ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 03月 30日 |
こんにちは
ロンドン3です。

ふぞろいな合格答案の2009年版については、
1次完成版ができあがり、先週からは、全体校正に入ってきています。

完成間近になるとともに、執筆以外の企画も走りだしました。
今後の販売促進や、読者プレゼントなどです。

その中で、
私の所属する分析チームでは、
再現答案へのメッセージ(フィードバック)を予定しています。

元々、去年の秋から再現答案を募集させていただく際に、
残念ながら、再度受験予定となった方に、
再現答案へのメッセージをお返しします! と宣言していました。

「再現答案へのメッセージ」 
 ・対象: 再現答案を提出頂いて、今年も再受験を予定される方々
 ・実施内容:
   今回の分析メンバーが頭を絞った分析ノウハウを元に、
   送付して頂いた再現答案に対して、メッセージをメールさせて頂きます。

なお、送付時期はGW前後を予定しております。

今年合格したばかりの、つい最近まで受験生であったメンバーでコメントをさせて頂くのは、
非常に僭越で、恐れ多いところだと考えています。
しかし一方で、合格ほやほやの方の思いも受け取れるいいチャンスだとも感じます。

できる限り、今年の合格に結びつくような、メッセージを作成して、
皆様にお届けできればと思います。

いらないよ!といわず、ぜひ受け取ってください(^^;

再現答案を提出頂いた方は、期待しつつ、もうしばらくお待ちいただけると幸いです。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 03月 27日 |
はじめまして。
ふぞろいの前身である、「続々・80分間の真実」に参加していた3児の母、chisakoと申します。

もう診断士試験からは縁遠くなっているので、私からは、試験からは離れて、主婦&診断士という切り口でお話したいと思います。

私は2007年に診断士登録して2年、就学前の3人の子育てをしながら、独立診断士として活動してきました。
もともと、出産を機にフリーになり、企画などの仕事を(細々と)してたのですが、3人とも保育園に入る際に仕事を増やしたいと思って取得したのが診断士でした。

正直、「資格をとったからって仕事がとれるほど甘くないだろう」と思っていました。
でも、予想外にあちこちからご縁をいただき、有難いことに仕事量も単価も、以前の数倍になりました。

このようにラッキーな滑り出しができたのは、「主婦の独立診断士はレアな存在だ」、というのが一因だと思っています。
主婦とか女性とか、そんなことビジネスに関係あるのかと思いがちですが、案外ニーズがあるものなのですね。

・顧客が女性や主婦ばかりである業界
・主婦の参加者の多い創業塾
・年配男性の先生だと萎縮してしまいそうな素朴なスタッフへの研修…

などなど、私が男ならお声はかからなかっただろう内容で、いくつもご縁をいただきました。

子育て中だと、仕事に使える時間はどうしても制限されます。
企業の中では、その制限ゆえに、密度の濃い仕事ができるポジションにつきづらいこともあります。
でもこの仕事なら、その分案件の数さえ絞れば、やりがいのある仕事を濃い密度でさせていただくことができます。
診断士をとるまでは、キャリアをどう積んでいけるのか、本当に悩みましたが、今は、「なんて理想的な仕事なんだろう!」と思うほど。診断士という資格に出会えたことを感謝しています。

「片手間ではできない仕事なのに!」と否定的に見られることも稀にありますし、自分でももどかしいこともありますが、大切なのは結果。精神論やべき論ではなく、ニーズがあり、お役に立てることがある限り、それでいいのだと思うようにしています。

このブログをご覧の受験生の方にも、主婦の方もきっといらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん主婦という属性と、診断士という資格だけがあればいいというわけではありませんが、ある程度キャリアを積んできた子育て中の女性には、とてもいい仕事だと思います。
もっと主婦診断士が増えて、活躍して欲しい!と思います。

子どもがいれば、受験予備校に通うのも難しく、大変な面もあるでしょうけど、家族の愛を支えに、お互い頑張りましょう!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-27 18:40 | 診断士活動 |
2009年 03月 23日 |

みなさま、こんにちは。
企画・オフィシャルサポーターチームのホリケンです。
ふぞろいの原稿の方は、最後の仕上げを行っており、
次は校正と販促の段階に入ります。
6月上旬の発売を予定しておりますので、
皆様楽しみにお待ち下さいませ。


さて、最近はある大学の産学連携事業の一貫で、
インターンに行く前の学生さんを対象に、
経営、経済、マーケティングなどの
講義をさせていただいております。

講義の内容を組み立てる際に、
診断士で学んだ知識が大いに役に立っています。
苦しんで覚えた1次試験の学習内容も、
実際に仕事に生かせるのを感じると、
嬉しく思います。

講義の準備でほとんどの時間を使っているのは、伝え方です。
講義の目的は、受講していただく方の腹にすっと落ちて、
自分で気づいてもらい、具体的な行動につなげていただくことです。
そのためには、受講される方の身近なことに置き換えて、
たとえ話や質問をしながら、いかに「自分ゴト化」して
考えてもらえるかが重要です。
そして、私自身がきっちりと消化していないと
高い歩止まりで伝えられないことが、
よくわかりました。

私自身、受験生時代に2次試験の答練において
よく理解できていないことを、
それらしい言葉で並べていただけの時期もありました。
その時は読んでいる方には伝わりにくかったのか、
成績が良くなかったです。
知識という材料を厳選せずに使えるだけ使って、
それを加工せずに生のままで出していたので、
他の人には食べられなかったようです。

1次試験を突破した方は、十分に必要な知識を
持たれています。
あとはその知識を厳選しきちんと料理できているか、
料理できていれば、きちんと食べやすく盛りつけができているか、
といったことが重要かと思います。
伝え方の重要性はいろいろな方がおっしゃっていますが、
最近の実務を通して、試験勉強との関連を
改めて強く感じているこの頃です。



最近は春らしい日が続いていましたが、
一転して花冷えで寒くなるそうです。
受験生の皆さま、お体にはお気をつけて
受験勉強、頑張ってください。
プロジェクトメンバー一同、応援しています。




にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 03月 22日 |
こんばんは、何かお役にたてばと思いアップします、
2008メンバーのロニーです。

モチベーション(以下、モチベ)、あやふやなものかもしれないっすね。
モチベは常に向上させる意識づけを自ら実行しないと、維持⇒減衰になる、と思います。

意識づけ:具体的には、

①学習仲間、講師との直接、間接的な関係性強化(?)
私は、勉強始めた当初、人と関わることで自分のバカさ加減がわかってしまう状況を恐れていたので、
孤独受験生でした。そもそも基礎的知識が全くありませんでしたので。。
しかし、一年目1次試験失敗を通り過ぎたあたりから手ごたえらしきものを実感することができるようになりました。
2年目は通学コースに変更し、勉強会の類はしませんでしたが常に周りを意識して授業に参加するようにしました。これは環境的に通学可能な方にとってモチベ向上の手っ取り早い方策だと思います。

②学習実績管理表
エクセルへの毎日の学習時間実績入力。自分の学習量が目に見えるのでルーチン化すれば大きなスランプの防止に効果的かと思います。

③答練上位リストに名前をのせ、家族に見せる
のせるポジションも出来れば、左列上半分くらいのPPMでいえば花形(意味不明な例え)」のポジションがいいです。
家族に見せる。
頑張ってることを形で示す。
家族応援モードが強化される。
自分頑張りモードが加速化する。

④休まない
正のスパイラルにのっかり、いやなこと、つらいことがあっても頑張っていれば、いいこともある!
という体験を積み重ね、精神状態に大きな波を作らないように意識して、
電車の酔っ払いを見て頑張っている自分を褒めちぎる。。

⑤覚悟をきめる
といっても、色々あるし、フラフラもするが、心のなかでは常にそう言い続けることを習慣にする。
 「富士山に登ろうと心に決めた人だけが富士山に登っている。
  散歩のついでに富士山に登った人は一人もいない。」

肩の力を抜いて、あまり自分を追い込まずに自分らしく、
自分に最適なやり方で試験までの日々を過ごしてはいかがでしょうか。

診断士になって変わったこと。
自分の考え方、行動が変わりました。
当然、行動のパフォーマンスや結果も変わりました。
生まれ変わったほどの変化です。

まだまだ誘惑に弱い未熟者ですが、
本当にみなさんを応援しています。
頑張ってください。
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-22 00:48 | その他 |
2009年 03月 21日 |
こんにちは、かわせみです。小生ももう独立してから3年たちました。
昔から「コンサルタントは知識はいらない、知恵がいる」と言われています。
知識は勉強で教わることができますが、知恵はどうすれば身に着くか?
独立前からそこが大きな謎でした。どうやったら知恵をたくさん持っている
診断士になれるだろうか?と独立前は非常にその点が不安でした。
(今でもまだまだ研鑽が足りずに知恵は不足していると感じています・・汗)

最近、おぼろげながらこんなものかなあ、と思ったことがあります。
まず何よりもスタートは知識です。知識のインプットがなければ何も始りません。
ある局面にぶつかった時、多くの知識があれば、その中から「この場合はこうい
うことになる、こうすればいい」といったあたりをつけることができると思います。
つまり、「知識を基にした仮説の設定」です。豊富な知識から多くの仮説や洗練
された課題設定ができると思います。

そして、次に必要なことは検証です。これを絶対にやることです。仮説を立てる
だけではなく、実際にその検証をすることで、多くの気づきがあります。上手くいっ
たこと・失敗したこと、そしてそれらを自分の腹に落とすこと、そこが一番重要だと
思います。実際に行動することで、気づきがあり学びがあります。気づきがあること
で自分自身のノウハウ化ができます。このノウハウが知恵にあたると思います。

コンサルタントに必要な知恵の土台を診断士試験の勉強で養う。豊富な知識量が
やがては、知識から知恵への変換となるシーズです。そして試験に合格後、実践
をどんどん積むことで仮説検証ができていきます。そこから知恵を持ったコンサル
タントになっていく、こんな図式なのかなあと思っています。

診断士の勉強は無駄がないと思います。その豊富な知識量を持って、そして自分
で行動することで、知恵のある診断士となっていく。そんな診断士像がひとつの
目指すべき姿だと考えています。
受験生の皆様、診断士試験の勉強がんばってください。

~かわせみ~



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-21 16:59 | その他 |
2009年 03月 16日 |
こんにちは、分析チームのイトケンです。

本日、実務補習3社目が終了しました。みなさん大変お疲れ様でした。

さて、本の方ですが、今年の分析チームは、”ビジュアル”にこだわりました。

昨年までの分析方針を継承しつつ、ランキング表示にグラフを活用したり、

文字も大きく見やすく配置したりと工夫をこらしています。

パッと見て、合格者の解答で多かった内容(キーワード)はどのようなもので、

実際の再現答案(全文)は、どうだったのかがわかりやすくなるよう

みんなで知恵を出し合いました。

現在、最終校正に入っており、よりよいものを目指して、みんなでがんばってます。

ご期待ください。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-16 13:38 | 答案分析 |
2009年 03月 15日 |
皆様、こんにちは。
2008年版「ふぞろいな合格答案」を担当した、まあこです。

 私は、丁度、診断士になって約1年がたちますが、改めて振り返ってみると、受験生活で身に付けた事が、仕事や診断士活動で役になっていると感じることが、よくあります。

 昨年、診断協会の広報部の活動で、診断士へのインタビューを行ったのですが、その時に、多くの方も同じような意見を持っていました。
経営に関する知識が役立つだけでなく、タイムマネジメントが上手になった、論理的思考力が身についたなどの利点をあげている方も、いらっしゃいました。
 
 これから、受験勉強が大変で、嫌になることもあると思います。
でも、受験勉強を通じて、「診断士」に合格するという以外に、沢山、自分の資産が残ると思いますので、是非、それを信じて頑張ってください。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-15 15:14 | 診断士活動 |
2009年 03月 11日 |
こんばんわ。2008年版『ふぞろい』の再現答案チームの「(お)」です。はじめまして。

3月も中旬、4月も間もなくといった期末の追い込みで多忙な頃ですね。(私も仕事に追われています!)このブログをご覧の方には、サラリーマンも多いと思いますが、異動の季節、そろそろ内示でしょうか?皆様はいかがだったでしょうか?
中には、4月から仕事や生活のペースががらりと変わってしまう方もおられるでしょう。そもそも私も診断士を資格を取ろうと思ったのは、異動による仕事の変化がきっかけでした。
もっとも、皆様は、すでに、診断士になろうと思って勉強されている方だと思いますので、関心事は、生活のペースが変わって、試験勉強にマイナスならないか?ではないでしょうか?
しかし、何事も心がけ一つで、マイナスがプラスに変わります。ぜひ、プラス思考で新しい環境なりの勉強法を早く見つけてがんばってください。

さて、本の方は、チームごとに内容の校正段階に入っています。再現答案チームの方も、最後の実務補習の合間をぬって、メンバー相互で読みあって校正をしています。合言葉は「受験生目線」!受験生にとって役立つ情報を少しでも多く、かつ、読みやすくすべくがんばっています。皆様、ご期待ください!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 03月 08日 |
こんばんわ。 2008年版『ふぞろい』執筆者の「けい」です。

ご無沙汰しております。

最近、当たり前と思っているキーワードを考え直すことって本当に大事だなぁと感じてます。

例えば、会社の会議の場で、診断士活動の打ち合わせの場で、そして2次試験の勉強会の場などでも。。

よく2次試験の事例に関して、「一貫性のある解答」について議論することがあると思います。

「一貫性のある解答」が重要か重要でないかを議論する前に「一貫性のある解答」とは、そもそもどういう答案をさすのか?

1つの設問の中での一貫性?それとも、問1~問5の一貫性?、問1~問5の間で一貫性が取れているってどういうことを意味しているの?

こういった議論からスタートさせないと、せっかくの議論も結論がモヤっとしたものになりがちではないでしょうか?

難しい議論をしているうちに当たり前と思っているキーワードを見失ってしまうことって、簡単なようで意外と難しいと思います。 普段から強く意識して議論に望む訓練が必要なんでしょうね。

これは診断士合格後の実務補習や診断業務においても重要なスキルの1つなので、ぜひ皆さんも意識してみてください。

僕は今でも訓練中の身ですが・・

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 03月 05日 |
皆さんこんにちは。 企画チームのシマと申します。

昨年のふぞろいでは、読者の2次試験の取り組み方を
チャンドラー、ポーター、ドラッカー、アンゾフ の4タイプに分け
タイプ別のお勧め攻略法を紹介しておりました。

今年もそれに変わる新たな企画で
読者に伝わりやすいメッセージとするべく
格闘しております。


その企画を進めるうえで多くの合格者と話をしていると
気づいたのは、ストレート合格って以外と多いなぁと
いうことです。

私自身は、足掛け5年この試験に挑戦しており、
昨年ようやく合格できましたので
そう感じているだけかもしれませんが・・

正直、ストレートで合格する方の頭の構造(?)が
どうなっているのか不思議でたまらないことがありますが
そんな不思議に迫るのが、今回の企画の趣旨でもあったりします。

昨年までのふぞろい以上に
分かりやすく・ためになる 企画になると思いますので
ぜひご期待ください!


こちらへのポチもよろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon