ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 12月 31日 |
 激動の2009年もいよいよ大晦日。こんにちは!再現答案担当の髭の(お)です。

 昨年の今頃の私は、最終の合格発表も済み、「すっきり」とした新年を迎えようとしていました。が、今年は、最終発表が年越しとなってしまい、今年の2次の筆記合格者の方は、いまひとつ、スッキリとしないのではないでしょうか?でも、大丈夫ですよ!

 さて、今年涙を呑んだ人は、来年こそは決意新たに、合格を目指してがんばりましょう。私は、3回目の2次試験で合格したので、昨年は、リセット状態!つまり、1次7科目からの受験に戻ってしまってました。で、どうしたかというと、7科目のうち、1科目(情報)は、私の専門なので抜かして、残りの6科目を、1月から再度勉強し直しました。つまり、1月=経済、2月=財務会計というふうに、1月1科目を目処に、基本のテキストの復習と問題集でのOUTPUT学習をしました。もちろん2次も並行してやりましたが、2次は受験校に通ったので、土日はそれに集中。平日は、1次を電車の中や昼休みに勉強してました。1度1次を合格した経験(実績)があるのですから、自信をもって、再チャレンジしましょう。
 もし、このブログを見ている方で、来年、再度1次を受験しようか?悩んでいる方もおられるかもしれませんが、悩んでいる間に、ライバルはどんどん勉強していますよ。悩むのは、今日の除夜の鐘まで!新年は頭を切りかえて、再挑戦しましょう!応援しています。

再現答案募集中!→右上のお知らせをご覧ください

下記のクリックもよろしく!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 31日 |
イトケン@分析チームです。

もうすぐ今年も終わりですね。受験生のみなさまお疲れ様でした。

今回は、モチベーションについて書いてみたいと思います。

私もいろいろと資格試験にチャレンジしていますが、私にとって勉強は本当につらいものです。最もつらいのが、勉強中に他のことを考えてしまうことです。つまり集中できないことです。私の場合は、よく勉強中に仕事のことを考えてしまいます。軽く2~30分くらい考えてしまうこともあり、そのとき浮かんだアイディアを紙やパソコンに書き始めるともう止まらなくなったりして、「あ~、今日も勉強するつもりだったのに、ほとんどできなかったな~」なんてことがよくあります(^^;)

こんなとき、頭の中を何か1つのことだけに集中させてくれる薬があったら大ヒットするだろうな~なんて妄想したりしちゃいます。
以外と私と同じような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

私はこんなときは、もう自分の中のハードルを思い切り下げて、「ま、5分だけやるか」とか「10ページだけね」という具合にしてやっています。
ここでの目標はただただ勉強に手をつけるということです。
そうすると、そのまま勉強がはかどったり、すぐ集中力が切れて勉強を中断したりといろいろ展開しますが、とにかく手をつけることで以外にがんばれたりもします。たとえば、私は毎朝、腕立て伏せ50回を日課にしていますが、しんどい日は「もう今日は、30回でええわ」なんて思いつつ、いざ、やり始めると30回ではやめることができず、結局50回やりきらないと始末がつかなかったりします。

こんな感じで、制限を決めつつ、とにかく手をつければ多少モチベーションが下がっていても、その日の成果はゼロにはならなくてすみます。

中小企業診断士試験の学習は、長い道のりになりますので、モチベーションのコントロールは極めて重要かと思います。

先ほどの話の続きですが、本当に気が乗らないときは、「“ふぞろいな合格答案”のコラムを読む」ことだけを目標にしたときもあります。ここで心にグサッとくるような言葉に出会い、ふつふつとモチベーションが高まったなんてこともありましたね。

あっ、でも実際はホントに5分とか10ページしか手につかず、勉強終了!なんてこともしばしばですよ。でも、そんなときでも自分で自分を「よくやった」と褒めてやり、むしろその短い時間だけでもより集中することで、以外と成果がでることもありますよ。

勉強はとにかく“継続”が大事でしょう。そのためにモチベーションをうまくコントロールしてください。

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------

日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 26日 |
こんにちは。診断士3年目、深海です。

口述試験のある毎年12月は、診断士受験のゴールでもあり、また逆にスタート地点でもあります。大手予備校では、2010年合格目標のコースが次々と開講されていますし、私も12月が受験勉強の始まりだったと記憶しています。

さて、私の会社では、社員のプロフィール(スキルや資格など)が社内イントラに公開されており、私もこっそりと「中小企業診断士」と記載しているのですが、そういう情報を載せていると、この時期、「私も診断士取ろうと思うんですが・・・」と声をかけられる事があります。

(注)私の会社では診断士はとっても希少な存在なんです。前回エントリ参照。
http://fuzoroi.exblog.jp/11909445/

今年も、何人かの同僚が12月から某大手予備校に通いはじめたみたいで、始業前や昼休みに会社でもテキストを広げている姿を目にするようになりました。

とはいえ、私の会社では、他にも、資格に限らないんですが継続的に勉強を続けている人が多くて、診断士受験生だけが特に目立っているわけではありません。ですので、勉強の対象として診断士を選んだことは希少であることは事実ですが、勉強の対象は人それぞれなので、昼休みに勉強していることは珍しい景色ではなく、不必要に他人のスキルアップに干渉する人はいません。

会社が外資企業(ほとんど日本人ですが)であり、社員のほぼ全員が中途入社であることから、「自分のキャリアには自分で責任を持つ」という思想が社風としてあるんですよね。

私の前職の経験から言えば、これはすごく居心地の良い社風でした。

私が診断士受験生だった頃は、受験勉強していることがタチの悪い人にバレると「仕事をおろそかにして勉強ばかりしている」とか「資格をとったら会社をやめるつもりだ」とか悪評を流されたりしたものです。
まあ、後者(資格をとって会社をやめるつもり)というのは事実なんですが、会社をやめるということをプラスに捉えられない、そんな会社でした。

「会社をやめる」=「責任感がない」みたいな見方をする人が多かったですね。
会社が個人のキャリアに責任を持てない時代なのに、個人が会社に人生を捧げられるかっちゅうの。


今日はそんなところで。


もちろん、相談を受けた同僚にはふぞろいの宣伝もしておきましたよ!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------

日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 21日 |
こんにちは、再現答案チームのワカシです。

口述試験を受けられた皆様、たいへんお疲れさまでした。これで全ての試験が終了ですね。ここまで、本当によくがんばられたと思います。2009年を戦い抜いた自分をほめてあげるとともに、これまで支援してきてくれた人への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。年明けの合格発表まで、ゆっくりと体を休めてください。年明けからは実務補習で忙しくなりますよ!

残念ながら、今回口述試験の権利を得ることができなかった皆様、気持ちの切り替えが難しいかと思いますが、何とか早く2010年合格目標に向けた計画を立てて行動に移してください。私も平成19年度2次筆記試験で不合格という結果を味わいました。しかし、合格という明確な目標があったからこそ、平成20年は充実した日々を過ごせたように思います。ナポレオン・ヒルの言葉に「成功とは目標に向かう過程である」というのがあります。2010年が充実した日々になることを願っています!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 20日 |
分析チーム とりちんです。

口述試験を受けられた皆様、
本当にお疲れ様でした。

たった10分程度のことですが、
体中の体力を消耗した記憶があります。
帰りの電車の中で放心状態だった方も
多いのではないでしょうか。

あとは、1月6日の合格発表を
待つだけですね。
正月休みは、思う存分リラックスして
ご自身の趣味とか、家族サービスに
時間を費やして下さい。


2010年、合格を目指す皆様、
正月の間に、しっかりご自身の合格に向けた
戦略を練ってみてはいかがでしょうか。
1次も2次も、受験生それぞれの合格戦略が
必要だと感じています。


皆さんにとって、2009年が
良い締めくくりを迎えられますように、
そして2010年、好スタートが切れますように
心からお祈りいたします。

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 14日 |
こんにちは、まつあに@企画チームです。

先週金曜日、2次筆記試験結果の発表があり、今年度の試験もいよいよ大詰め。
今週末の口述試験を残すだけとなりました。

次回再チャレンジを目指される方へのアドバイスについては、機会を改めさせて頂くとして、ここでは私なりの口述試験対策Tips集をお送りします。

多くの合格者と同じように私も口述試験は一度しか受けていませんが、昨年受験してみてのアドバイスを4つにまとめてみました。

---
1、事例をじっくり読み込む

口述試験本番では事例を見ることは許されず、試験委員は「頭に全て入っている」という前提で質問してきます。

筆記試験で80分間×4を戦って勝ち残った皆さんではありますが、ここでいま一度、あえて頭をまっさらにして、事例を一言一句まで丁寧に読み込むことをお勧めします。

改めて読み直すことで、「そんなことも書いてあったんだ」という発見が1つや2つあるかもしれませんし。

具体的には、問題用紙を縮小コピー等しておき、通勤時間や昼休みなどを活用してやるとよいと思います。
その際、自分の書き込みやマーキングがあると、それらに引っ張られてしまいますので、各予備校のWebサイトからまっさらな問題用紙を入手なさってください。

2、科目の枠にこだわらずに考える

昨年の私の場合、A社について「新規事業を短期的に成功させるためのアドバイス」、B社について「仲居に権限委譲するうえでの注意点」を聞かれました。

例えば、「人や組織は素晴らしいけど、マーケや営業はまるでダメな会社」、あるいはその逆の会社って、ちょっとイメージできませんよね?

事例問題は便宜上Ⅰ~Ⅳの4分野に分かれてはいますが、この際Ⅰ~Ⅳの枠を取っ払った方がよさそうです。

「事例ⅡのB社を事例ⅠのA社として出題するとしたらどんな問題になるかな?」などと想像しながら、各企業に総合的にアドバイスするつもりで、多角的に考えてみましょう。

3、答えを暗記しようとしない

各予備校から想定問答集の類を入手し、目を通しておくことは重要です。

但し、それらを丸暗記して本番で「立て板に水」のごとく喋り倒すのは止めたほうが無難です。

あくまで個人的な印象ですが、試験委員は「企業や支援機関に送り込んで問題ないか」「一緒に仕事ができそうか」をチェックしていると感じました。
とすると、大切なのは「コミュニケーションが成立するか」ですので。

それに、暗記に頼ってしまうと、緊張して暗記した内容がうまく出てこなかった場合、パニックに陥る可能性があります。

想定問題集の類は、チェック漏れを防ぎ、会話の「とっかかり」を掴むためのキーワードを押さえるという目的で利用することをお勧めします。

4、声に出して話してみる

前回、筆記試験の準備についても書いたように、「声に出して説明してみる」ことは、頭の中を整理するうえでとても有益です。

そこで、受験仲間や配偶者などにお願いして、事例企業の成り立ち、問題点・課題、成長の方向性などを聞いてもらうのがよいと思います。
想定問答集を使ったシミュレーションについても、同様です。

もしも都合のよい時間帯に適当な相手が見つからなくても、誰かに説明するつもりで声に出してみると、キーワードの繋がりがとだえてしまうところのチェックは十分にできます。
---

以上、4点にわたって口述試験対策のアドバイスをお届けしました。

相変わらずインフルエンザが猛威をふるっており、診断協会のWebサイトにも「新型インフルエンザへの対応について」が載っていますね。

ここまで来て、「ご自身やご家族がインフルエンザに罹って口述試験に行けなかった」ということにならないよう、万全の対策をなさって頂ければと思います。

あと少しです、頑張ってください!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-12-14 12:03 | 口述試験 |
2009年 12月 13日 |
神戸の青年です!

2次筆記試験を通過された方、おめでとうございます。
ご苦労が実りましたね。

思いのほか残念な結果だった方、来年はぜひともリベンジを図ってください。

さて、2次試験は口述試験までです。

おごらずあせらず、短期間での対策をしましょう。
以下、私がした準備を列挙しておきます。

・4事例の比較表(どの企業の質問をされてもあわてないように、業種、製品・サービス、資本金、従業員、課題、診断の方向性)をまとめて頭にインプットしました。)
・毎日、奥様の前で事例の与件文を声を出して読み上げました。
・受験校の解答・解説から様々な論点、視点を吸収しました。(どのような質問が考えられるかの抽出作業として)
・受験校の模擬面談を3つ受けました。

その結果、各事例について何も見ずに説明できるようになり、あとは本番での度胸だと割り切れるようになりました。


[本番では?]

第1問目の圧迫質問でいやな顔をされ出足をくじかれましたが、それも想定内でしたのでなんとかクリアできたかな、という思いがありました。

ちなみに、レイアウト(大阪会場の場合)は、
 ①対面して試験が3人座っている。
 ②荷物は近くの机に置く。
 ③受験生側にもイスがあり、そこに座る。
でした。

[当日の注意点など]

服装はスーツ(女性はそれに準ずるもの)を推奨します。社長に面談するコンサルタントの姿を想像すればお分かりになると思います。

さらに、口述試験中にいやな無言の時間を作らないための秘策!
それは、「オウム返しする」ことです。
試験官からの質問にオウム返しを適宜いれると、実質何も答えていなくても、会話が成立します。

また、はじめに「よろしくお願いします!」、最後に「ありがとうございました!」と、明るく言って下さいね。

仮に39度の熱が出ても試験会場に出向く。
必ず、やりとげてください!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-12-13 14:06 | 口述試験 |
2009年 12月 11日 |
今日12月11日、2次筆記試験の合格発表がありました。

合格された皆さま、おめでとうございます。

口述試験は落とすための試験ではありませんが、いま一度各事例を丁寧に見直し、最後の関門を突破されることをお祈りします。

また、今回は残念な結果だった皆さま、今年の合格に向けて取り組まれたことは、けっして無駄にはなりません。

すぐに気持ちを切り替えるのは難しいとは重々承知していますが、来年はぜひリベンジを果たされますよう、心からお祈りいたします。

「ふぞろいな合格答案」プロジェクトチーム一同

---
【再現答案ご提供のお願い】

昨年以上の激戦となった今年の2次試験で、何が合否の分かれ目となったのか?をお伝えすることで、リベンジを目指される皆さんのお役に立ちたいと存じます。

そのためにもぜひ、私どもに皆さまの再現答案をご提供ください。ご協力よろしくお願い申し上げます。

※ご送付の方法につきましては、こちらをご覧ください。

日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 12月 07日 |
まいど、ハンマーです。

もうすぐ合格発表日。
受験生の方は、きっと、もやもやした心理状態でしょうね。

タイトルの「夢と目標は違う」というのは、ボクシングの元世界チャンピオンの言葉です。

その方の持論は、
「夢は見るものだが、目標は達成するもの」

そして、ある時、野球教室の子供たちにこんな問いかけをしたそうです。

「君たちの目標は何だい?」

すると、子供たちは「○○選手のようになりたい」と口々にプロ野球のスター選手の名前をあげます。

そこで、次の質問をします。
「この中で、一番上手な子は誰?」

すると、たいてい1人の名前があがるそうです。

最後の質問です。
「この中で、一番練習をしているのは誰?」

すると、一番上手だと言われた子の名前があがるそうです。

「君たち、さっきは○○選手のようになりたいと言っていたけど、それは単なる夢や。俺は『目標は何?』と聞いたはずや。夢と目標は違う。目標とは必ず達成するものや。この中で一番上手な子に、練習量でも負けてるというけど、チームの中で一番になられへんのに、プロ野球選手になり
たいなんて笑わせるな!なんで練習量で一番じゃないんや!」と一喝。

ビジョンとか、アクションプランとか小難しい言葉は一切ない講演でしたが、15年たった今でも私の心に残っています。


ふりかえると、私が一次試験に不合格となった年は、勉強量も合格への執念も足りませんでした。


もうすぐ合格発表ですが、

合格になった方も、
2次試験はまだ終わっていません。

不合格になった方も、
来年の診断士合格という目標に向かって、全力を尽くしてください。

応援しています!


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-12-07 23:15 | その他 |
2009年 12月 04日 |
こんにちは、ふぞろいサポーターのぼにいです。

いやーまいった。

この時期、2次試験の結果を待っている方々に
先輩らしいメッセージを

と、気張ってみたものの。。。

ポメラの前で指はピクリとも動かず。
何度も電源を入れ直す(勝手にオフになるので)うちに、
しまいにはぼーっとしてくる始末。

方針変更して、お堅いコトや熱い激励を綴るのではなく、
自分の経験を素直に書いてみようと思います。


多くの受験生の中のどなたかに、
共感なり安心なり、していただければよいなと期待しつつ。


===  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  ===

私自身は2次試験をH18・H19と2度受験しました。

実は2年とも2次試験後合格者発表までの期間は、
正直、何も勉強をしませんでした。

きれいさっぱり、いっさい。

なんかやらなあかんなあと気持ちは焦るものの、
実際には何も手につかず。
受験校の口述対策の資料を少し集めたりはしましたが、
目を通す気力もなく、そこいらにほっぽってました。


燃え尽きていたんでしょうね、たぶん。


そして迎えた合格者発表。

当然ながらH18とH19では全く違った結果だったのですが。。。


===  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  ===

H18年は不合格を知って、勉強する気分が史上最高に盛り上がりました。
勢いでブログはじめたくらいですから、そりゃあもうすごいもんです。

2006-12-11のブログ

悔しくて夜も眠れないくらいでしたから、
次回の対策について、考えて考え抜きました。
いま読むとちょっとどうかと思うところもありますが、
それでも試験対策についての基本的な考え方は変わっていません。


H19年は合格を知って心底ほっとした後、
ここで頑張らんでどうするっ!と気持ちが勝手に奮い立ちました。
ホントに自動的に。

1週間に20時間事例を読み込んで、模擬口述も受けて臨みました。

2007-12-17 のブログ

結果的には、十分間に合いました。
余裕たっぷりです。

で、何が言いたかったのかというと。。。


===  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  ===

だからいま勉強する気になれなくても心配ないです。
そういう状況になれば、なるようになります。
それだけの心のポテンシャルをみなさんはお持ちです。


安心してあと1週間好きなことして、次の猛ダッシュに備えていてください。
(ひとつ前のエントリーと真逆ですが、多様性を容認してくださいまし)



審判の日まであと1週間。
11日以降、道が大きく二つに分かれます。
いずれの道になったとしても猛烈に忙しい日常が戻ってきます。

長い時間軸でみれば志さえ失わなければたどり着くところは同じはずです。


あと1週間、そしてそれから先も

しっかり楽しみましょう。



日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon