ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 03月 24日 |
はじめまして。

再現答案&分析チームのチャンスゲッターです。
ふぞろいプロジェクトにはじめて参加しています。
どうぞよろしくお願いします。


3連休に、昨年まで一緒に机を並べて勉強した
受験仲間からの勉強相談で、久しぶりに受験校
に行ってきました。


ストレート合格クラスを覗いてみたら、教室いっぱい
の受験生。
熱気が伝わってきてすごくパワーをもらいました。
負けないようにいろいろ勉強していきたいと思います。


3連休といえば、みなさん勉強ははかどりましたか?
みんなが海や山へと出かけている中で、もくもくと
勉強していた受験生もいると思います。
連休はまとまった学習時間が確保できる貴重な機会
なので、普段学習が遅れている受験生にとっては挽回
のチャンスですね。


来月にはGWがやってきます。
遊びやイベントの予定を入れたいところですが、
1次試験に向けて”がっつり”時間を確保できる
最後の機会になります。


是非、今の段階から学習計画をたてておくことを
お勧めします。
苦手科目の克服に充てるのか、得意科目をさらに
伸ばす時間に充てるのか、3ヶ月後に迫った1次試験
を見据えた学習計画が必要になってきます。


各受験校では、オプションゼミや模擬試験なども
開催されます。
他の受験生から刺激を受けたり、これまでの学習
成果を客観的に図ることができる機会として是非
利用してみてください。

応援しています!!

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
f0170728_562329.jpg

f0170728_563791.jpg

[PR]
2010年 03月 22日 |
はじめまして。

企画&分析チームのK&Tです。
ふぞろいプロジェクトは今年から参加しております。
どうぞよろしくお願いします。

昨日、第3回目の3チーム合同の打ち合わせがありました。

実務補習が終わり、ほっとしているのもつかの間、原稿の締め切りが迫っており、
全員が最後の追い込みをしております。

「この内容で読者に伝わるのか!」、「この情報は読者にとって有益か!」等々、
最後の最後までブラッシュアップしております。

個人的には、合格したことで(やっと?!)2次試験のコツが見えてきました
・・・と思います(笑)。

また、実務補習から2次試験に活用できる気づきもありました。
それらのノウハウを数多く散りばめたつもりです。

もう少しで書店に並ぶ予定です。

そして、今年の絶対合格にお役に立てれば幸いです!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 03月 15日 |
はじめまして。
企画&分析チームメンバーのみっくです。
ふぞろいプロジェクトには今年初めて参加しました。
よろしくお願いします。


さて。本日3/15は、
平成22年2月実施分の実務補習・15日間コースの最終日でした。
f0170728_21375532.jpg


そして、打ち上げ真っ最中です。乾杯なう、です。


3社分の実務診断をやらせていただいて
いろいろと印象に残ったことがありました。

まずは、試験と共通することから。

◇基礎知識はやっぱり大事
└知識量が多い、そしてすぐに引き出せることは
 やはり土台になるんだな、と実感しました。

 実務補習では通常、社長へのインタビューは
 初日の2~3時間で行われます。
 事前にストーリーを仮定して質問を準備するのですが
 当然、想定外の答えが来ることもあります。
 そこで質問をする側の土台がしっかりしていると、
 すぐに次にするべき質問が見つけられるのです。
 結果的に診断に必要な情報の聞きもらしが少なくなるので
 作業がスムーズに進みます。
 また、知識量が多い方とは普通に話をしていてもすごく楽しいです。

◇アイディア論はNG
└初めての実務診断ということもあって
 つい自分のカラーを出したくなってしまうものですが
 アイディア論をSWOT分析の段階で延々と語られたりすると
 作業が遅れること必至です。
 戦略フレームをきちんと追ってあるべき姿を共有することが
 5日間という短期間で、かつ
 グループで作業をするためには大事だと思いました。


次に、意外だったこと。

◇「社長の思い」に対する感応度
└やはり、社長に直接お会いして話を聞くと
 「社長の思い」や「社長の意向」の印象が強く
 私も、班の他のメンバーも
 これらを常に意識して議論を進め、報告書も作成していたように思います。

 個人的には、2次試験においても
 与件に「社長の思い」があれば必ずチェックを入れて
 重視するようにしていたのですが…全然足りませんでした。
 想像以上に「社長の気持ち」「従業員の気持ち」が
 方向性を決めるんだなぁとしみじみ思いました。
 
◇時系列に対する意識
└こちらも試験では「やらなければいけない施策」全てを
 網羅的に抽出するイメージの方が強かったのですが
 実務補習では「実行できる施策を提案する」ことを
 より強く意識したため、
 プライオリティの設定をしっかりやりました。
 すぐやるもの、将来的にやるもの、といったイメージで
 時系列への意識が違いました。



最後に、他の班で実務補習を受けた友人の話も参考に
グループで診断をするときの注意を。

◇班のメンバーの年齢や職業を意識しないこと!
└合格同期として、診断士の卵として
 あくまで対等な立場で意見が言える雰囲気がないと
 議論が停滞します。
 また、せっかくの機会なのに、
 担当割が本業頼りになってばかりというのも
 もったいないですよね。
 これは勉強会でも同じことが言えると思います。

◇書式ルールへの意識を高く持つこと!
└担当を決めてバラバラに作業を進めるため、
 最初に書式や表記ゆれに対するルールを決めました。

 が。
 ITスキルのバラつきや文体への意識の差から
 なかなかそれが守られず、報告書の中身の作成よりも
 体裁を整える方に時間がかかったような印象すらありました…
 各自の意識の持ちようでこのプロセスは短縮可能だし
 他のメンバーにも迷惑をかけることになるので
 気をつけたいところです。


以上、実務補習を受ける際の、
さらには受験の参考になれば幸いです。


ふぞろい用原稿の執筆や分析と時期が重なり、
MTG時に「顔がすごい疲れてますねw」なんて言われたりもしましたが
こうして無事に登録申請を済ませると
やっぱり達成感や充実感が湧いてきます。

次はふぞろいの原稿を完成させることに注力して
同じように達成感を味わいたいと思います!



にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-03-15 20:34 | 実務補習 |
2010年 03月 11日 |
はじめまして。今年、ふぞろいプロジェクト初参加の
けんしろーです。再現答案チームです。
よろしくお願いします。

現在のプロジェクト状況はというと、各チームの執筆
活動が佳境を迎えているところです。先月と比較して
ボルテージは数段上がっています。

再現答案チームでは、各自がこれまで培ってきたノウ
ハウや経験を、2010の「ふぞろいな合格答案」に載
せるべく原稿を練ってきました。今年は、合計9人の
再現答案が載りますが、答案だけでなくプロセスも本
当にふぞろいです。きっと参考になるものがあると思
います。

みなさま、ぜひご期待ください。

ところで、今年も今週末に2次の模擬試験が設定され
ていますね。
2次試験まであと7ヶ月あるので、だいぶ早いタイミ
ングと思う人もいるかもしれませんが、この日をマイ
ルストンにしてきた人もいるのではないでしょうか。

私も昨年はそうでした。「10月の試験の振返り」
「課題の設定」「対応計画策定」「実行」と回してき
た自分のPDCAの、中間評価ができる機会と捉えて
ました。

また、この時期に限らず模擬試験を受ける際に意識し
ていたことは、「課題や弱みの克服状況を確認するこ
と」「新たな課題や弱みを発見すること」でした。

「合格」という目指すべきゴールはみな一緒ですが、
アプローチ方法は人それぞれです。ぜひ、自分に合う
模擬試験の活用方法を探してみてください。

応援しています。

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 03月 08日 |
はじめまして。
分析チームのコーリです。
今年からふぞろいプロジェクトに参加しています。

受験生の皆様は日々辛い勉強生活を送られている事
と思います。

私も診断士の試験勉強中は、試験勉強に邪魔なもの
は極力排除し、生活のほとんどを診断士の勉強に捧
げていたように思います。テレビなんかも、電源か
ら抜いて一切見なかったです。

その中で、気をつけていた事があります。

それは、①勉強を投げ出さずに続ける事、そして、
その為に②できるだけ楽しく勉強をする事、でした。

まず、勉強を投げ出したら試験は合格できませんが、
続けていれば必ず合格できる試験だと思います。

一方、辛い勉強を「気合や根性」だけで乗り切る事
は中々しんどいものです。
と言うか、私には無理でした。何故なら、「気合や
根性」はあくまで一時的なもので、年間を通して持
続させる事は無理!と考えていたからです。

そこで、①②を満たす手段として、私は勉強仲間を
作る事にしました。

意識の高い勉強仲間と一緒に勉強すれば、高いモチ
ベーションを維持しつつ、勉強を続ける事ができる
と思ったからです。

狙いは的中し、比較的覚える事が多い1次試験でも、
議論式の勉強で楽しく知識を定着させていく事がで
きました。

中でも、勉強会では「いかに分かりやすく仲間に解
説できるか」を意識していました。

仲間を納得させる上手な解説ができていれば、自分
の理解度が高まっている事が確認できましたし、そ
うでなければ、復習をして理解度を高める努力をし
ました。

更に、仲間に上手な解説をする事を前提に予習をす
ると、自分の言葉に置き換えて1次の勉強するよう
になるので、知識の定着がしっかりしてきます。
結果的に2次試験でも使いこなせるようになります。
実際に、私は1次試験合格後の2ヶ月半の勉強で、
2次に合格する事ができました。

こんな事を書いていると勉強会や勉強仲間が身近に
ない場合はどうするの?となると思います。

実は、ふぞろいの読者アンケートなどを見ていると、
独学の方などから「勉強仲間ができたような感じで
す」などのご意見を頂いております。

それもそのはず、「受験生の受験生による受験生の
ための」参考書を目指したものが『ふぞろいな合格
答案』だからです。

今年もできるだけ愛着を持って読んで頂けるよう、
精一杯作っている最中です。

発売まで今しばらくお待ち下さい!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 03月 02日 |
ふぞろいブログを御覧の皆様
いつも御覧頂きありがとうございます。

去年は再現チーム、今年はサポーターのbig-oneです。

まぁ、サポーターとは名ばかりで、
現行執筆陣の凄まじい熱気とエネルギーに背中を押され、
どちらがサポートを受けているか分からない状況ですが・・・(^_^;)

そのエネルギーの詰まった原稿が順次出来上がりつつあり、
私はそれを読ませていただいてるのですが、
今年も「受験生への思い」がタップリ注ぎ込まれた内容となっています♪

やはり合格されてきた方は、それぞれに異なるものの、
強い「思い」を胸に秘めて試験に挑まれたことを感じさせる一文が、
そこかしこに散りばめられています。

私も校正のために読んでいても気持ちが熱くなってしまい
つい読むことに没頭してしまうこともしばしばですw

つくづく、この「思い」というものの大事さを、
診断士となってより一層感じています。

現在私は、副業的なカンジで複数の小売店舗の診断業務を
継続的に行っているのですが、
やはりその際も思いを乗せて助言しているかどうかで、
店舗の反応に大きな差が出ることを実感しています。

思いを伝え続けた店舗では、当初素っ気ない反応だったものの、
現在では随分と提案を実行に移してもらえるようになりました。

しかし、通り一遍の提案を続けてしまった店舗では、表面上は聞いてもらえますが、
なかなか提案内容を実行してもらえない・・・

そういう差が、約一年間診断を続けてきた結果として出て来てしまいました。

同じくセミナー講師をしてみても、「思い」が入っている時と入っていない時で、
明らかに聞く側の反応が違います。

今にして思うと、2次試験もそんなところが見られてたりするのかも・・・ 
と、何となく考えてしまいます。

まぁ、私の合格できた時が、事例に登場する企業を具体的にイメージして、
その企業を良くしたいという思いを表現し、それが結果に繋がったため、
そう思うだけかもしれませんが。

もし受験生の方で興味のある方は、良ければ一度そんなところを意識して、
試しに事例を解いてみてください♪


いずれにしても、「受験生をサポートしたい!」という強い思いが詰め込まれた
今年の「ふぞろい」が着々と出来あがっておりますので、
どうぞ期待してお待ちください!!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon