ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 11月 27日 |
こんにちは、トーキチローです。

去年の私は、事例Ⅳの失敗で不合格を確信して試験後はなにもやる気が起きませんでした。
各校で開催される口述対策セミナ―にも参加せず、2次試験後の3日間で作った再現答案を合格発表1週間前に受験校にこっそりとメールだけしておきました。

発表当日、合格の報告を受験校にした時の先生の第一声は、おめでとうではなく
「えーっ、合格したの」でした。
受験校の先生の間では私は不合格の予想だったんですね。

ところで、各受験校で口述対策に発行している想定問答集はかなり使えますよ。
筆記試験に合格したらすぐに口述試験ですので当然ですが、来年2次試験を受ける受験生の皆さんにもメリットあります。

2次対策をするときにほとんどの受験生は模範解答集を使うと思いますが、口述対策用の想定問答集には模範解答集では気付かない「この事例でそんな質問あり?」って言う視点の想定問題が載っています。
模範解答集だけで2次対策をするよりも、事例を検討する視点が広がりますよ。
診断士の勉強を始めたばかりの受験生も、先輩受験生から口述試験用想定問答集を入手されることをお勧めします。

あっ、ふぞろいな合格答案もかなり使えますから、「ふぞろい+模範解答集+口述用想定問答集」での2次対策がお勧めです。

発表を控えている受験生の皆さん、やる気の起きないとき、現実逃避したいときは心の赴くままにするのが一番です。
今の時点で無理して口述対策をする必要はありません。
その気になれば1週間で十分対策はとれますから。

*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始しています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2008年 11月 25日 |
こんにちは、Noirです。

いよいよ2次試験の発表まであと10日となりました。
受験された皆さんは、とても不安定な心理状態が続き、さらには高じて、
居ても立ってもいられない日々を過ごしていると思います。

僕もそうでしたが、この試験に合格するためには避けて通れない「洗礼」ですので、
したくてもできない経験として前向きに捉えましょう。(難しいでしょうが・・・)

この期間、まったく試験のことを考えずに好きなことにするもよし、
口述対策で事例を読み込むもよし、と思います。

でも、どちらもなかなか気分が乗らない、と思っている人も多いでしょう。
そんな人は、この時期こそ「事例参考書」といわれる本を読み込んでみてはいかがでしょう?

僕は、とてもオーソドックスですが、昨年のこの時期に下記の本を読み込みました。
事例Ⅰ: 「経営をしっかり理解する」岩崎尚人著
事例Ⅱ: 「スモールビジネス・マーケティング」岩崎邦彦著
事例Ⅲ: 「ザ・ゴール」「ザ・ゴール2」エリヤフ ゴールドラット著
事例Ⅳ: 「意思決定会計講義ノート」大塚宗春著

Ⅰ、Ⅱは既読のものを再度読み込み、
Ⅲ、Ⅳは試験前に気にはなっていたものの手を出せずにいたものを買い求めました。

その結果、すべての本について重大な発見があり、
それが合格後の実務補習や、勉強会における後輩へのアドバイスにとても役に立ちました。
もし昨年不合格だったとしても、再挑戦への大きな手がかりになっていたと思います。

今、合格発表を待っている人たちはとても感受性が高まっているはずです。
また、試験を離れて客観的視野を持てる状態にもあります。
だから、上記の本に限らず、関連書籍の読み込みにより、
スポンジのように要点が頭に入ってくると思います。

もうひとつ、もし時間があればお勧めのことがあります。
明日(11月26日)から3日間、
東京ビッグサイトで「中小企業総合展」が開催されます。(下記URL参照)
http://sougouten.smrj.go.jp/

ここには、全国から勢いのある中小企業が集結するので、
「生きた事例」を直接見聞することができます。
また、中小企業庁等が発行する各種ガイドブック等をまとめて入手できます。

僕も昨年半日ほど出かけて、くじけかけたモチベーションを高めてきました。
ご都合がつくようなら、ぜひお出かけください。



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2008年 11月 21日 |
こんにちは。円谷です。

そろそろ合格発表が近づいてきました。
受験された方は、待ちに待ったといったところでしょうか。

さて、合格すると次に待っているのは口述試験です。

私も非常に緊張しましたが、
例年どおりであれば、落ちない試験だと思います。

私の場合は、11:00ごろの集合だったのですが、
受験指導機関が会場の前で、
出題問題のアンケートをしており、その内容が閲覧できました。

出題された問題を、その場で把握することができるのです。
非常に安心しました。

そして、そこで見たものが、そのまま出題されました。
もちろん無難に解答できました。

朝一番の受験生は不利で、後半の受験生は有利な試験といえます。
このこと自体が、不思議です。

差をつけて評価するつもりはないと、私は考えてしまいます。
つまり、基本的に誰も落ちない試験だと思います。

といっても緊張はします。
また本年より大きく変更になるかもしれません。

ですから、準備はしたほうがよいと思います。

しかし、めったにない緊張の場と思って、楽しむ余裕があってもよいと思います。
(もちろん自己責任で!!)

皆さんのご健闘を祈ります!

*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始しています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項

皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2008-11-21 00:50 | その他 |
2008年 11月 17日 |
こんにちは、ぼにいです。

今年2次試験を受けられた方にとって、中途半端で気持ちが落ち着かない日々が続いていると思います。

今の時期、再現答案作成をほぼ終えて、受験校の模範答案や、他の受験生の再現答案を読みながら、一喜一憂(憂うことが多いと思いますが、ほとんどの方はそうですよ)されている時期だと思います。


去年の私も、「あそこ失敗したなぁ」「どうして、あの制約を読み飛ばしたんだ」と悪いところばかり気にしていました。

受験校の模範答案には、独自の解釈であったりかなり高度なものなど、それぞれのノウハウが活かされたレベルの高いものが少なくありません。

納得したり感心したりはしますが、自身を振り返ってみて、「そういう高度な答案が試験当日に書ける自分」に到達する日がいつになるのかを考えると、気が遠くなると思います。



そんな今、おすすめするのは「パーソナルベスト答案」を作ることです。

ここでいう「パーソナルベスト答案」とは、もう一度、しっかり時間をかけて試験問題と向き合って、今の自分の理解力や表現力をフルに活用して作成できる答案のことです。

各受験校の模範答案・口述試験対策資料、さらに中小企業診断協会から公表される出題の主旨を集めて事例ごとに整理し、共通点や相違点に注目しながら、自分が理解できる内容、自分が書けそうな答案をひとつ作ってみてください。

もちろん、試験当日に書いた答案内容と違っていてもOKです。

プロセスの中で、こういう考え方もあるのか、こういう切り口もあるのか、といろいろ気付くことがあるハズです。

こういう気付きを頭から否定したり、逆に無条件に乗っかったりするのではなく、まずはひろく受け入れながら吟味してください。

そうしながら、自分としてはどういう答案に仕上げていくのが、自分の身の丈にあっているのか、どういう答案ならロジックを理解して他人にも説明できるのか、といった視点で、自分と対話しながら絞り込んでいきます。

口述試験、来年の受験、どちらにも役に立ちます。
合否にかかわらず、ぜひお試しください。


これから2次試験の勉強を始められる方であれば、まずは平成19年度の問題・模範答案・出題の主旨を集めて、さらに「ふぞろい」をデータとして使っていただけると、さらに効果が高まると思いますよ。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始しています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項

皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2008年 11月 13日 |
おはようございます。takeshiです。
合格発表まであと3週間ちょっととなりました。

再現答案を作られて受験校の解答例を参考に分析されている方や、結果がでるまでは何もしないと決めている方など、この時期の過ごされ方は様々でしょうね。勉強を継続するにはいまひとつモチベーションが上がらない時期だと思います。

さて、そんな時期だからこそ是非取り組んでいただきたいことがあります。それは、「長期的・大局的な視点から自分を見つめ直す」ということです。比較的時間に余裕がある時期だからこそ、「自分はなぜ診断士の勉強をしているのか?、合格したらどういう形で診断士として活動したいのか?、実務補習や診断実務に従事する際に今の自分に足りていないのは何か?」、などをぼんやりとでも良いので考えてみることをお勧めします。

試験のための勉強をしていると知識はどんどん抜けていきます(私も1次試験の知識はかなり忘れてしまいました)。ですが、じっくり鍛えた論理的思考力や経営全般を俯瞰出来る視点は実務補習や診断実務には必須ですし、今のお仕事でも活かすことが可能だと思います。単に資格を取得するためではなく、そもそもの目的を達成するために今まで学んだことを活かせるよう、ここで原点に返ってみるのはいかがでしょうか?

*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始しています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項

皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2008-11-13 08:38 | その他 |
2008年 11月 11日 |
皆さまお久しぶりです! ととです。
合格発表まで1ヶ月を切りましたね。
再現答案作成は済みましたでしょうか?
口述試験には絶対必要だと言われていますので、
まだの方もこれだけはがんばって作ってくださいね。

また、ちょっと宣伝になりますが、
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始しています。
私も受験生時代、旧ふぞろいの「80分の真実」にはずいぶん助けられました。
よかったら来年の受験生のためにあなたの答案を送っていただけると
とても嬉しく思います。


ところで、皆さまどんな日をお過ごしでしょうか。
すぐに来年の再受験の準備を始めた方もいらっしゃるようですが、
(どうか徒労に終わりますように!)
意図的に?家族や友人と過ごす時間を作っている方たちの
お話を聞いてちょっと嬉しくなりました。

最大のステークホルダーであるご家族や友人へ
ありがとうを伝える「時間」が一番ある時期は
今だと思うからです。

あなたが受験勉強に専念していた時、
あなたが少しでも勉強出来る環境がつくれるよう心を配り、
受験前にあなたの合格を心から応援してくれたのは
ご家族や友人でしたよね。

そして今もあなたの合格を信じて一緒にどきどきしてくれているはず。
誰もがちゃんと感謝の気持ちを伝えたい、と思っていますよね。
でも今は気持が落ち着かなくて余裕がないかも。。。
なんて思っている方もいらっしゃるのでは?

ところが。。。
合格してからゆっくり恩返し、なんて思っていても
合格後は思ったより忙しいです。

2月から始まる実務補習、対象日は15日間ですが、実際は1ヶ月以上拘束されます。
ようやく実習が終わっても、新しい診断士活動がたくさん待っています。
もちろん参加は本人の意向次第ですが、
診断士のネットワークは足し算ではなく掛け算で広がってゆきます。

私の友人は奥さんに「合格してからの方が家にいないね☆」と言われたそうな・・・。

合格発表までが「嵐の前の静けさ」だとおもって
あなたのステイクホルダーへの「ありがとうの気持ち」を
たくさん伝えて下さいね。

それがきっとあなたにも幸せを運んでくれるはず!



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2008-11-11 01:33 |
2008年 11月 04日 |
皆さん、こんにちは。
レスラーです。

2次試験が終わって約2週間が経過し、各予備校では解答説明会が行われていますが、出席された方も多いのではないかと思います。
私も昨年、3校の説明会に出席しました。

各校で共通している解答もあれば違った部分もあって、その解答を導き出すプロセスや視点の違いは興味深いものでした。
それと同時に自分の解答との比較で一喜一憂しても仕方がないということがよくわかりました。

大切なのは、なぜ、そういう解答を導き出したかが論理的に説明できることだと思います。

12月5日(金)に2次筆記試験の合格発表、それから1週間余り後の14日(日)には、口述試験があります。
ご存知の通り、口述試験では2次試験で問われた問題に関連する内容について質問されることになりますが、是非、再現答案を作成し、論理的に説明できるよう事前準備をされておくことをお勧めします。

万が一、今回の2次筆記試験が残念な結果に終わってしまったとしても来年度の試験にもつながりますし、何よりコンサルティングの実務を行うにあたっては非常に重要なポイントになります。

2次試験に合格後は、診断士登録に向けての実務補習あるいは実務従事を行うことになります。
いずれにしてもクライアントに対するコンサルティングレポートをまとめ上げることになるので、ここでもクライアントの腹に落ちる論理的なアウトプットが必要になります。

私も今年の2月に実務補習を経験しました。
そこでの経験もさることながらお世話になった先生や研修生との出会いは、私にとって貴重な財産になりました。
そこから人的ネットワークが生まれ、いろんなスペシャリティを持った方々と知り合うこともできました。
私の場合、企業内診断士ですので、診断士としての活動は主に週末を充てています。
正直、受験生の時よりも自由な時間が持てなくなってきているかもしれません。
体は少々きついですが、広がるネットワークの中で、良い刺激を受けながらなりたい自分に近づいているという実感はあります。

皆さんが合格し、診断士活動のフィールドでご一緒できることを願っています。

最後になりますが、作成した再現答案は是非、来年の受験生へ向けた『ふぞろいな合格答案』へ活用させてください。

よろしくお願いします。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2008-11-04 18:19 | その他 |
2008年 11月 02日 |
みなさま、こんにちは。ナンシーです。

「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を開始いたしました。
どしどしお願いします!

本試験終わったばかりですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
ナンシーの周辺の受験生のみなさんは、来年に向けて再始動、のんびり自由時間を楽む、
本試験の振り返り・読み込みなど、それぞれ思い思いの過ごし方をしてます。

ナンシー自身は、昨年の試験後は完全オフに入ってました。
再現答案を作成し、自分のブログにUPすることで皆様に報告し、
お世話になった予備校の先生にも提出し、ふぞろいにも投稿し、
そのあとは、全力で遊んでいました。
「海の見えるカフェに行って、なーんにもしない時間を楽しんだり・・・」、
何もしないという時間の過ごし方を貴重に感じたり(笑)

あとは受験生仲間とも頻繁に会ってました!
一緒に勉強した人たちとのつながりは今でも大切。
少しずつ開始した診断士活動の中でも受験生時代からの同士の存在は貴重だったりします。

みなさんもぜひ充実したオフをお過ごしくださいね!
試験に直結しなさそうに思える本であっても、じゃんじゃん読んでください。
意外なタイミングで活きてくるかも知れないですYO!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2008-11-02 23:13 | その他 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon