ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
タグ:ふぞろいな合格答案 ( 41 ) タグの人気記事
|
|
2011年 02月 04日 |
読者の皆さま

「ふぞろいな合格答案」シリーズをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
さて、この度「ふぞろいな合格答案」のブログを引っ越しさせて頂きましたのでお知らせします。

新ブログ:http://fuzoroi59.blog28.fc2.com

お手数ですが、お手元のブックマーク等の更新をよろしくお願いいたします。
なお、過去の記事は全て移行先から読むことができますが、当面、こちらのブログはリードオンリーとして残します。

新ブログでは、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアとの連携、Ustreamによる動画配信などの新たな取り組みも交えて参ります。
これからも書籍ともども、「ふぞろいな合格答案」のブログをよろしくお願いいたします。
[PR]
by 2008fuzoroi | 2011-02-04 12:00 | その他 |
2011年 01月 18日 |
受験生の皆さん、こんにちは! ふろぞいスタッフのまつあにです。

1月16日、「ふぞろいな合格答案 2011年版」(仮題)編集チームのキックオフミーティングが行われました。

東京・品川区内の某施設に、総勢25人の新チームメンバーが集合。軽い自己紹介に続いて、さっそくディスカッション開始です。

次の「ふぞろい」で何をすべきか、自分が受験生としてどんな本なら買うか等、4グループに分かれて熱い議論がなされました。

f0170728_21383222.jpg

f0170728_21385492.jpg


さらに、その議論の内容を全体発表で共有し、意見交換や質疑応答をしていきます。

f0170728_21391818.jpg

f0170728_2139349.jpg


...と淡々と書きましたが、初めて顔を合わせたメンバーが、積極的に意見を出し合って質の高いアウトプットをするのは、実は大変なことです。
ディスカッションや発表の様子を見て、直感的に「とてもよい本が作れそう」と感じました。

メンバーの多くはこれから実務補習を控えており、本業との調整も含め、かなりハードなスケジュールで編集を進めていきます。

皆さんからお送り頂いた貴重な再現答案を前にし、最高の参考書を作り上げようと燃えている「ふぞろい」新メンバーに、どうか皆さんの暖かい応援をよろしくお願いします!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 12月 27日 |
師走のひととき、いかがお過ごしですか?
こんにちは、ふぞろいエピソード2・3のReiパパです。

二次筆記試験合格者のみなさんは、
1/6まで落ち着かない日々を過ごしているのでしょうね。

総じてうまくいったはずだ。でも、あの失敗が気にかかる・・・
コミュニケーション取れれば大丈夫だというけど、
あの受け答えで大丈夫だったのだろうか・・・
他の受験生は2事例について聞かれたというが、3事例聞かれてしまった。
質問数が多いということは、危ない証拠ではないか・・・
例年よりも合格者が多いと、不合格者の数が増えるのではないか・・・
そういえば、試験官が首を横に振っていた・・・

これは2年前、合格発表までのぼくの心理状態です。
同じ心理状態の人、いらっしゃいますよね。
安心して頂けましたか?(笑)
それでも安心できない方は、エピソード3の特集を読んでみて下さい。
そこには「口述試験の恐怖体験」が綴られています。
思うに、あれ以上の経験をした人はいないはずですよ。


今思うと、あの不安な時期も貴重な経験でした。
そして、これからみなさんに訪れるのは、貴重な経験と出会いの数々です。

企業内診断士Reiパパの活動は、"ふぞろい"を始めとする幾つかの執筆、
受験校の添削、実務従事。そして、あるプロコン塾への参加。
さまざまな出会いや経験により、40代半ばにさしかかっても、
まだまだ成長を続ける自分を感じています。

実務補習を終えたら、どこかでお会いする機会もあるでしょう。
そのときは、よろしくお願いしますね!


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-12-27 20:22 | 診断士活動 |
2010年 12月 25日 |
皆さま お久しぶりです。 ふぞろい2008年組のととです。
クリスマスなのに年末年始の話題です。
年賀状もう完成ですか?
作成真っ最中の方も多いのではないでしょうか。私は・・・・ですけれど(苦笑)。

年賀状には近況や来年の抱負を書いたりしますよね。
と言う事は、一年のPDCAのCとPをするチャンスなのです。

合格された方は、年明けから始まる実務補習と、
その後の活動を計画されるでしょうし、
来年の合格を目指す方は、今までの振り返りを踏まえた学習計画に加えて、
合格後にしたいこと、なども書き出してはいかがでしょうか。
その中から年賀状に書くことが見つかったら一石二鳥、ですね。

年賀状の贈り先や去年の年賀状を見ていると、
「○○さんはこんな事をしているんだなぁ」
「□□さんと次回会った時にはこんな話をしたいなぁ」
なんていろんなことが頭をよぎります。
伝えたい誰か、を具体的にイメージしたら
目標や計画も具体的になりそうですね。

また、年末年始には、帰省したり、旧交を温めたりして
普段合わない方に会ったりする機会も増えるはず。
そんな方たちと語り合う事で
いろいろな視点からアドバイスをもらえたり、
話しているうちに自分自身で新しいことに気付くことも。
年末に計画が出来ていたら、更に磨きがかけられるかもしれません。

ちょっとしたきっかけで来年の準備が出来たらいいですね。
では良いクリスマスと新年を!



日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-12-25 08:00 | その他 |
2010年 12月 06日 |
みなさま こんばんは。
再現答案チームの けんしろー です。

いよいよ今週の金曜日が2次試験の合格発表です。
昨年の自分を思い返すと、意識はしないようにして
いたもののふとした合間に、発表日当日の自分の姿
を想像していました。

さて、この1週間は時間にゆとりがもてる貴重な期
間かもしれません。
合格しても、再チャレンジだとしても12/10からは
しっかり始動しなければならないからです。

合格者は、すぐに口述試験、合格発表、実務補習と
矢継ぎ早にイベントが押し寄せてきます。そして、
そうこうしているうちに診断士ワールドの扉は全開
になるはずです。
私もこの1年はふぞろいプロジェクトにはじまり、
マスターコースや実務従事、執筆、そして多くの人
との新たな交流と本当に目まぐるしいものでした。
診断士試験の合格がなければ、訪れなかったものば
かりです。

一方で試験の振返りをしてみて、気持ちが前向きに
なれない人もいるかもしれません。
そんなときは、診断士の先輩に相談したり、仲間と
話しをしたり、ブログに書き込みをしたり、とにか
くエネルギーのある人と交わることが大切です。
私がお世話になった勉強会も来期に向けた募集をは
じめています。よかったらのぞいてみてください。
http://next.shindanshi.biz/


さあ、この1週間を大事に使って、来週から始まる
濃厚な時に備えてください。

応援しています!


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 12月 04日 |
皆さんこんにちは、トーキチローです。
2次筆記試験の合格発表が迫ってきましたね。

私が合格したのは平成19年で、2回目の2次試験でした。
事例ⅠからⅢまでは何とか持ちこたえていると思っていたのですが、事例Ⅳの計算問題をことごとく外してしまって絶対に合格できないと思っていました。

試験後の1週間で再現答案を作って通学していた受験予備校に送ったものの、発表までは本当に何もしていませんでした。と言うか、何もやる気が起きない状態でした。
そして悶々としつつ作ったのが、合否が判明した後の行動計画です。

そんな状態で合格するとはとても思えなかったので、その時に備えて複数の受験予備校の講座説明会を調べてどの様に回るかを書き出していました。
それから、次の試験までの行動計画・・・大日程計画・・・も作っていました。

実は1年目の2次試験の発表の時にも作っていましたが、2年目はかなりつらい作業でした。でも作らなければ完全に「腑抜け」になってしまって、受験自体をそこで諦めてしまいそうな気がしたんです。
それに、休養は充分な状態だったのでリスタートするなら早いほうが良いだろうという考えもありました。

発表当日は合格を知って慌てました。
偉そうなこと言ってますが、合格した場合のプランは作っていなかったんです。
急いで口述対策の申し込みをして、薄れていた各事例の記憶を戻す作業に追われました。

結果がどうであれまず動くことが重要な気がします。動いていればいろいろな展開も望めます。


このブログを読んでいただいた皆さんに、吉報が訪れることをお祈りしています。


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 11月 22日 |
みなさん、こんにちは。
大阪から参加の分析チーム 藤原です。

10月24日の2次試験から早いもので1カ月近くが経過しました。
2次の口述試験は12月19日ですので残り1カ月ほどです。
つまり、2次試験~口述試験の間で今がちょうど中間地点の時期にあたります。

この時期の過ごし方については、十人十色だと思いますが、私の経験を振り返ってみたいと思います。悪い面も多くあまり参考にならないかもしれませんが、より良いものにするように自分なりにアレンジしていただき少しでも参考にしていただければと思います。

以下に、私の経験を振り返ります。
2次試験当日は、事例Ⅳで大失敗をしましたので飲み会には参加したものの、敗北感やら挫折感やらで、飲んでも酔えない状態でした。
この日はどちらかというと試験の内容を忘れる事に専念し、来年の事は落ち着いてから考えようとの気持でした。

試験の翌日、翌々日。
1日に2事例ずつ再現答案を作成しました。
来年こそはという気持ちが強く、忘れないうちに要旨だけでも書きとめておこうとの思いで作成しました。

再現答案作成~約1カ月間、つまり今ぐらいの時期まで。
ほとんど机に座ることがなかったような気がします。

今ぐらいの時期から。
万が一、合格している場合に備えておこうという思いと、そろそろ2次の振り返りを本格的に始めようとの思いから、2次試験の復習に取りかかりだしました。

2次筆記試験の合格後は、口述模試等の対策に追われるため、教科書的な復習をする期間はこれからの2週間程度しかできなかったと記憶しています。

私のように、この時期までゆっくりされていた方は、そろそろ重い腰を上げないといけない時期だと思います。
合格発表まであと少しです。もう一息頑張りましょう!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-11-22 00:15 | 口述試験 |
2010年 11月 14日 |
再現答案・販促チームの異端児です。

受験生の皆さま、

本試験から3週間程経ち、受験勉強と本試験の疲労もそろそろなくなってきていることかと思います。

逆に診断士試験に昨年までに合格し二次筆記試験の解答・解説作成に携わっている人は、二次試験が終了してからが忙しくなっています。

受験生の皆さんは、12月の二次筆記試験の合格発表後から、それぞれの道で忙しくなります。

合格した人は、約1週間後の二次口述試験に対する備えを始めなければなりません。

合格できなかった人は、今後の方向性を自分の置かれた環境を踏まえ、考えて決めなければなりません。

では、現在の過ごし方は、どうしたらよいのでしょうか。

私は、今まで抑えていたこと(友人とのつきあい、他の勉強、仕事等)をすると良いのではないかと思います。

もちろん、再現解答は、記憶が残っているうちに作成しておいた方がいいにこしたことはありません。

もし、今年の事例問題の研究に取り組む、あるいは取り組んでいるのであれば、今までの受験勉強の時とは違うやり方や視点でやってみるのは如何でしょうか。

皆さんは、この一年間モチベーションを維持・向上させ頑張って勉強してきたので、自分身を素直に褒めてあげて、次のステップに進んでいく充電の時としたら良いと思います。

また、あえていわせて頂きますが、二次筆記試験の合格発表で合格した場合に、その方の人間性や人格が急に立派になるわけではありませんので、日々不断の努力が必要になりますし、われわれ先に合格した者も継続的な度量区を要する点では一緒です。

合格してからがスタートで本当の勉強や研鑽の始まりですので、まず合格し一緒に努力していきましょう。

このブログを見ている皆さんやふぞろいで勉強した皆さんの合格を祈っております。

異端児

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 11月 01日 |
こんにちは、Leoです。

2次試験受験生のみなさま、

先日の2次試験本当にお疲れさまでした。

疲れた頭も体を、

心行くまで労わってあげてください。

今まで、我慢していた楽しみも、

ぜひ、楽しんでくざさいね。

そして、

エネルギーの充電ができましたら、

ぜひ、

再現答案の作成に取り掛かりましょう!

今、この時期に再現答案を作成しておくことで、

結果はどうあれ、

後日、必ず役に立つときがきます。

ひとつ言えることは、

ふぞろいでは来年度版の作成に向け、

受験生のみなさんの再現答案を募集中です。

みなさんの再現答案を、

心よりお待ちしております。

「さあ、再現答案を作ろう!」

以上

Leo

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 10月 30日 |
平成22年度 中小企業診断士2次試験を受験された皆様へ

【お知らせとお願い】

 先日の2次試験、誠にお疲れさまでした。先般の猛暑はどこへやら、急激に冷え込んできましたので、体調にはどうぞお気遣いください。

 さて、1つお知らせがあります。皆様のおかげで、来年も同友館から『ふぞろいな合格答案』シリーズの新刊を出版できることになりました!

 『ふぞろい』シリーズの特長は、受験生の本番(各事例80分)でのアウトプットたる再現答案を分析し、予備校の模範解答とは異なるリアルな合格答案の姿を明らかにする点にあります。

 そこで、皆様の再現答案を、ぜひ私たち編集メンバーにご提供ください!
 答案分析の精度を高め、来年の受験生に有益な書籍とするためには、1枚でも多くの再現答案が必要です。何とぞ皆様のお力をお貸しくださるよう、お願い申し上げます。

【特典】

 再現答案をご提供いただいた皆様には、ご希望により、本書にお名前又はニックネーム、並びにホームページ又はブログのURLを掲載いたします。

 また、残念ながら来年以降再挑戦となられた方には、本書発売前に、編集メンバーによる再現答案へのアドバイスを送付することを予定しています(春頃)。

【応募方法】

 (1)WEB入力フォーム(SSL対応)、(2)メールでの送付、の2つをご用意いたしました。
 WEB入力フォームの場合、コピー&ペーストする手間が掛かりますが、メールに「お送りいただく答案と一緒に必要な情報」を記入する手間は省けます。お好みでご選択ください。

 なお、合格発表前に送付いただいた方には、合格発表後に改めて編集メンバーより、合否・得点区分を確認させていただく予定です。

■応募方法(1):WEB入力フォーム(SSL対応)

 事例ごとの解答欄などを設けたWEB上のフォームに入力してください。URLは下記のとおりです。↓
 https://ssl.formman.com/form/pc/sMltyx146nkVKs3o/
 ※パスワードは fuzoroi です。

■応募方法(2):メールでの送付

 後述「お送りいただく答案と一緒に必要な情報」を本文に記入し、再現答案の電子データを添付したeメールをお送りください。
 電子データのファイル形式は、マイクロソフト社のWord又はExcel、もしくはテキスト形式でお願いします。
 送付先のeメールアドレスは、下記のとおりです。↓
 fuzoroi2011-saigen@yahoogroups.jp

●お送りいただく原稿と一緒に必要な情報
(コピーし、メール画面に貼り付けてご使用ください)

--- ここから ---
【必須情報】
 ①お名前(匿名も可)
  (          )

 ②eメールアドレス(ご質問等必要な場合がございます)
  (          )

 ③各事例の評価※(合格・A・B・C・D)
  (事例Ⅰ:  Ⅱ:  Ⅲ:  Ⅳ:  総合:  )
 ※12月に診断協会より送付される得点区分です。
  合格発表前に送付いただく方は空欄でお願いします。
  合格発表後に編集メンバーより合否、得点区分を確認させて
  いただきます。

 ④再現答案掲載の可否(否の場合は分析のみに使用します)
  (可・否)

 ⑤お名前などの掲載の可否
  (可・否)

 ⑥2次試験の受験回数
  (  回)

【任意情報】
 ⑦本に掲載する名前又はニックネーム(④が「可」の場合のみ)
  (          )

 ⑧本に掲載するブログURL(④が「可」の場合のみ)
  (          )

 ⑨本書へのご意見
  (こんな企画をしてほしい! ここを改善したらいい!など、
  ぜひ本書へのご意見をください。できる限り反映していきます)

 ⑩診断士川柳
  診断士やその勉強をネタとした川柳を募集します。
  不適切なもの以外は、全て本書に掲載させて頂きますので、
  ふるって、応募ください。
 (          ) 
--- ここまで ---

■応募締切

 ・1次締切 2011年 1月 7日(金)
 ・最終締切 2011年 1月28日(金)
 (1次締切とは、本書に答案を掲載させていただけるリミットです。)

■お問い合わせ先

 ご質問などは、次のアドレスまで、eメールでお送りください。↓
 fuzoroi2011-saigen@yahoogroups.jp

皆様の再現答案を心よりお持ち申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-10-30 21:20 | その他 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon