ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
タグ:ふぞろいな合格答案 ( 41 ) タグの人気記事
|
|
2010年 08月 23日 |
こんにちは、企画チーム、はるみみかんです。
私の家庭での役割は、洗濯、風呂掃除、ごみ捨て、金魚や虫の世話、植物への水やりなどですが、結構、時間が掛かるので、朝早く起きて、出勤前にこなしています。仕事や勉強などもあり、結構、忙しいのですが、最近、幼稚園(年長)に通う長男に勉強を教えるという重要な仕事も加わりました。長男は遊びに夢中で勉強をやる気がなく、奥さんでは、手に負えないので私に回ってきました。とりあえず、全くやる気を見せなかったので「将来、仕事をしてお金を稼ぐためには、勉強をしなければならない。」、「こんなこともできなければ、学校でバカにされる」「サッカーもできないし、けんかも弱いなら、勉強はできるようになりなさい」など危機感を植え付け、なんとか、1時間半、読み書きの練習をさせました。ほめて、やる気にさせたり、毎日、勉強させ、習慣づけたり、これからが大変ですが、親として、責任があるので頑張りたいと思います。

自分の事を振り返ってみると、小学生までは、両親に無理やり、勉強をさせられていて、目標とする学校に入りたい、安定する仕事に尽きたいなどと考え、自主的に勉強し始めたのは中学生ぐらいからだった気がします。やはり、子供が勉強をしないのは親に問題があり、習慣づけるのは、親の義務なのかもしれません。

仕事、家族サービス、友達との付き合いなどが忙しい中、社会人になっても勉強を続けている皆様は、誰かに言われて強制的に診断士の勉強をしているわけではなく、自分の目指す将来に向けて、自主的に勉強しているのだと思います。私も起業するために必要な経営的な知識を身につけようと思い、診断士試験の勉強を始めたのですが、最終的には、知識が身についたことを顕在化したいと考え、合格を目指し、勉強を続けました。

ふぞろいな合格答案は、そんな皆様を技術面でサポートするために、タイプ別の勉強方法などノウハウをたくさん詰め込んでいます。是非、参考にして頂ければと思います。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 08月 18日 |
再現答案チームの、キタジョです。

1次試験お疲れ様でした。

私は、試験初日の朝、
明治大学リバティータワー前で、うちわ入りのチラシを配布していました。

今年は受験生ではなかったのですが、皆さんの緊張感が伝わってきました。
「頑張ってください」と心を込めて配布したうちわが皆さんの役に立てば、
と思っています。

さて、1次試験の解答が出ました。
私は、勇気を出して自己採点をしましたが、解答をチェックしながら、
心臓がドクドクしていたことを今でも覚えています。

私と同じように自己採点をされて結果がわかっている人や、
合格発表まで待つ人など、いろいろなタイプの方がおられると思います。

1次試験の合格発表までの間は、そわそわしてしまうかもしれませんが、
2次試験の日程はどんどん近づいています。

合格がわかっている人、結果を待つ人は、2次試験に向けてスタートを切っていると思います。

残念ながら不合格がわかってしまった人も、
この期間に2次試験の学習を少しだけしてみてもいいかも知れません。

今のうちに2次試験で必要な知識を整理しておくことで、
本番の2次試験を受けるときに大変役に立つと思います。

私は、去年のこの時期は妊娠5ヶ月目に入っており、
今までのようなハードな勉強ができない状況でした。
そのような中、「ふぞろい」を読み込み、自分の解答と合格者の解答を比べて、
何が足りないのかを研究していました。
結局、過去に発売された「ふぞろい」を全て購入し、
同様に過去問を遡って研究しました。

私と同じように、「ふぞろい」を活用して
自分なりの「2次試験に向けた学習方法」を見つけてもらえれば、と思います。

残暑が厳しいですが、
体調を壊さないように頑張ってください。

がんばれ、受験生


---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 08月 04日 |
みなさま こんばんは。
再現答案チームの けんしろー です。

いよいよ1次試験間近ということで、ここのところブログの
テーマも1次一色という感じです。
そんな中で、私からは少し変わった切り口で。

既に2次試験の受験資格を持っている人の中にも、1次試験を
受けるかたは多々いらっしゃると思います。
そこで昨年私が1次試験で気をつけた、2次につながるマインド
面について2点申し上げます。

1つ目は「あきらめずに粘ること」です。
例えば周りに途中退室の人が増えてくると、私はちょっと集中力
が途切れることがあります。そこで「受験資格もあるし、まあこん
なところでいいか」という思いを持つことだけは避けました。
「あきらめずに粘ること」というのは1次、2次試験に関わらず
その人の取組みスタンスになってしまいます。1次で少しでも
あきらめ心を持つと、それが2次試験でも最後の最後に影響して
しまうことがあると考えました。だから、試験は「最後まで粘る」
を基本スタンスにしました。

2つ目は「本番の緊張状態を味わうこと」です。
昨年、2次の模擬試験も何回か受けましたが、本番の緊張状態を
うまく作り出すことはできませんでした。
一方、試験内容は違いますが、1次試験ではそれを味わうことができ
ました。気持ちの持ち方でだいぶ違うとは思いますが、自分さえ
「真剣勝負」というスタンスで臨めば、周りの状況は緊迫モードです
から、本番の緊張感を味わえると思います。
そして、自分が緊張した時に「読む速度」「理解度」「思考力」等が
どう変わるかを押さえておくのです。すると2次試験の対策の1つ
として、今後しっかりと取組んでいくことができます。

1次試験に丸2日費やすのです。考えられることは全てやって、2次
試験の取組みの充実化につなげましょう。
ご健闘をお祈り申し上げます。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-08-04 23:07 | 1次試験 |
2010年 08月 02日 |
再現答案チームの異端児です。

いよいよ一次試験が今週末に迫ってきましたね。

一次試験突破が必須の方は、わき目も振らずに一次対策にいそしんで頂きたいと思います。

最後の追い込みの勉強も大切ですが、試験時間の10時から17時(一日目)、と10時から15時(二日目)の時間帯に脳細胞の働きが最大限になるように、朝型への切り替えを心がけると、より良いと思います。

二次試験受験の権利がある人も一次試験を受験することにより、今年の二次試験の傾向を一次試験の出題分野からいち早く把握できます。よほどの事情がない限り、一次受験の申込者は受験した方がよいでしょう。

ところで、私が所属している勉強会の定期開催日は土曜日なのですが、平日の火曜日の夜も19時から20時頃まで霞ヶ関ビルの一階のリエゾンスクエアーで二次の勉強会を行っています。今週は、平成18年事例IIIを参加者が解答と方向性(あるべき姿、戦略、課題、解決策等)を準備してきて議論します。

今まで、勉強会のメンバーだけに限定していましたが、「ふぞろいな合格答案エピソード3」の購入者にも門戸を広げてもよいのではないか、と思うようになりました。

「異端児に会ってみたい方」や「平成18年事例IIIがすっきりしなくてもやもやしてきる方」は歓迎します。
また、異端児は、月刊企業診断の一次直前対策として、6月号で企業経営理論の経営戦略論や7月号で経済学・経済政策も担当しましたので、「一次試験の直前で悩んでいる方」の相談にも乗れると思います。

リエゾンスクエアーは、テープル席が14席、カウンターのような席が数席、そしてオットマンのようなソファー席が数席ありますが、先着順の早い者勝ちです。

今回は、一次試験前かつ一日前のお知らせとなり、多くの皆さんは既に先約があるかもしれませんが、試験的に実行させて頂くことにします。

ご興味のある方は、このブログのコメント欄にコメントを残して頂くか、異端児の携帯メール(akioto.923★ezweb.ne.jp  ★を@に変えて送信ください。)までご連絡ください。

予想に反して多くの皆さんが押しかけて喫茶店等に移動せねばならなくなる場合を除き、会場費や参加料はかかりません。

19時から22時までの間であれば、何時に来られて何時に帰られても自由です。

参加される方は、ご面倒でも「ふぞろいな合格答案エピソード3」を持参下さい。

今回、直前のお知らせのため、参加できない方も、別途、機会を作ろうと思いますし、異端児以外のメンバーとのコラボのセミナーも企画中です。

お楽しみにしてください。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 07月 12日 |
1次試験まであと数週間。
今年1次試験を受験されるみなさん、最後の追い込みの時期かと思いますが、悔いのないように頑張って下さい。

企画&分析チームのりょうです。
現在はビジネススクールに通う学生ですが、2次試験がいかにうまくできているかを実感している毎日です。

今日はちょっと気が早いですが、1次試験が終わった後まず何をやるべきかを書きたいと思います。

おそらくみなさんは、1次試験が終わったら、期待と不安を抱えながら予備校の模範解答で自己採点をすることになるでしょう。
その自己採点は今の頑張りがあれば、必ずや合格ラインを超えていると思います。

それからの2次試験までの11週間をどう過ごすかですが。。。

ちなみに、昨年の私ですと、この時点で初めて2次試験の内容を確認しました。
そして、まずは過去問を5年分、1日2事例のペースで解答していきました。
自分の答案の採点は市販の過去問集の模範解答と見比べながらしていくことになるのですが、ここでふと感じた不安が。

過去問集の模範解答は一つしかないのです。

2次試験の事例を見たことがある方は分かると思いますが、解答は深く考えれば考えるほどいろんな方向性で考えられるため、一つの方向に決めて解答するのは困難です。
また、人によっても千差万別になるはずです。
しかし、模範解答は一つなのです。
ということは、その正答に当たるか当たらないかの賭けになってしまうのではないと?、という不安が襲ってきました。
そんな賭けはあまりにも危険すぎると。

そんな時に出会ったのが、「ふぞろいな合格答案」でした。
それが9月の終わりも近づいてきた頃でしたが、まさに「目から鱗」状態でした。
なぜか?
合格者の答案はまさに「ふぞろい」だったからです。
これで自分の不安は完全に解消されました。
後は、「ふぞろいな合格答案」を参考に自分オリジナルの解答スタイルを定着させるだけ。
それで見事にストレートで合格できました。

長くなってしまいましたが、1次試験を終わってまずオススメするのは、「ふぞろいな合格答案」で「ふぞろい」な答案を確認することです。
そうすることで、少しでも気持ちの余裕が出るのではと思います。

では、暑い日が続きますが、体には気をつけて最後の追い込み頑張って下さい。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 07月 11日 |
 七夕も過ぎ、1次試験の1月前となりました。追い込みがんばってますか?一昨年の「ふぞろい2」の再現答案担当、アントレーこと(お)です。診断士2年目を迎えました。

 まずは、受験生OBからのメッセージです。1次の受験科目が多い方へ。「皿まわし」を繰り返しましょう。「皿回し」とは、受験科目の復習、受験勉強を短期間で繰り返すことです。沢山の皿を回し続けるには、一つ一つの皿に回転を与えないと、落ちてしまいます。つまり、一科目たりとも40点未満を取らないために、40点以上とキープするために、各科目の勉強を短期間に繰り返すことです。特に、中小等の暗記科目は、この時期の勉強で得点アップが期待できます。
 2次だけが受験の方。この時期、一通りの自分なりの解答スタイルが確立していると思います。その型を体得して、ブレないように安定化するのが、いいと思います。万が一、スタイルを変更する場合、この時期が変更の最後のチャンスです。これから、スタイルチェンジ&安定化するのは、大変だと思いますが、不退転の気持ちで取り組んでください。

 私は企業内診断士で、診断士としての活躍はあまり出来ていません。診断士としての活躍は、○年後の定年後を想定しています(定年といっても、60歳や65歳ではなく、役職定年で、定年扱の退職です)。それに備えて、今は別の資格の勉強をやっています。診断士として独立しても、強みがないと、活躍の場が広がらないと考えます。クライアントの視点に立っても、自分が必要な問題に強い専門家を求めると思います。その「強み」をもたないと活躍できません。皆さんもマーケティングで学んだと思います。同じですね。

 では、受験生の皆さん、がんばってください!応援しています。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 06月 30日 |
こんにちは。

再現答案チームのLeoです。

「ふぞろいな合格答案」で、

私が一番楽しみだったのは、

何を隠そう、脚注の「コラム欄」だったのです。

勉強の合間合間に目を通すコラム欄には、

本当に勇気づけられたり、

読んでクスッと笑ったり、

心からホッとした記憶があります。

今年の「ふぞろいな合格答案」にも、

・川柳

・受験のきっかけ

・私の受験テクニック

・勉強時間の捻出方法

・効果があった勉強法

・受験当日の持ち物チェック

・合格の秘訣

・試験当日

・口述試験

等々、さまざまなテーマで、掲載されています。

今は、1次試験の追い込みに

注力されている方が多いと思いますが、

ぜひ、受験勉強の合間にコラム欄をのぞいてみてください。

そこには、

2次試験へのさまざまなヒントや、

2次試験独特の世界を感じ取ることができます。

今年初めて診断士を受験される方にとっては、

1次試験だけでなく、

2次試験への不安もあると思いますが、

このコラム欄に目を通すだけでも、

その不安は、ぐっと和らぐと思います。

ぜひ、脚注のコラム欄に注目願います^^

以上


---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 06月 24日 |
みなさま、こんばんは。
再現答案チームのヒロシです。
梅雨本番でじめじめした日々が続きますね。

ふぞろいな合格答案エピソード3のテーマは「読む・考える・書く」です。第1章のタイプ別弱点克服法から、第2章の答案分析、第3章の再現答案まで、このテーマでまとめています。

このテーマはふぞろい3プロジェクトのメンバーで決めたものですが、私も受験生の時、この「読む・考える・書く」を途中から意識するようになりました。

昨年のこの時期、私は2次試験に絞って勉強をしていたのですが、いろいろなプロセスを試しているうちにどれが自分に合っているのか、どのような作業を行うことが効果があるのか、わらなくなり伸び悩んでいました。
そんなとき、当時通っていた予備校の先生から
「2次試験はざっくり言うと、読んで、考えて、書くことです。」
と教えてもらいました。
とても当たり前のことですが、当たり前のことを見失ったままアンダーラインやマーカーを引くことに夢中になっている自分に気づくことができました。そして基本に立ち返って、自分にとって必要なプロセスを見直し、80分間の中で効果的に成果を上げる方法を見つけることができました。

これはあくまで私の例ですが、2次試験はやはり「読む・考える・書く」ことが基本だと思います。

ふぞろい3では答案分析から再現答案の解答プロセスや勉強方法などもこの区分けで掲載しています。ぜひ、参考にしていただければと思います。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 06月 21日 |

みなさま こんばんは。
再現答案チームの けんしろー です。
「ふぞろいエピソード3」発刊からちょうど1週間が経ち
ました。みなさまは既にご覧いただいたでしょうか。

私の担当として再現答案はもちろんのこと、①試験当日の
80分間で考えたこと・感じたこと、②効果的だった勉強方法、
③解答プロセス等、をできる限り詳しく記述しました。
みなさまの参考になれば幸いです。

さて、私は昨年のこの時期は「80分の手順」の研究をしていました。
1次試験の受験申込みもしましたが、前年に権利を得ていたので、
ぎりぎりまで2次対策の時間をとることを優先しました。

「時間をかければ、そこそこの解答が書ける」から「80分でも、
はずさない解答が書ける」ようになる、ための手法です。

今年のふぞろいのテーマでもある「読む・考える・書く」を強化
する際の2軸として、「内容」と「スピード」があります。
最終的にはトレードオフの関係となりますが、ある域までは両方を
高めることが可能であり、その2つを追うことが重要です。

私は80分を10程度のタスクに分けた時間割をエクセルで作成し、
具体的な手段(マーカーやマークのしかた等)を記入しました。
そして過去問を解くときは、常にそれを参照しながら、チェックし、
修正を繰り返しました。つまり、PDCAサイクルを回し続けると
いうことです。

読者プレゼントとして合格者の「ふぞろいな生問題用紙(PDF)」
があります。
是非、本書とともにそれを確認していただき、再現答案作成者9人の
手法から、「内容」と「スピード」に対する気付きを得ていただ
ければと思います。

1次試験の勉強に集中しているみなさまも、ちょっとした息抜きの時間
にでも、ふぞろいを開いてみてください。何がどこに書いてあるかを
把握しておくだけでも、きっと1次試験直後に、2次に向けてスパート
をかける際に役立つはずです!


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 06月 16日 |
皆さん、

こんばんは、おはようございます、こんにちは、

再現答案チーム&販促チームの異端児です。

今回は、再現答案チームとして記事を書いていますが、立場上、販促モードも出ることをご了承ください。

6月14日が正式な発売日だったのですが、アマゾンや一部の書店で先行発売もされていたようですね。

既に、購入されたとの記事をアップしたブログも目にするようになり、執筆者の一人として嬉しい限りです。

読者アンケートを送付してくださる方も毎日かなりの数にのぼります。

購入者にプレゼントとして、表紙の扉に記載のある以下の三点、①320分間の戦いの軌跡「生問題用紙」、②合格者のノウハウの結晶「ファイナルペーパー」、③再現答案の採点結果は何点?「再現答案点数一覧表」を差し上げることになっています。

昨年までに行っていたのと同様の受験校等における執筆者によるセミナーは、了承が得られた所と時期に、今年も行うつもりですので、ご期待ください。

また、同友館さんから出版されている他の書籍の著者メンバーとのコラボの企画も動き出しており、昨年までに行っていたイベントに加えて、今年は新しいことにも挑戦してみよう、と思っています。

私も受験生時代に「ふぞろいな合格答案」「同エピソード2」やそれ以前の「80分間の真実」「続80分間の真実」「続々80分間の真実」と当時同友館さんが出版していた「大合格体験記」等を読んで勉強した一人です。

当時、『合格者の人と実際に会って話をしてみたい、疑問を質問してみたい』と思っていた記憶があります。

受験校等での設備をお借りして行うセミナーを正式なフォーマルなものに加えて、インフォーマルな形式での懇談会のようなものも企画中です。

詳細が決定次第、ご案内を別途させて頂くつもりです。

なお、私は、初受験が1985年でしたから、合格するまでに25年かかったことになります。

海外転勤、数回の転職、業務多忙等の理由により、二回目の受験ができたのが平成17年でしたので、今回だけをカウントしても合格するまでに五年かかっています。

再現答案の掲載者のプロフィ-ルをご覧頂くと、年齢が31歳から44歳までであることに気づくと思います。

しかし、私を含め50歳代の合格者もいますし、統計資料によれば、20歳代や60歳代の合格者もいます。

解答だけでなく、受験校、勉強会のどちらか一方に特化、または両方というように、勉強方法もふぞろいです。

ストレートで合格するのが理想ですが、この試験は、あきらめなければ、合格できる試験であると思います。

ふぞろいプロジェクトメンバーの中で、自分にあった境遇や目標とする合格者を見つけて、お読み頂いた方の
全員の合格を祈念しています。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon