ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
タグ:ふぞろいな合格答案 ( 41 ) タグの人気記事
|
|
2010年 10月 17日 |
再現答案チーム&企画チームのsilk&fireです。


2次試験まであと一週間。

この時期、色々なことを考えると思います。

私は、去年の今頃は10月末で退社する旨を会社に伝え、正にがけっぷちの状態で本試験に挑みました。
そして、合格前の11月にフリーのコンサルタントとして独立いたしました。
今から考えると、とても恐ろしいく無謀な事を行っていたと正直に思います。

そこで1つ、
中小企業診断士に中小企業が救えるか?

答えはノーと、私自身は考えています。

考えても見てください。

たかだか1年から数年、机上の理論を勉強しただけの我々です。
ほとんどの新しい診断士は、決して経営のプロではありません。
そもそも経営の理論自体、誰かが成功したことに理屈を後付したものというのは、これを読まれている皆様でしたら周知の事実でしょう。

そのような我々の助言に心を動かされる方はどのような社長なのか。
しかも、診断士(コンサル全般にいえますが)に出来るのは助言であって実行ではないこと。
アウトソーシングとコンサルは別物であります。

もし我々に的確な助言が行えたとしても、それを行うのは社長なのです。
実行できるような社長であれば、救う必要もない(業績のよい)会社であることが多いでしょうし、
本当に救わなければならない(その必要性があるかどうかは置いて)会社の社長は結局、実行できない社長なのです。


では、中小企業診断士の資格は無意味か?
それはありません。とても有意味だと思います。
こんなに素晴らしい資格は無いと思っています。
自分に「強み」があるのなら、どんな強みでも引き立ててくれる最高の資格だと思います。

今、何名か、独立診断士の方にも私の仕事を手伝っていただいてます。
皆さん、とっても気さくで自由な方が多いです。いわゆる「診断業務」で食っている方は皆無ですが(笑)、皆様何かのプロです。
何かのプロに診断士の肩書きが付くとき、それは信用となり自信となりお客様がつくのだと考えてます。

そして、診断士の本領はご自身が経営者となるのなら、その絶妙なバランス感覚が発揮されるかと思います。



皆様、今、何をされてますか?

釈迦に説法でしょうが、大切なのはお客様(社長)の考えとビジョンです。私はこう思うではありません。

しかしながらこれだけはお伝えしたい。
あれだけ再三2次試験対策で言われてきたことなのに、はや実務補習で○○べき論を戦わせる班もあると聞きます。
実務補習であっても、お客様が喜ぶ提案をする事が目的でしょう?議論好き診断士達が議論のために議論をする場ではありません。

必要なのは多様性であって、様々な人、お客様の考えや事実を客観的にとらえられるかどうかです。

お客様の考えが何で会社の資源は何で外部環境は何でが大切で、そこにあなたの考えはありません。

あなたの考えや価値観でを表現したいのなら、あなた自身が事業を行えば良いのです。
コンサルの主役はあくまで社長、判断するのは内部と外部の資源と環境。実務も試験も同じです。

仕事と試験の違いは1つ。

試験は何故か(笑)何でも出来るスペシャルゼネラリスト。
仕事ではスペシャリスト。

それだけです。



私が何を伝えたいか?
1つは「診断士というもの」についてつぶやきたかった。(長いですが)
1つは、感の良い方は気づいてますよね。
このブログ、上半分は「診断士(我々)」を『ふぞろい』に。「社長(お客様)」を『皆様』に。読み替えてもう一度読んでください。
読み替えると文脈や単語が微妙におかしいんだけど、って?
森を見てください。2次試験って、そういう試験だと思いますよ。

未だの方はふぞろい3のsilk&fireの再現答案を見てください。
枝葉末節にこだわらず、です。

以上、独立1年目の人事コンサルタントの独り言でした。


-------------------------------------------------------------
末筆ながら、
この度、コンサルティング会社として事務所を設立することを決意いたしました。
何事も覚悟を決めて挑まなければ、得たい成果は得れないと思う昨今です。


23年度登録の診断士の皆様、是非、お力を貸してください!


--
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-10-17 16:03 | 診断士活動 |
2010年 10月 12日 |
げんたです。こんにちは。


勉強漬け(!?)の三連休も終わり、本試験まで、いよいよ(!?)、12日となりました。

不安も大きくなっているかもしれませんが、大丈夫です。
みんな同じです。

特に、勉強している人こそ、不安になるものです。

かくいう小生も、昨年の今ころは、めっちゃ不安でした。


そして、私ごとで大変恐縮ですが、一昨日(10月10日)に、株式会社を設立しました。

1年前は、試験に受かるかどうかでドキドキしていた自分が、
なんとか合格でき、素晴らしい仲間と出会い、刺激を受け、
1年後に独立開業し、株式会社を設立する。

1年前に夢として描いていたことが、現実となりました。

これから、営業活動等、大変なことだらけなのですが、自分が選んだ道。
一度しかない人生を、完全燃焼したく考えています。


こう考えると、診断士資格って、
幸せ行きのドリームチケットになりうると思うんですよね。

資格って、生かすも殺すも自分次第なのですが、

・一度しかない人生を完全燃焼したい人
・独立開業したい人
・企業のため、そして世のため人のために尽力したい人

にとっては、まさにうってつけの資格だと思っています。


とにかく、あと12日間、勉強や健康管理ももちろんですが、
起床直後や就寝前は、将来の輝く自分にわくわくするのもいいかもしれません。

いい感じでドーパミンが出て、いい感じで勉強がはかどりますので。


みなさんに、期待しています。
みなさんと、この国の未来を幸せにする礎となりたい。
心より、念願しています。

がんばってください!!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 10月 04日 |
こんにちは、Leoです。

今の時期に最も大切なことは、

「体調管理」です。

私も、昨年の今頃、

風邪を引いたのを軽く見ていたところ、

日頃の無理がたたってか、何日も寝込むことになりました。

会社にも行けず、勉強もできず、

ただただ床に伏しっているだけの状況に、

あせりが本当に募りました。

健康の大切さ、

体調管理の重要性を、

本当に身に染みた時期でした。

毎日毎日が、

無事に過ごすことができていたことに

本当に感謝しなければならないことに気がつきました。

2次試験まで、あと3週間。

最後の最後の追い込みにかかる時期ですが、

「健康第一」で、

「体調管理最優先」で、

日々を過ごして頂きますよう

お願い申し上げます。

そして、受験生のみなさんが、

健康で2次試験の受験日を迎えられることを

心よりお祈り申し上げます。

以上

Leo

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 28日 |
みなさま こんばんは。
再現答案チームの けんしろー です。

いよいよ本試験まで4週間を切りましたね。残された時間は誰もが同じです。
「やるべきことにどれだけ集中できるか」が勝負の分かれめだと思います。

さて、2次試験合格のためには診断、助言のスキルの習得もさることながら、この試験独特のトレーニングが必要だと思います。

特にこの時期は、新しい知識を仕入れるのではなく、これまで自分が勉強してきたことをどれだけ自在に使えるようにするか、にウエイトを置くべきだからです。つまり、道具の使い方に熟練すればするほど、いいアウトプットが生み出せるということです。

また、「自分の型を身に付ける」こともトレーニングの目的といえます。
型なしのぶっつけ本番で合格する人もいますが、型を身に付けたほうが得点の安定につながり、不合格のリスクが減るはずです。

トレーニング方法は、もちろん、「過去問を80分で解く」ことです。
もう10回以上解いた人もいるかもしれませんが、自分の型に納得がいくまでは、何回やってもいいと思います。
手順を飛ばさず、本試験のつもりでメモやマーカーを自分が決めたとおりに使い、可能な限り体で反応できる部分を増やしてください。

それができたら、初見の問題を解いてみて、本当に自分のものになっているかを確認してください。
このサイクルを続けて自分の型さえつかめれば、当日の緊張や体調不良等のアクシデントがあったとしても、きっと合格ラインにのれるはずです。

本試験までまだ、26日もあります。そして診断士の受験勉強としては「一生のうち、あと26日しかできない」と自分に言い聞かせ、精根尽き果てるまで取り組んでみてください。

最後にもう1つ。
私は勉強の合間や、集中力が切れたときは、「ふぞろい」を眺めていました。それは受験のノウハウを得るということより、本試験のライブ感覚や受験生の熱い思いに浸るためでした。

みなさまのご健闘をお祈り申し上げます。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 27日 |
皆さん、特に、二次筆記試験を目指している皆さん、

異端児です。

いよいよ皆さんが、一流の経営コンサルタントであることを証明する機会が近づいて来ましたね。

今年もA社、B社、C社、D社という頭文字は同じですが、昨年までとは違った四社(四者)の会社社長の悩みの相談に、皆さんがのる時期までもうすぐです。あるべき姿を示し、社長も気づいていない強みで機会を捉えていく戦略を構築し、達成しなければ行けない課題を明確にした、皆さんの要約を見れば、きっと、社長は、皆さんにその後の経営の診断と助言を頼むことでしょう。

ヒロシさん、Saijohさんと9月20日にクレアール様において、2時間ほどのセミナーをさせて頂きましたが、その中でも強調させて頂いたことは、「中小企業診断士として解答を書いてくること」でした。

セミナーでは触れる時間がありませんでしたが、「中小企業診断士二次筆記試験」は、規程プログラムと考えると、よいのではないかと思います。皆さんの独自性、独創性、創造性を活かすのは、基本的には、診断士に登録してからではないでしょうか。こう考えると、与件や設問に基本的には従い、「考えられるか」「類推」問題でさえ与件や設問の制約や要求水準を超越した解答をすることは、出題者の意向に沿っていないことがよくわかると思います。

オリジナリティ等をふんだんに入れたフリー・プログラムは、あとの楽しみにとっておきましょう。

規程プログラムをうまくこなすことができれば、フリー・プログラムを披露する日も近くなります。

何らかの理由で試験勉強を断念せざるを得ない人がいる中で、勉強を継続できる喜びを噛み締めて、「やるべきことはすべてやった」、といえるように普段の実力を本試験当日に遺憾なく発揮して頂きたいと思います。

最後に、「ふぞろいな合格答案エピソード3」を読んで合格したので、来年はプロジェクトに参加したい、と切望する人が目白押しになることを期待し、皆さんへのエールとさせて頂きます。

異端児

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 21日 |
こんばんは。再現答案チームのヒロシです。

今日はクレアール水道橋本部校舎で、「ふぞろいな合格答案の執筆者セミナー」を実施しました。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。

異端児さん、Saijohさん、私・ヒロシの3人で担当し、
異端児さんからは、本試験に臨むにあたっての心構え、
出題の趣旨の活かし方、直前1カ月間にやるべきこと、
過去問の傾向を踏まえた出題予想をお話しさせていただきました。
Saijohさんと私は、ふぞろいな合格答案エピソード3の内容を中心に、
本では記述しきれなかった直前期の過ごし方、当日の対応をお話しさせていただきました。

年代も、職業も、受験期間も異なる3人だったので
まさに「ふぞろい」なセミナーだったかもしれませんが、
少しでもみなさんのお役に立てればと思っております。

いよいよ本試験まであと5週間を切りましたね。
セミナーに参加されたみなさんの表情からも
熱意・真剣さをひしひしと感じました。

各予備校の模試も今週で終わりになると思いますが、
これからの時期はこれまでやってきた内容をしっかり復習し、
消化することが大事だと思います。

また、直前期には特に、記述・計算の勉強が効果的だと言われます。
「読む」・「考える」・「書く」という3つのプロセスのうち、
「書く」というプロセスは短期的にも成果が出やすく、得点に直に影響します。
財務の計算も同様です。私は、記述面では勉強仲間と新聞の社説要約を行い、
財務は過去問や予備校の演習と、1次試験の問題を徹底的にやりました。

あと約5週間。
不安な気持ちもあると思いますが、これまでやってきたことを信じて、
悔いの残らないようにがんばってください!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 14日 |
受験生の皆さん、

異端児です。

まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、比較的過ごし易い日も出てきました。

2次筆記試験まで、あと1カ月と少しとなってきましたが、如何お過ごしでしょうか。

このたび、ふぞろいな合格答案エピソード3の執筆者3名によるセミナーを以下の要領で、開催することになりました。

日時:9月20日(月曜日・祝日)14時~16時

場所:クレアール診断士アカデミー(水道橋本部校舎)

担当者: ヒロシ、Saijoh、異端児

内容:①直前1カ月の過ごし方、②試験当日の対応、③与件文と設問文の読み方、④出題の趣旨の解釈、等

対象者:今年の2次筆記試験受験者

費用:無料です。

予約:必要となります
    リンク先URLをご覧のうえ、電話(0120-59-4153)かイベント予約フォームから予約をしてください。

セミナーを担当者の年齢は、ヒロシが30代前半、Saijohが40代前半、異端児が50代前半ですので、診断士受験生の最も多い層の悩みも解消できるのではないかと思っています。

シルバーウイークの連休の最後の日にセミナーに参加する受験生が、本試験に向けて、ひとつでも気づきを持って帰って頂けるように、情熱を傾けて語りたいと思います。

お時間の都合のつく方は、是非、セミナーに出席して頂いて、私達と一緒に事例の研究をしてみませんか。

宜しくお願いします。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 09月 10日 |
ちゃーです。
今日は全くの個人的な趣味の話です。

診断士登録してから、早3年が経ったのですが
今更ながらに思うのは、診断士っていうのは
要するに試験を合格した人です。
基本的には、ただそれだけのはずです。

しかしながら僕の経験では、どうもそうではない。
僕がこれまでにお世話になった”良い”診断士の共通項を
まとめると、儒教の「五常の徳」がすっぽり収まる
ように思えてなりません。

すなわち、





の5つの徳です。
・・・せっかくなので、ご自分でも
少し言葉の意味を考えてみてください。

孔子さんが言うには(正確には孔子の弟子が言っているのですが)
五常の徳とは、別に特別なアドバンテージ要素ではなく
誰もが兼ね備えるべき、基本的な心構えだということです。
つまり、当たり前のことを当たり前にできるようにしましょう、
ってことですね。
でも、それがなかなかできないのですが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
仁:人を大切にすること、愛情。
 仁は最重要ですよね。
 診断士にとっては絶対的必須要素だと思います。

義:何が正しいかを考え抜き、それを行うこと。
 「正しい行いをすること」という説明がポピュラーなのですが
 僕は「何が正しいか徹底的に考えること」が重要だと思ってます。

礼:自らをわきまえ、分け隔てなく誠意を示すこと。
 忠とか孝は、上しか見ていませんが、これは不十分。
 弱いものに誠意を示せるのが、格好良い大人。

智:是非を判断できること。
 知恵・工夫は診断士の商売道具。
 自信は無いけど、だからこそ
 少しでも自分を高めるために必死です。

信:強く思い抜くこと。
 通常は「人から信頼されること」と説明されるのですが、
 僕はこっちだと思っています。
 強い思い込みは、相当な確率で形になります。
 そういう現場には、これまで何回も遭遇してきたし
 僕自身の体験にも一致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、与太話でしたが
これは僕自身の反省でもあります。
五常の徳を備えたる診断士でありたいと思っていますし、
ふぞろいの読者の方からも、そういう”良い”診断士が
今年もまた生まれることを心より願っています。 

では。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-09-10 21:42 | 診断士活動 |
2010年 09月 07日 |
みなさん、こんにちは。
分析チームのふじやん@藤原です。

本日は、1次試験の合格発表日でした。

合格された方は、本当におめでとうございます!
ただし、今年の1次試験は超難関だったとはいえ、
あくまでも2次試験への通過点であるということに
変わりはありません。
この喜びを発散させるのは2次合格まで取っておき、
気持を引き締め直して、この機会に、残り少ない貴重な日々を
どのように過ごすのか再度計画してみましょう。
頭の中で、ある程度解ってきている2次の感触を
残り47日間でいかに的確にアウトプットすることができるように
なるかが勝負です!引き続きがんばってください。

残念な結果だった方は、気持の切り替えが大変だとは
思いますが、出来るだけ早く仕切り直して、
明日からでも再スタートしていただきたいと思います。
私の失敗した時の経験を振り返りますと、
ここで勉強を途切れさせてしまった場合、勉強の再スタートを
切りにくくなり、正月明けの2月頃に再開するなど、最悪の
パターンになってしまいます。
これから、年末年始頃にかけてが、2次の勉強をする絶好の機会
です。本試験の翌週位に今年の2次の問題を借りて解いてみる
というくらいの気持ちで乗り越えていただきたいと思います。

努力するものは必ず救われると信じています!
暑い日が続きますが体調に気を付けてがんばってください。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-09-07 22:11 |
2010年 08月 25日 |
こんにちわ。
企画チーム&再現答案のsilk & fireです。

独立して、はや10ヶ月になろうとしています。
幸いなことに様々な縁に恵まれ、色々な方に助けられ、何とか生きてこれました。

独立して学んだこと、それは『絶対にやりぬく』こと。

勤め人時代と違い、
お客様のご依頼を、「やはり出来ませんでした」と言っても怒られません。
出来るかな?と頂いたことに「無理です」と解答しても、詰められません。
ただ、次から決して仕事が来なくなるだけ。
紹介の輪がそこで途切れるだけ。
私を紹介した人の顔を潰すだけ。

もちろん、絶対にあってはならないことです。
私のみならず、『中小企業診断士』の株を下げることにもなるのですから。

受験生時代以上に、必死になって、時間も使って、色々な方に助けていただきながら、絶対にやり抜いてきたつもりです。
それでも、難しい案件を抱えて、今も奔走しているところです。

でも、きっとこうやって経験を積んで、乗り越えた壁が力となり、より厚みのあるコンサルティングを展開できるのだと信じて突っ走っています。


何が申し上げたいかというと
感の良い方はお気づきかもしれませんが、
試験も同じということ。

受かるためには、絶対にやりぬかなければいけないのです。

受験生時代
休日を捨てました。(嫁には多くの迷惑をかけました。)
仕事も捨てました。(ほぼ定時で帰ることを強行。周りの仲間には多くの迷惑をかけました。)
仲間も捨てました。(飲み会等は一切不参加。)

だからこそ、絶対に受からなければいけない。合格こそが唯一の弁済であり、恩を返せることだからです。

そんなの無理だよ、って方もいるかもしれません。

無理だと思えば無理な理由しか頭に浮かびません。絶対無理です。
来年でよいと思えば、来年になっても来年です。いつまでたっても受かりません。

あと、たった2ヶ月です。
やり抜くのです。
休日を捨てたら死ぬのですか?
定時を強行したらクビになるのですか?
飲み会に行かないと、仲間がいなくなるのですか?

要はプライオリティーの問題です。

貴方にとって、診断士合格はどんな優先順位でしょう?
それが一番の方が、きっと合格を手にされるのではと思っています。


そんな、偉そうなことを書いている私は
本年は社会保険労務士を受験し、そして恐らく、ダメです。

理由はカンタン。
私のプライオリティが
1 仕事
2 受験
だったから。

今年は、旅行も行きました。飲み会も沢山行きました。仕事も捨てられません。そして更に受験。
あれもこれも手を出しても、体は1つ、時間は24時間。

深く、反省しております。

私が次の予備校へ入学?する日が、奇しくも診断士2次試験の日です。

私は入学しますが、これを読まれている貴方は、絶対に卒業してくださいね。
「選択と集中」、これが私からのメッセージです。



---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon