校の出す解答速報を見て、一喜一憂するのは止めましょう。
どうせ翌日にはオフィシャルな解答が診断協会のWEBに出るわけですから。

というわけで、今日のところは「戦略的休養」(知人の診断士の言葉)をとり、英気を養うことをお勧めします。
そして、明日か明後日に「さあ、次は2次試験だ!」という気持ちになったら、ぜひ『ふぞろいな合格答案エピソード3』をお手にとってみてください。

昨年度の合格者は、どんなことで悩み、どう対処していったのか?-『ふぞろい』には、予備校が複数人で丸々1日もかけて作る「模範解答」とは違う等身大の解答例、それを生み出した受験生の心の動きなど、実戦的なコンテンツが盛りだくさんですから。

今年もメンバー一同、2次試験本番に向けて受験生を精一杯応援させて頂きます。
月並みですが一言、「頑張ってください」と付け加え、1次お疲れさま&2次に向けての応援メッセージとさせて頂きます。

f0170728_17565289.jpg


---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-08-08 17:30 | その他 |
2010年 08月 06日 |
日付変わって、もはや、明日に迫った1次試験。
最後の知識を詰め込んでおられる最中だと思います。
こんばんは。ロンドン3です。

1次知識の大半は、3日後には忘れてしまっていいものばかりです。
 ということは、その分、今日の詰め込みは大事です。

私は当日の朝、今まで全く勉強していなかった経済白書の「はじめに」を、
パラパラと読んでから行きました。
http://www5.cao.go.jp/keizai3/whitepaper.html
そうすると、2問、そのおかげで解くことができました!

決して、今から経済白書を読め!と言っているのではなく、
最後の最後まであきらめずに、詰め込みをする価値はあります!
 と言っています。

とはいっても、体力勝負!
ご自身の最適睡眠時間はしっかり確保した上で、
最後まで自分を追い込んでください。


さて、表題の件ですが、
会場のトイレは混雑が予想されます。
余裕を持って1時間目が始まる前にトイレには行ったほうがいいでしょう。
f0170728_23273981.jpg


しかし、緊張は、人のリズムを狂わせます。
私は、9時20分くらいにトイレに行きましたが、10時20分には
既にトイレに行きたくなっていました。  (2次試験の時ですが)

5分くらい我慢していましたが、集中力が乱れるので、
思い切って、トイレに行きました。

ああ、これでブログのネタができたなあと
 余裕のある思考が出来ていたと思います。
  もし、トイレに行きたくなって、貴重な時間を失ったとしても
   プラス思考で行きましょう!

しかし、行動としては、試験官の先生を振りきって、
 全力ダッシュでトイレに向かいましたけどね・・・

泣いても笑ってもトイレに行きたくても、
 明日の10時には、あの緊張の試験会場で、
  全力を発揮できる機会が与えられます。

機会を与えてくれた、家族、会社、友人などなどに
 感謝の心を持って当日臨めれば、
  きっといい結果となって返ってきます!

諦めない心で、明日・明後日を乗り越えてください!

皆様の合格を心からお祈りしております。

検討を祈るでありますにゃ!
f0170728_23282193.jpg

  
---
あ、自分のブログからですみませんが、
マンガの励ましの名言集もどうぞ!
http://london3.blog81.fc2.com/blog-entry-1208.html
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-08-06 00:01 | 1次試験 |
2010年 08月 02日 |
再現答案チームの異端児です。

いよいよ一次試験が今週末に迫ってきましたね。

一次試験突破が必須の方は、わき目も振らずに一次対策にいそしんで頂きたいと思います。

最後の追い込みの勉強も大切ですが、試験時間の10時から17時(一日目)、と10時から15時(二日目)の時間帯に脳細胞の働きが最大限になるように、朝型への切り替えを心がけると、より良いと思います。

二次試験受験の権利がある人も一次試験を受験することにより、今年の二次試験の傾向を一次試験の出題分野からいち早く把握できます。よほどの事情がない限り、一次受験の申込者は受験した方がよいでしょう。

ところで、私が所属している勉強会の定期開催日は土曜日なのですが、平日の火曜日の夜も19時から20時頃まで霞ヶ関ビルの一階のリエゾンスクエアーで二次の勉強会を行っています。今週は、平成18年事例IIIを参加者が解答と方向性(あるべき姿、戦略、課題、解決策等)を準備してきて議論します。

今まで、勉強会のメンバーだけに限定していましたが、「ふぞろいな合格答案エピソード3」の購入者にも門戸を広げてもよいのではないか、と思うようになりました。

「異端児に会ってみたい方」や「平成18年事例IIIがすっきりしなくてもやもやしてきる方」は歓迎します。
また、異端児は、月刊企業診断の一次直前対策として、6月号で企業経営理論の経営戦略論や7月号で経済学・経済政策も担当しましたので、「一次試験の直前で悩んでいる方」の相談にも乗れると思います。

リエゾンスクエアーは、テープル席が14席、カウンターのような席が数席、そしてオットマンのようなソファー席が数席ありますが、先着順の早い者勝ちです。

今回は、一次試験前かつ一日前のお知らせとなり、多くの皆さんは既に先約があるかもしれませんが、試験的に実行させて頂くことにします。

ご興味のある方は、このブログのコメント欄にコメントを残して頂くか、異端児の携帯メール(akioto.923★ezweb.ne.jp  ★を@に変えて送信ください。)までご連絡ください。

予想に反して多くの皆さんが押しかけて喫茶店等に移動せねばならなくなる場合を除き、会場費や参加料はかかりません。

19時から22時までの間であれば、何時に来られて何時に帰られても自由です。

参加される方は、ご面倒でも「ふぞろいな合格答案エピソード3」を持参下さい。

今回、直前のお知らせのため、参加できない方も、別途、機会を作ろうと思いますし、異端児以外のメンバーとのコラボのセミナーも企画中です。

お楽しみにしてください。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 07月 30日 |
こんにちは,再現答案チームOBのFrederiqueです。

いよいよ,来週は1次試験ですね。

当日,実力を発揮できるように皆さんいろいろ工夫
されると思いますが,自分で試して効果があると
感じた方法をいくつかここでご紹介させて頂きます。
参考になることがあれば幸いです。

1.こまめに糖分を補給する
脳のエネルギー源はブドウ糖だそうですが,
一説には脳は1時間当たり5gものブドウ糖を
消費するそうですが,こまめに補給すれば
脳の活動低下を防ぐことができます。
ブドウ糖を効率的に補給するには砂糖等の
糖分を補給するのが良いそうですので,
朝食時に砂糖入りの紅茶を飲んだり,
休憩時間にアメを食べたりして
エネルギー切れにならないようにしましょう。

2.ここ一番,集中力を高める方法
難問にひっかかってしまったり,終了時間間際で
ここで集中力が欲しい!と思う瞬間ってありますよね。
そんなときおすすめなのが,「問題用紙に目を近づける」
という方法です。某試験問題集のコラムで知った方法
なのですが,試験問題にぐっと目を近づけると
問題にぐっと引き込まれたような感覚になって
集中力が増すんです。テレビに夢中になると
顔や体がテレビに近づく人っていますよね。
あんな感覚に近いかもしれません。
ぜひ試してみて下さい。

3.体と脳を目覚めさせよう
人間の体や脳というのは,睡眠から目覚めて
元気な活動状態になるまで,起床後2〜3時間
かかるそうです。起床後,なるべく早めに体と脳を
元気な状態にもっていくため,朝起きてシャワーを浴びる,
音楽を聴く,試験会場で何か書き物をして指を動かす
(この2つは脳を働かせるのに効果的です)
などがおすすめです。

1年間の努力の結果を100%発揮できるよう
頑張ってください!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-07-30 00:01 | 1次試験 |
2010年 07月 24日 |
こんにちは。ふぞろいサポーターのkazu0gooです。

ふぞろいWebへの訪問、いつもありがとうございます。

一次試験まであと二週間ですね。いよいよです。

僕は、診断士一次試験を都合n回(nは各自推測w)受けたので、
皆さんの今のドキドキしているお気持ちはよくわかります。

*自分の名誉の為にいうと、一次試験はn回とも全て試験合格してます。
二次が全然とおらなかったんだよー。


で、長年の診断士一次試験合格?の経験からハッキリ言えることは、

勝負はこれから二週間、
得点戦略をキッチリたてて諦めなければ道は必ず開けます!


二週間あれば、法務や中小など暗記物は、相当詰め込めるはず。

二週間あれば、財務や経済など要計算の科目も、基本計算パターンの暗記の詰め込みなど
工夫次第で合格点確保や足切り回避までは持っていけます。


ただ、今から二週間の試験勉強をうまく乗り切るには、得点戦略が重要です。


自分は何の科目が苦手で、どういうタイプの問題が苦手で、どこに原因があるのか?
その原因を踏まえ、どのような科目別の得点戦略を組み、学習計画を立てるのか?
どの学習教材に絞り、どう乗り切るのか?


忙しいかもしれませんが、必ず一度振り返ってみましょう。
短い時間でいいので、振り返ることが超重要です。


因みに、僕は最後の受験のときは、こんな得点計画と学習計画を立ててました。

・情報は得意だから80点
・法務、中小は苦手だから50点
・残りは60点以上。
・残り二週間は、暗記物中心。特に暗記がモロに効く中小をメインで。
・全部覚え直すのは大変だから、模試や直前演習の問題に出た内容を中心に覚え直す。


細かく考えるのではなくざっくり考えておくのが、
頭に残りやすく効果的だと思います。

全部完璧に仕上げてくる受験生は殆どいません。
みんな苦手科目という爆弾を抱えて受験しています。
その爆発を如何にうまく抑えるか、得点戦略の練りどころです。

一度冷静になって、それから熱く闘う、これが非常に重要。

体調には気をつけて、是非頑張って下さい!

応援しています!!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-07-24 21:01 | 1次試験 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon