ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 01月 30日 |
2次試験は必ず誰もがSWOT分析をします。
与件文が環境分析の材料で、アンダーラインを引くなどしてSWOTをするのです。皆さんはどのようにされていますか?
限られた時間の中でSWOT分析をするのですよ!大変ですね。
対策ガイド本ならきれいなSWOTを見ることができますが、80分の本番ではそのような時間はないですね。そうです、他人に見せる必要はなく、自分から見てきっちりわかればいいのです。時間との勝負です。与件の最初から見て、適当にSWOT項目を抽出すればいいもんではないです。重要なSWOTが与件の最後に書いてあったりします。
では、どのようにすればいいか?その一例として私のケースを紹介します。

1.昔からある、赤青2色が1本になった色鉛筆を持ちます。
これで、SWOTのSOを赤で、WTを青でアンダーします。鉛筆を持ち帰る時間が省略できます。

2.緑の色鉛筆を持ちます。
これで、気になる与件ワード、SWOTのどちらにも取れる内容をアンダーします。
緑は読み返すと、赤になったり青になったりすれば、2色色鉛筆で上書きし確定します。

3.以上の2つの色鉛筆で与件を2回は読みます。その時間で、SWOTと経営課題を把握します。余白にはSWOTは転記しません。時間がないです。


先に、設問文をよんでいる+以上の作業で、事例のテーマ、解答の方向性を確定します。

ここまでが、考える時間です。解答用紙には何も書いていない状態で30分は経過します。考えて考えて、ためてためて書くのが私の場合です。これにより、消しゴムを極力つかわないので、トータル時間で効率的であることを確認しています。


「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 01月 28日 |
はじめまして、しゅうです。
ふぞろいPJには今年初参戦になります。
よろしくお願いします。


何か皆さんにお役に立てることを書きたいのですが、
思いつきませんので去年の今頃の私の状況を取りあえず書いてみます。
去年の今頃はまだ1次試験の経営情報システムを勉強してました。

よく考えると2次試験の勉強は全く着手してませんでした。
と言うかその余裕がなかったというのが正直なとこで、遠~い先の話だと思ってました。
今考えると多年度の方は1年間2次試験の勉強をしてるので、
力の差は開く一方ですよね(^_^;)

ただ1次試験終了後、11週間で合格される方もいる訳ですし、
ストレート合格を狙っている方は11週間に全てを賭けるのも
良いかも知れませんね(*^_^*)


話は変わりますが、先日、会社の研修で財務・会計の基礎を受講してきました。
初学者向きでしたので、少なからず財務・会計をかじった私は
「余裕だろうなぁ」と思っていましたが、研修のはじめに
「借入金の元金の返済はP/Lのどに影響しますか?」と言う質問で
「えっ、P/Lに影響するの?」と悩んでしまい、真剣に聞くことを決意しました。

落ち着いて考えれば、P/Lに影響しないのは分かるのですが、
2次試験以来、財務・会計から遠ざかっていたためだと思います。
やはり、「財務・会計はコツコツ勉強するしかないんだなぁ」と感じた一日でした。


財務・会計は1・2次試験共に重要な科目だと思うので、
これから受験される方は、時々は財務・会計に目を
通しておいた方が良いかも知れません。
#私が単に財務・会計が苦手なだけかもしれませんが(-_-;)



*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-28 01:16 | その他 |
2009年 01月 26日 |
初めまして、プロジェクトメンバーのみぞえもんといいます。
よろしくおねがいいたします。

さて昨日は第二回のふぞろいプロジェクト会議がありました
まだまだ詳しい内容はここではお話できませんが
第一回に続き会議は凄い熱気とスピードでした。

企画内容でも今年もなにかおもしろいものが
色々出てくるのかな??っという感じでした
読者の皆様期待してお待ち下さい。


私が今回のプロジェクトの合格者ではおそらく最年少(27歳)になり
(総合でも下から3番目に入るぐらい若いと思います)
人生の大先輩の皆様と今回活動をさせていただいておりますが
やはり診断士を合格した方々・または目指しておられる方々の集まりというのは
高いモチベーションと様々な意味で優秀な方が多いなーっと圧倒されています。

これだけの面々で付加価値の低いものができたら、ウソだと思います。
本当に受験者の皆様に貢献できるすばらしいものを作っていきましょう!!
[PR]
2009年 01月 25日 |
関西より,はじめての投稿です.

診断士の関連資格として,販売士1級を受験予定です.

実務補習,その他の事務で,準備は進んでいませんが,今回だめでも,来年も受験予定です.

診断士,流通より内容は詳細な気がします.

診断士受験の関連資格としては,参考になると思います.




*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-25 17:37 | 関連資格 |
2009年 01月 23日 |
こんにちは、ぼにいです。
今年は「ふぞろい」サポーターをやらせていただいています。

今日は、実務補習者への応援と2次受験生へのアドバイスをあわせて書かせてもらいます。


いよいよ来週から平成20年度合格者の実務補習がスタートですね。
班によっては、メールのやりとりや業界分析が始まっているかな。

1年前、1日目の朝のドキドキを思い出します。

「あー、ここにいる人は全員合格者なんだ」

と、当たり前のことを思って、ちょっと感動しました。


実務補習では、2次試験の事例に良く似た企業が、リアルに存在し、目の前に経営者がいて、見回すと従業員がいる、という状況に飛び込んでいくことになります。

「診断士として役に立つためには、どういう会社に対してどういう助言をすることができなければならないのか」をひしひしと感じ取ることができ、自身の至らない部分にもたくさん気付くことができます。


かなりのハードワークを強いられますが、相手が生身の企業であること、グループワークであることなど、やり甲斐と責任もたっぷりあるので集中力で乗り切れるものです。


今年は新手のインフルエンザが流行っているそうですし、一気に15日間を受講される方は特に体調管理に気を配ってくださいね。



さて、ここからは受験生へのメッセージです。


昨年、実務補習を経験してみて、2次試験と実務補習のいずれにおいても、共通する心構えがあることに気付きました。

「敬意を持って相手の話をていねいに聞く」
「問われたことにわかりやすく正確に答える」
「一貫性と実現性のある改善提案をする」

これらについては、架空の事例問題でもリアル企業の診断事例でも、全く同じです。


先輩診断士による実務補修生に対するアドバイスの多くは、そのまま2次試験の事例に対峙する受験生へのアドバイスとしても有効です。

「敬意を持って相手の話をていねいに聞く」
 → 斜に構えず、しっかり読んで正しく理解する

「問われたことにわかりやすく正確に答える」
 → 与件にある言葉を使って、設問で問われていることについて答える

「一貫性と実現性のある改善提案をする」
 → 設問間の一貫性を維持してわかりやすく書く



受験生の方も、ぜひ実務補習に関するアドバイスや体験談などにも触れるようにしてみてください。

モチベーション向上以外にも、答案作成のためのヒントを見つけることができるかもしれませんよ。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-23 12:30 | 実務補習 |
2009年 01月 21日 |
はじめまして、再現答案担当のkazu0gooです。

"ふぞろい"には初参加となります。※実は"80分間"の時も参加していましたが・・・。

どうぞよろしくおねがいします。

今回自分が担当する再現答案のパートは、答案分析と並んで"ふぞろい"の定番コンテンツ
となっていますが、さらに改善を重ね、中身の濃い内容を受験生の皆様にお届けできるよ
う、熱い議論を重ねていきたいと思っています!

今までにないコンテンツも記載する予定なので、是非ご期待ください!!

話は変わって・・・

参考になるかどうかわかりませんが、この時期の私の受験生としての過ごし方を振り返っ
てみます。

私の場合2次試験に5回も落ち続けたもあり、特に去年の今頃、モチベーションが相当落ち
込んでいました。

そこで私がとった行動は、「なぜ診断士に合格したいのか?」「診断士に合格したら何を
したいのか?」といったことを、(妄想(笑)も含め)、最初に徹底的に考え抜きました。
モチベーションが回復するまで、勉強は一切しませんでした。

2週間ほど徹底的に考え抜いたことで、自分なりに結論も出、一年間頑張り抜くだけの気力
が沸いてきました。

受験生の皆様も、今年再挑戦する前に是非一度、合格の目的を再認識して見てください。
具体的にノート等に書き留める、周りに公言するなどを行うと更に効果があがるはずです。

これを一番最初にやっておくかどうかで、この1年の受験に対する取り組み方が変わってき
ますよ!

あと、この時期、体調だけは崩さないように、気をつけてくださいね!

では、頑張ってください!!


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 01月 20日 |
みなさん、はじめまして!
企画担当のReiパパです。
平成20年度二次試験に合格し、今回ふぞろいプロジェクトに参加することになりました。
よろしくお願いします!

企画担当の役割は、再現答案や答案分析以外の
特集記事・アンケート・コラム等を企画・校正することです。
今回企画担当になったメンバーは、
初対面から共通目的を共有でき、お互い貢献意欲が高く、
活発なコミュニケーションを得意とする熱いメンバーが集まりました。
全員、今年再チャレンジする仲間たちへのエールを送ろうと張り切っています。
「2009年ふぞろい」を期待してください!

さて、この時期。
大事な時期だとわかりつつも、波にのれない受験生の方々もいるかと思います。
そんな方々は一年間自分を支えるスローガンを考えてみてはいかがでしょうか?

ぼくは昨年の年初、一年間のスローガンを立てました。
 「一滴の力も残さずすべてを絞りつくす」
というものです。
これは、ある日本人メジャーリーガーがテレビの対談で発した言葉です。
このスローガンを一年間拙ブログのトップページに掲載しました。

昨年一年間投げ出したくなったこともありました。
その度にこのスローガンを目にしました。
応援してくれている人たちの顔を思い浮かび、
とにかく悔いだけは残さない、
自分の力を絞りつくすことこそが、応援してくれている人たちへの恩返しである!
と自分にムチをいれました。
模試等でB判定以上を取ったことがないにもかかわらず、この結果を残せたのは
応援してくれている人たちへの感謝とこのスローガンのおかげだったと思ってます。

二次試験は"1点"で明暗が分かれる厳しい試験です。
自分のモチベーションを高く維持するために、
自分の心を熱くするスローガンを考えて
一年間を乗り切ってはいかがでしょうか!?

がんばってください!
応援しています!!

*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-20 06:57 | 特集 |
2009年 01月 18日 |
こんにちは、トーキチローです。
前回に引き続き、実務補習に参加される皆さんに向けた話題です。

実務補習では、多くの実習班で初日の午後に診断先企業に出向きヒアリングを行うことになります。
その際に気をつけていただきたいことが、「傾聴」です。

私は、話を「きく」行為には以下の3段階があると思います。
①聞く・・・相手の発する言葉をそのまま受取る
②聴く・・・相手の発する言葉の真意を感じ取る
③傾聴・・・相手の発する言葉の真意を感じ取りプラスαの言葉(情報)を引き出す

ヒアリングでは、限られた時間で必要な情報を診断先の社長から聞き出さなくてはなりません。

社長の話に対して、心を傾けて真剣に聴くと同時に、例えば相槌を打つ・深くうなづく・身を乗り出すなどというボディーランゲージとともに「なるほど」・「えっ、そうなんですか」というような言葉によって、話し手の「もっと聞いてほしい」・「ここを聞いてほしい」という気持ちを喚起し共感できれば、想定以上に内容の濃いヒアリングができると思います。

私は、法人営業チームのリーダーとして中小企業の社長にお話を聞く場合が多いんですけど、その時に注意しているのが「傾聴」です。
ひとは、自分を理解してくれる(くれようとする)人により多くの情報を与えてくれます。
社長の話に真摯に向き合ってください。

これが、あなたの診断士としての実質的なデビュー戦ですね。
心配事も多いでしょうけれども、このステージに立ちたくても立てなかった仲間の分まで存分に悩んで・議論して有意義なものとして下さい。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-18 09:13 | 実務補習 |
2009年 01月 17日 |
こんにちは、トーキチローです。
今月末から実務補習が始まりますね。
今日は、実務補習に参加される皆さんに向けた話題です。

多くの場合5~6人で1班となって診断実務に当たりますが、ここで同じ班になった人とはその後も定期的に集まって情報交換をしたり、実務補習後もそのままチームを組んで診断を行う班もあります。

このように、今後診断士活動を行う上で重要なポジションを占める同じ班の人とは、いい形でスタートを切りたいですよね。

突然ですが、バーナードの「組織の基本的要素」って覚えていますか?
①共通目的
②協働(貢献)意欲
③コミュニケーション
でしたね。

診断先の企業に少しでも良い提言を行いたいという「共通目的」を意識し、「コミュニケーション」が活発になるのは良いのですが、時としてアツクなりすぎて、最初は意識していた「協働意欲」が無くなって「勝手にしろ」って状態になることがあります。

特にメーリングリストでやり取りしているとこの傾向が強くなりますので、そんなときは会って実際に話をしたり、電話で話すことをお勧めします。
コミュニケーション能力は口述試験で試されているはずですが、相手を思い遣るこころを持ってコミュニケーションすれば診断チーム(組織)は素晴しいものになると思います。

今回は、同じ班の中のコミュニケーションでしたけれど、次回は診断先企業の社長とのコミュニケーションについてお話します。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-17 09:42 | 実務補習 |
2009年 01月 16日 |
俊です。

今年もふぞろいな合格答案のPJが本格的に始動しました。
今年の合格者が中心となって、これから数ヶ月で製作をしていくことになります。
例年通りであれば、実務補修期間中もコツコツと作業をしていきます。昨年、経験しましたが、やはり非常に大変でした。
それでも、熱い思いを持ったメンバーに引っ張られながらやり抜いた感じでした。

今改めて、「80分の真実」から歴代の本を読み直してみると、毎年何らかの特徴を出そうと知恵を絞り、それこそ様々な形で表現しています。
その年の受験生、特に合格者の”色”みたいなものが本に出ていると思います。
プレッシャーをかけるわけではないですが、今年のメンバーがどういう新しい要素を盛り込んでくるのか、非常に楽しみです。

一方では、変わらず一貫してしている部分もあるのではないかと思います。
共通して見えてくるもの、それが一番大切なものなのかもしれません。

本の内容ではないのですが、この本のスタンスも引き継がれていると感じています。
実際の再現答案やその年の受験生にアンケートなどで聞いたことを元に、受験生が知りたいことを、受験生の目線で分析したり、確認しながら書いていくという点です。
今年もそのスタンスは、引き継いでいますし、それが「ふぞろいな合格答案」が他の診断士2次の参考書と違う点だと思います。

今年も乞うご期待ください。

*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-16 00:21 | その他 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon