ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 10月 31日 |
平成21年中小企業診断士2次試験を受験された皆様へ

『ふぞろいな合格答案』編集メンバーよりお知らせです。
来年も『ふぞろいな合格答案』の出版を予定しております。
今年に続き、本書内にて、皆様の再現答案の分析を行う予定です。

そこで、皆様ご自身の再現答案を、是非とも活用させていただきたいと考えています。
来年の受験生に有効なアウトプットをご提供するため、1枚でも多くの再現答案が必要ですので、何とぞ皆様のお力をお貸しください。

なお、再現答案をご提供いただいた皆様には、ご希望により、本書にお名前又はニックネーム、及びブログのURLを掲載させていただきます。
また、残念ながら来年以降再挑戦となられた方には、本書発売前に編集メンバーによる再現答案へのアドバイスを送付することを予定しています(春頃)。
何とぞよろしくお願いいたします。
合格発表前に送付いただいた方には、合格発表後に改めて編集メンバーより、合否・得点区分を確認させていただく予定です。

再現答案の募集方法についてですが、昨年に引き続き「メールでの送付」、加えて今年は「WEB入力フォーム(SSL対応)」でも受け付けています。
WEB入力フォームの場合、コピー&ペーストする手間が掛かりますが、メールに「お送りいただく原稿とあわせて必要な情報」を記入する手間は省けます。
お好みでご選択ください。

======■メール送付編■======
●お送りいただく内容
 ①原稿(データ:ファイル形式問わず(txt,word,excel等)
 ②その他の情報(下記に掲載)

●送付先アドレス(兼 お問合せ先)
 fuzoroi2010-saigen@yahoogroups.jp

●期限
1次締切 2010年1月8日(金)
2次締切 2010年1月29日(金)

●お送りいただく原稿とあわせて必要な情報
-----------------------
【必須情報】
 ①お名前(匿名も可)
(          )
 ②メールアドレス(ご質問等必要な場合がございます)
(          )
 ③各事例の評価※(合格・A・B・C・D)
(事例Ⅰ:  Ⅱ:  Ⅲ:  Ⅳ:  総合:  )
※合格発表前に送付いただく方は空欄でお願いします。
 合格発表後に編集メンバーより合否、得点区分を確認させていただく予定です。

 ④再現答案掲載の可否
 (否の場合は分析のみに活用させていただきます)
(可・否)

 ⑤お名前などの掲載の可否
(可・否)
 ⑥2次受験回数
(          )

【任意情報】
 ⑦本に掲載する名前又はニックネーム(④が「可」の場合のみ)
(          )
 ⑧本に掲載するブログアドレス(④が「可」の場合のみ)
(          )
 ⑨本書への意見
  (こんな企画をしてほしい! ここを改善したらいい!など
   是非本書へのご意見をください。できる限り反映していきます)

 ⑩診断士川柳
  診断士やその勉強をネタとした川柳を募集します。
  不適切なもの以外は、全て本書に掲載させて頂きますので、
  ふるって、応募ください。
(          )
 
-----------------------
※各事例の評価は、12月に診断協会より送付される得点区分です。

======■WEB入力フォーム編■======
「メール送付編」と同様の内容を、WEBから入力して頂きます。
以下のURLからご入力をお願いします。

■WEB入力フォーム (SSL対応)
https://ssl.formman.com/form/pc/3DgZ8lgCx2sZWcYj/
※パスワードは fuzoroi です。

以上、よろしくお願いいたします。


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-10-31 20:20 | その他 |
2009年 10月 30日 |
こんばんは。
中小企業診断士の同期のブーちゃんです。
2次試験を受験されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

2次試験本番から1週間が経ちました。
今頃は試験前には我慢してきた家族との時間、恋人・友人との時間、
趣味の時間を満喫していることかもしれませんね。
まずはゆっくり休んでください。

診断士の試験範囲の中には、
試験対策だからと割り切って乗り切る分野もあれば、
興味があってもっとよく知りたいんだけど、
試験勉強の限られた時間の中では他の科目も勉強しなければならず、
深く突っ込むことができなかった分野もあったと思います。
この時期、時間が許すなら、
そんな、自分の関心のある分野の本を読むことをおすすめします。

経営に関心があり、診断士の勉強をされてきた方なら、
そんな分野がきっとあるはずです。
ぜひ掘り下げてみてください。
「試験日まであと・・・日」のような時間の制約は
もうありません。
好きなだけ掘り下げてみてください。
興味のある分野の読書に時間をかけることって、
試験前と比べたらとっても贅沢な時間だと思いませんか?

診断士の勉強を始める前に読んだことのある本でも、
今読んでみると違う感覚を感じることができると思います。
ドラッカーでも、「The Goal」でも、また読んでみれば
見え方が違ってくると思いますよ。

では。



日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-10-30 23:48 | その他 |
2009年 10月 28日 |
こんにちは、秋島です。2次試験も終わりましたね。
何よりも受験された方、本当にご苦労様でした。この
時期はゆっくり休んで、家族サービスもよし、仕事や
趣味に没頭するのもよし、だと思います。

小生も診断士として独立して3年半となりました。2004年
の今頃は絶対に落ちたを思って、すべての参考書類を
段ボールに詰めて、これからどうするか?再受験は家族
の反対もあるし、自分自身の気力もどの程度続くかなあ、、と
思っていました。
その後、運よく合格ができ1年程度の企業内診断士を経て、
独立という経緯をたどった訳ですが、あの升目を埋める
訓練でその後、執筆や研修教材開発、レポート作成類で
どれだけ役立ったことか、あの時に集中してやったおかげで、
現在があると実感しております。
また、こんな世界があるのであれば、それを知っておけば
もっともっと勉強した、できた、というぐらい、世の中が
変わりました。
今日もT商工会議所で中小企業支援を行っておりましたが、
何よりも「人の痛みのわかる」診断士が必要とされている
なあと実感しております。
読者の皆様がひとりでも多く、診断士として日本の経済
を支えている中小企業の支援に携わることができれば、
きっともっといい日本になると思います。
試験の結果ばかりは?ですが、合格するまでしっかり
勉強し、そのあとは本来の目的である、診断士活動を
バリバリやる、と強い意志の元、今は十分に鋭気を養ってください。


2010年版ふぞろいな合格答案プロジェクトがまもなくスタートします。
再現答案を募集させて頂きますので、
ご賛同頂けるみなさまにおかれましては、何卒ご協力のほどお願いします。

なお、募集方法は別途公式ブログにてご案内致しますので、
今しばらくお待ちください。



日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-10-28 17:47 | 診断士活動 |
2009年 10月 26日 |
企画チームのReiパパです。

受験生のみなさん、
昨日は本当にお疲れ様でした。

1年間の努力の成果を試験場に置いてくることはできたでしょうか?
あんな設問反則だ、とか、あの設問を間違えた、とか、
文章が稚拙だった、とか、できることなら書き直したい、等々、
良い感想を持っていない人の方が多いでしょう。
「できた」感触を感じることのできない、
不思議な試験だと思わざるをえません。

まずは、疲れた体を休めると共に、
もうひとつの集大成にとりかかりましょう!


もうひとつの集大成とは、再現答案の作成です。
しばらくは、与件文など見たくもないでしょう。
口述対策のため、と言われても、作成する気分になれないほど、
疲れ切っておられることでしょう。
でも、もう少しだけがんばってください!

再現答案を作成する意味は、いくつかあります。
昨年のふぞろい公式ブログでは、
「口述試験対策」、「今年の結果の振り返り」、「受験の総括」
の3つの目的にふれました(2008/10/20 再現答案作成の重要性

特に、将来を意識して「受験の総括」をするべきだと考えます。
二次試験の答案とは、コンサルタントであるご自身の
最初の執筆活動の成果と考えてみましょう。
良くも悪くも、この答案がご自身のスタートラインです。

合格者でも「失敗した」という感想を持ったまま、
発表の日を迎えた人は数多くいます。
むしろ「成功した」と感じた合格者はいないはずです。
一年間我慢してきたことを満喫しながら、
未来のために、今年の努力と成果を
振り返ってみてはいかがでしょうか。


蛇足ですが、
2010年版ふぞろいな合格答案プロジェクトがまもなくスタートします。
再現答案を募集させて頂きますので、
ご賛同頂けるみなさまにおかれましては、何卒ご協力のほどお願いします。

なお、募集方法は別途公式ブログにてご案内致しますので、
今しばらくお待ちください。


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 25日 |
みなさん、2次試験お疲れ様でした。
試験の緊張感から解放され、とにかく今は休みたいところだと思います。

しかし、本試験を終えた、今日、今こそやっておいていただきたいことがあります。
それは、再現答案の作成です。

今後、2次試験に合格された方は口述試験対策のため、万一残念な結果に終わった方は、原因分析のため必ず必要になります。

この再現答案、絶対に当日、作成されることをお勧めします。
理由は、言うまでもなく時間がたつにつれ、加速的に忘却していくからです。
また、作成前に各予備校の模範解答など見ないでください。余計な情報が入ってしまうと、正確な再現を妨げてしまいます。

とにかく時間がたってから思い出そうとしても、絶対に不可能ですから、記憶の新鮮なうちにできるかぎり正確に再現されることをお勧めします。再現答案は、先に書いた口述試験対策以外にもお世話になった予備校や勉強会に提供したり、ふぞろいプロジェクトに参加するときに使ったりとけっこう有用なものですから、あとで後悔しないためにもこのブログを読んで、まだ作成されていない方は、今すぐ取りかかっていただきたいと思います。

みなさまの今日一日の結果がよいものであることをお祈りしています。


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 24日 |
 いよいよ明日ですね。皆さん、こんにちは!再現答案担当の髭の(お)です。

 皆さん、今、どうされていますか?明日に備えてリラックスしてますか?それとも、最後の勉強していますか?

 昨年の今日、自分はどうしていたかな?と記録を紐解くと、私は、受験校の自習室で、事例4のファイナンスの計算問題を解き直していました。ちなみに前日の金曜も同じでした(仕事は、午前で終わりで、午後休みで自習室へ)。ただ、その夜は、行き付け?の日帰り温泉で、「まったり!」はしていましたよ。

 この期に及んでは、事例1~3は、何が出るかわからないので、じたばたしてもしょうがなく!しかし事例4は、過去問と同じような問題が繰り返し出題されているので、少なくとも同じような問題が出たらラッキー!がっちり!を考えていました。また、計算の勘(=計算ミスをしない)の維持もありました。

 で、実際はというと、事例4は、計算問題の配点が全体の半分ということで、試験時間中は、「ありゃ~、これで決まってしまうなあ!」、「計算ミスったら、終わりだぁ!」、「どの数値を使うの?」、「どう、計算すればいいんだろう?」、「年金原価係数はどこでつかうの?」と最初ちょっと、パニックになってしまいました。しかし、今となって振り返ると、時間管理がしっかりできました。設問ごとに、時計を見て時間管理するくせがしっかりできていましたので、設問を1つ1つ、取れそう、わかるものから、解いていけました。これで最終的にうまくいったと思います。

 パニック対応は、時間管理が一番のキーかと思います(一昨年は、事例1で、時間管理が失敗。時間に追われ焦って不合格でした)。たぶん、明日の本番も、予期しない出題、アクシデントで、パニックが発生すると思います。しかし、この○年の努力が泡とならないように、まず、時計を見て、残り時間を把握して、落ち着いてから、対応してください。

 駅伝のように、事例1~4の各走者のごとく、焦らず、落ちついて、時間管理して、ペースを崩さず、襷をつなぎ、ゴール目指して、がんばってください。

「ふぞろい」の読者受験生のご健闘をお祈りしております。来年は、ぜひ、我々の仲間として、「ふぞろい」再現答案を執筆してくださいね。お待ちしております!!


PS:受験票(と写真)は、お忘れなく!


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 20日 |
ハンマーです。

皆さん、燃えてますか?

ブログの読者の方から、ご質問をいただきましたので、
お答えします。
ご質問をいただいたbeyondさん、ありがとうございました。

<ご質問の内容>
設問から与件文の該当箇所が分かりにくい時、
本文から設問を見にいくようにしているのですが、
うまく当てはまらないときがあります。

たとえば、H18-2なのですが、ハンマーさんは
どのように対処されていたでしょうか?

<ご回答>
設問を読んで要求をキャッチし、
与件文の根拠を探す方法について、
H18年度事例Ⅱ第1問を例に簡単に
ご紹介します。

第1問
要求は「差別化」なので、差別化する相手
である大手テニススクールとの違いを探し
ます。

与件文の大手テニススクールの記述を見ると、
「料金は低め」、「全天候型ではあるが屋外」、
「1クラスの人数も20名を超えて設定」と
ありますね。

これに対応するB社の記述を探すと、
「料金は大手より若干高く設定」、「すべて
の事業所が3面の屋内コート」、「1クラス
8名まで」とあります。

これらは直接的な対比なので、要注意です。

さらに、B社の特徴的な記述を探すと、
「最寄り駅より徒歩5分以内」、
「プロ級のインストラクター」、
「技量とニーズに合わせた指導」、
「イベントの企画」、「リラックスルーム」、
「自習室」などいろいろ見つかります。

設問には「マーケティング戦略」と
あるので、趣旨にあわないものは
外します。
また、他の設問の根拠と思われるものも
外します。
最後に、残った根拠を編集し、答案に
しあげます。

このような事例の場合、
私は、与件文を読みながら、
「たくさん根拠を掘り起こす」
ことに集中します。

根拠になりそうなものは、「これは第1問」、
「これは第2問と第3問」というように、
あたりをつけておいて、記述の前に編集
します。

以上です。参考になりましたか?


2次試験まであと5日。
いよいよカウントダウンです。
最後の最後まであきらめず、
頑張ってください!



日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 19日 |
企画チーム しま です。

昨年3回目の挑戦だった僕にとって
最後の1週間のテーマは「調整」でした。

具体的には
自分がこれまでやったことを「整理」し
何を持っていくかを「準備」することです。

何年も挑戦している僕にとっては
テスト前に詰め込むことではなく
体や心の準備をすることがその調整の内容でした。

他の合格者の方の話や経験を踏まえ
僕がお勧めする準備を
今年の本にならいタイプ別に1つづつ御紹介したいと思います。


☆複数年組の方
◎不合格の状態を再確認し、合格イメージを作る

過去に挑戦した時の再現解答をもう一度見て
自分のベスト解答と比べてみて下さい。
その差が1年の進歩です。

何度やっても間違えることや気付かないことは
一緒だったりするので
同じ失敗を繰り返さないことがイメージできると思います。

一方で合格のイメージを強めるためには
合格体験記を読み、その世界に慣れてしまうことが
良いと思います。少ない隙間時間でもできるのがお勧めです。


☆ストレートの方
◎消化する

ストレートの方は何となく準備不足で
試験に臨まれることが普通の状態だと思います。

そんななかで
どんな事例でも良いので1つだけ
やりきったと「消化」できることがとても大事だと思います。

具体的には、他人にその問題と
解答を口頭で説明できるようなイメージを
持ってみるのが良いと思います。

細かい言い回しや表現ではなく
事例全体・その会社・設問
を一言でいうとという感覚です。


最後に共通して僕が立てた作戦で一番良かったと
思う事を1つ御紹介します。

それは、「財務で取り返す」と思うことです。

実際は財務が得意であろうとなかろうと
関係ありません。あくまでそう思い込むことです。

これは、最後まで集中力を切らさないことや
バランス感覚を保つことで非常に有用だったと
思っています。

この試験を受けられること
2次試験に進めたことは、
とても恵まれた環境にいることだと思います。

その環境に感謝し、恩返しするためには
結果を出すことです。

十分な準備をして、頑張ってください。

日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 16日 |
勉強を、受験を決意した日を思い出してください。
・・・
ついに、ここまできましたね。
ロニー@2008です。

二次試験直前の今、
特に気負うことも緊張することも、
ましてや他人を気にする必要も全くないです。
淡々と二次試験当日を迎えて、
コツコツと積み上げた成果をできるだけ多く解答用紙に
埋めてくるだけです。

当日、ベストコンディションを作るために
それぞれのやり方で当日を迎えていただければ、と思います。
本試験と同じ時間割で一週間前に模擬本番したり、
下見に行って気分を落ち着かせて頑張ってきた自分を確認したり、
色々方法はあると思います。

最後の最後で、面倒くさい、なんて絶対に思わないでください。
最後までコツコツやりぬくだけです。
みんなそうしてると思います。
コツコツです、本試験の日は地道にやりぬくだけです。
後悔しない解答プロセスで、落ち着いた計算で、
合格をつかみとってきてください。

ご武運をお祈りしております。


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 10月 15日 |
再現答案チームのワカシです。

本試験まで、あとわずかとなりましたね。残りの期間の過ごし方ですが、合格者が十人十色であるように、直前期の過ごし方も人それぞれだと思います。試験前日にゴルフに行って合格した人もいるくらいです。

参考までに、私は直前期に「リハーサル」を重視していました。試験当日と同じ日程で4事例を何度か解きました。すると、試験当日に自分が起こしうるミスが顕在化しました。また、リハーサルをすることで、試験当日の「初めて感」が薄まり、試験当日の緊張を抑えることができました。

”本番のつもりで練習し、本番は練習の通りに”

これまで一生懸命勉強してきた皆さんは、合格するために必要な知識やノウハウを持っています。後は、試験当日に発揮できるかどうかです。能力を強化させることよりも、能力を発揮させることに重点を置きましょう。

がんばる受験生に幸あれ!

日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon