ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
カテゴリ:合格者再現答案( 16 )
|
|
2010年 05月 10日 |
再現答案チームの、げんたです。



さて、受験生のみなさんに質問します。


人は、何のために生きるのでしょうか?



その答えは、わたくしとしては、「幸せになるため」だと思っています。

では、幸せになるために、何をすればいいのでしょうか。



幸せになるために、「自分さえよければいい!」という考えの方もいらっしゃいます。

でも、そのような考えをもつ方が大成した事例って、歴史上、あったのでしょうか。



例えば、太閤豊臣秀吉。

天下を統一するまでは、人たらしの天才として、天下統一という形で世に平和をもたらすために尽力しました。

結果、あれだけ乱れていた天下を統一し、太平の世を築く礎となりました。


が、天下を統一し、刺激がなくなり、愛息秀頼が生まれた後がよくありません。

どうしても、我が子のため、そして豊臣家存続のためにしか行動できなくなってしまい、秀吉没後たった10年ほどで、豊臣家は滅亡することになってしまいました。



最近では、○○エモンさんなんて、典型的な例かもしれませんね。

自分さえ億万長者になれば、なんでもできる!と考え、結果、逆風が吹くと仲間にまで裏切られ、塀の中の人になってしまいました。



自分が幸せになるためには、まず、自分が幸せを与える人にならなければ、真の幸せを得ることはできないのではないでしょうか。

世の中、「与える人に、与えられる」ようにできているように思います。



診断士資格も、同じだと思います。


診断士になって、自分さえ偉くなればいい、みたいな考えの人は、なかなか診断士になれないし、もし運よくなれたとしても、たいしたことできないように思います。

診断士になって、このライセンスを活かして、世のため人のために貢献する!
といった「志」がないと、なかなか取れる資格ではないし、取ったところで、たかがしれているのではないでしょうか。



ですから、ふぞろいを読まれるみなさまも、ぜひ、診断士になって、誰をどう幸せにするのか、具体的に考えてくださいね。

このような考えをもつ人が、失敗するわけありません。


「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
 成功するところまで続ければ それは成功になる。」

松下幸之助さんのお言葉です。

ぜひ、「高い志」をもって、診断士試験にチャレンジしてくださいね。



最後に、マザーテレサの言葉を贈ります。

「世界平和のために何ができるかですって? 家へ帰って、あなたの家族を愛しなさい。」



周りを愛せる人に、失敗なんて、起こるわけありません。

何が起こっても、それは、成功するための試練です。
乗り越えられない試練を、神様はみなさんに与えてきません。



いまは、勉強続きでしんどいと思います。

でも、家族の支えがあるから、勉強できる。

「勉強できる環境に感謝し、合格したら、家族に、そして世の中に恩返ししよう!」

こんな清々しい気持ちで、8月、そして10月まで、勉強を鋭意継続してくださいね。

心より、応援しています!



#こんなことを、ふぞろいにも書いています。
 
 6月中旬の発売を、お楽しみに!


 げんた
f0170728_18441152.jpg

f0170728_18444133.jpg

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 05月 07日 |
再現答案チームのkitaggioです。

GWも終わってしまいましたが、お休み中はどのように過ごされましたか。

「診断士試験の勉強をたっぷりした」という方が多いかもしれません。
GWで貯金ができたかも知れませんが、油断せずに、もう一度、気合を入れ直しましょう。

診断士試験の勉強で大変なのは自分だけではありません。
友人、恋人、家族など、自分を応援してくれている人も大変です。
自分が勉強している間、遊びたい気持ちを我慢してくれています。
そんな仲間のために、ここでもうひと踏ん張りです。

ところで、2次試験の準備はもう始められましたか。
「1次試験が終わるまでは2次試験のことなんて考えられない」という声も聞こえてきそうですが、2次試験は、過去の試験と同系統の論点の問題が出されることがあります。

1次試験終了後に、2次試験に向けた学習をきれいにスタートさせる意味でも、
「ふぞろい」を読んでみてはどうでしょうか。

「ふぞろい」では、合格者の再現答案だけでなく、答案作成のプロセスや試験当日の80分間の体験談も書いてありますので、1次試験の勉強の合間に、是非読んで頂けたらと思います。


---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 05月 05日 |
こんにちは。
再現答案チームのLeoです。

今年のGWは天候にも恵まれ、とても過ごしやすかったと思いますが、あとわずかとなりました。

勉強三昧だった方、計画的に課題を消化できた方は、この調子でぜひ頑張ってください。

一方、仕事等で思い通りに勉強できなかった方もいると思いますが、
スキマ時間を活用しながら、何とか勉強時間を捻出いただき、最後の最後まであきらめずに頑張ってくださいね。

さて、ふぞろいプロジェクト再現答案チームが担当致しました第3章は、
9名による、「ふぞろいな再現答案」を掲載させていただく予定です。

2次試験に向けては、さまざまなアプローチがあると思いますが、
以下の内容を把握することがとても重要だと考えています。

・80分で書いた答案とは、どのような内容・レベルの答案なのか?

・事例毎の80分間をどのように過ごしたのか?

・効果のあった勉強方法とは?

受験生のみなさまのお役に立てるように、再現答案チームでは、
上記の内容以外にも、さまざまな情報をご提供させていただく予定です。

発売まで、今しばらく、お待ち願います。

ふぞろいプロジェクトは、受験生のみなさんを応援しています!

以上

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 05月 03日 |
こんばんは。再現答案チームのヒロシです。

GWもあと2日。GW中に模試があった予備校もあるようですね。
模試を受けられた方、4事例お疲れ様でした。

さて、ふぞろいな合格答案エピソード3の第3章「ふぞろいな再現答案」では、
合格者の再現答案と合わせてそれぞれの勉強方法も掲載する予定です。
2次試験で必要とされる力は幅広いですが、合格者がどのような狙いで、
どのような勉強方法をしてきたか、紹介したいと考えています。

2次試験の勉強は「量より質」と言われます。
ふぞろいな合格答案エピソード3を、
勉強方法を見直すきっかけにしていただければと思います。

発売までもう少し。楽しみにしていてください。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 05月 01日 |
こんにちは
再現答案チームのけんしろーです。

いよいよGW突入ですね。去年はこの期間で自分の力の現状分析と
今後の課題の明確化を図りました。みなさまもGW明けに焦ら
ないように、ぜひ納得のいく過ごし方をしてください。

さて、今週以降はしばらく再現答案チームからの情報発信をさせて
いただきます。よって今日は本の「第3章 ふぞろいな再現答案」
に関しての紹介です。

今年は9人の再現答案を載せています。しかも昨年より更に
ボリュームアップを図り、全員の「80分のドキュメント」
もセットにしています。各答案が生み出された当日の背景を、
ライブ感覚で味わっていただけると思います。

また、9人は「年齢、性別、職業、学習経験等」本当にふぞろいな
メンバーが揃っています。きっと、読者のみなさまのニーズをかなり
広範囲にカバーできているはずです。

本の制作過程では、チームメンバー相互に原稿のチェックを行いました。
その中であらためて感じたことがあります。それは再現答案だけでなく
2次試験に対するアプローチが本当に様々であることです。自分が受験生
の時に知っていたら、きっと取り入れていたであろう取組みも多々
ありました。

第3章は合格者の再現答案が核となる章ですが、その解答プロセス、それに
付随したノウハウや情報も満載です。

本の発売までもう少しお待たせすることになりますが、ぜひご期待ください。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2010年 04月 29日 |
皆さん、

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

再現答案チームの異端児です。

早いもので、今年もゴールデン・ウイーク(GW)、日本語だと黄金週間がやってくる時期となりました。

受験校の二次試験の模擬試験やセミナーも本格的に始まり、受験勉強もエンジンがかかってきますね。

また、中小企業白書の内容も閣議決定され、WEB上で既にアップされ、出版されることになっています。

個人的には、一次試験と二次試験の試験問題は、試験の年度に出版される中小企業白書の方向性や内容を踏まえて作成されている、考えていますので、これから、急ピッチで、作問の詰めになるのでしょうね。

さて、合格者の再現答案を読んでみると、表面的な書き方は、違っていても、的・ストライクゾーンを外していることが少ないこと、問われたことを素直に応答していることが多いこと、に気づきます。

そして、何よりも、「中小企業診断士として、事例企業を診断したので、私の診断報告書を是非、診て下さい」との積極的なメッセージが伝わってくるような気がしています。見方を変えれば、残念ながら、不合格となった方よりもほんの少し、合格したい、受かりたい、との強い思いが強かったのではないでしょうか。

五月末頃に発売される予定のふぞろいな合格答案シリーズの第三回目となる本には、80分でもがいて作成された再現答案ができるまでの経緯、当日までの努力と苦闘がつづられているはずです。

是非、手にとって眺めた後、購入し手元に置いて頂いて、80分で到達できる解答のひとつの道しるべにしてぼろぼろになるまで、活用して頂きたい、と思っています。

ふぞろいメンバーもこれからセミナー等を開催することもあると思いますので、その際は、皆さんも、ふるって参加して頂ければ、と思います。

「努力が報われないことはない」との言葉を信じて、継続的に努力し、10月末の二次試験を受験して12月の発表で栄冠を手にしましょう。

さまざまな理由で、初受験から合格まで25年かかった異端児でした。

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 03月 02日 |
こんにちは、再現答案チームのワカシです。

1次試験まで半年をきりました。受験される方は、試験日までの計画をしっかり立てて、7科目をまんべんなく進めていってくださいね。1次試験では、財務会計を継続的に繰り返し学習することと、法務と中小政策を6月くらいから効率よく暗記していくことがポイントになるのではないでしょうか。

さて、診断実務補習の中、ふぞろいの制作も大詰めに入ってきました。読者の視点で、多くの議論を交わすことを通して、受験生の心に響く作品に仕上がってきていると感じます。2次試験を初めて受験する受験生も、受験経験はあるけど自信がない受験生も、受験歴は長いけど不安が残る受験生も、どんなタイプの受験生にも役に立つ充実した内容になっています。また、過去のふぞろいシリーズにはない新企画も満載です。

これから制作プロジェクトメンバーが最終原稿の仕上げに入っていきます。メンバーの情熱と合格エッセンスがぎっしり詰まった本の出版を楽しみにしていてくださいね。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2009年 02月 04日 |
みなさん はじめまして!
再現答案チーム はっちゃんです。
今年、初参加となります。よろしくお願いします。

受験生のみなさんは、今までに、診断士試験の合格者と直接
試験勉強についてお話されたことってありますか?

例えば、同じ会社に合格者がいたり、勉強会に参加されていたり、
という方は、直接に合格者にどうやって勉強してきたのか、などの
話を聞くことってあるかもしれません。

受験校に通学されていて、合格者の講師の先生とはお話をされた
ことがある方もいるかもしれません。

でも、でも、日本中(もしかすると海外駐在の方も、かな??)の
受験生の中には、受験仲間もいない、合格者を見たこともない、
なんて方がいるんじゃないかなって、再現答案チームでは考え
ました。

そんな全世界の(ちょっとオーバーかな(笑))、受験生の皆さんに
私達が合格できた秘訣をお届けしたい、と思っています。

今年も、合格者 9名が、再現答案チームとして、
どうして2次試験の日に合格できる答案がかけたのか、
をお届けできるように執筆中です。

受験生の皆さんに少しでも役立つ情報をお届けしたい、って考えています。
こんなこと知りたい、こんなことに悩んでいる、などなど、アンケートも実施していますので
ぜひご要望をお寄せください。

まだまだ寒い日が続きますが、風邪など引かないように、勉強頑張って
くださいね。

応援しています!!


こちらへのポチもご協力をお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2008年 10月 26日 |

平成20年中小企業診断士2次試験を受験された皆様へ                 

ふぞろいな合格答案編集メンバーよりお知らせです。
来年も「ふぞろいな合格答案」の出版を予定しております。
今年に続き、本書内にて、皆様の再現答案の分析を行う予定です。

そこで、皆様ご自身の再現答案を是非ともご活用させていただきたいと考えています。
来年の受験生のため、有効なアウトプットをご提供するためには、
1枚でも多くの再現答案が必要ですので、何卒皆様のお力を是非ともお貸しください。

なお、お送りいただいた皆様には、ご希望により、本書に名前又はニックネーム、
及び、ブログのアドレスを掲載させていただきます。
また、残念ながら、来年以降再挑戦となられた方には、本書発売前に
編集メンバーによる再現答案へのアドバイスを送付することを予定しています(春頃)。
何卒よろしくお願いいたします。
合格発表前に送付いただいた方には、合格発表後に改めて編集メンバーより
合否、得点区分を確認させていただく予定です。

●お送りいただく内容
 ①原稿(データ:ファイル形式問わず(txt,word,excel等)
 ②その他の情報(下記に掲載)

●送付先アドレス(兼 お問合せ先)
 fuzoroi2009-saigen@yahoogroups.jp

●期限
1次締切 2009年1月9日(金)
2次締切 2009年1月30日(金)

●お送りいただく原稿とあわせて必要な情報

-----------------------
【必須情報】
 ①お名前(匿名も可)
(          )
 ②メールアドレス(ご質問等必要な場合がございます)
(          )
 ③各事例の評価※(合格・A・B・C・D)
(事例Ⅰ:  Ⅱ:  Ⅲ:  Ⅳ:  総合:  )
※合格発表前に送付いただく方は空欄でお願いします。
 合格発表後に編集メンバーより合否、得点区分を確認させていただく予定です。

 ④再現答案掲載の可否
 (否の場合は分析のみに活用させていただきます)
(可・否)
 ⑤お名前などの掲載の可否
(可・否)

【任意情報】
 ⑥本に掲載する名前又はニックネーム(④が「可」の場合のみ)
(          )
 ⑦本に掲載するブログアドレス(④が「可」の場合のみ)
(          )
 ⑧本書への意見
  (こんな企画をしてほしい! ここを改善したらいい!など
   ぜひ本書へのご意見をください。できる限り反映していきます)

 ⑨診断士川柳
  診断士やその勉強をネタとした川柳を募集します。
  不適切なもの以外は、全て本書に掲載させて頂きますので、
  ふるって、応募ください。
(          )
 
-----------------------
※各事例の評価は、12月に診断協会より送付される得点区分です。


以上よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
2008年 08月 24日 |
みなさん、こんにちは!

ナンシーです。

「ふぞろい」を片手に勉強されている方をみかけると、うれしくて仕方ありません。と同時に、自分の再現答案がどのように活用されているのか、気になってしまったりもします。

ということで、普段は心の中でやっている(いえ、勉強会では披露していますが)自己ツッコミのポイントを1つ書いてみたいと思います。

自己採点によれば ←これは大前提です!
4事例の中で、最も間違った方向で考えてしまったのは事例Ⅲです。
試験終わった少しあとに、間違ったことだけは自覚してましたので、合格発表後は、生産と財務に絞って口述対策をやっていたくらいです(笑) 
(ちなみに財務は計算問題、撃沈でした)

では、何がいけなかったのか、一言で言うと「顧客志向の欠如」です。
この点に気づいたのは、なんと口述試験開始直後です。
2次試験で解いている最中は、「代理店対策どうしよう、設備導入どうしよう、新規事業どうしよう???」と、目が回ってしまってて・・・。 ←言い訳!
でも、逆に「顧客志向」を大切にしていたら、あんなに迷ったり、結果として違った方向で解答を書くことになはならなかったかもと思えてきます。

そして予想通り、口述試験では事例ⅢとⅣが問われました(予想的中!)
最初のお題がまさに、「なぜ代理店の売り上げが伸びているんですか?」でした。この時点でもまだ題意を把握していなかったので、質問の意図が理解できずに、「え?」という表情をしてしまいました。心の中で「そんなこと与件文に書いてあったかしら?」と直前まで読み込みしてた与件文を思い出そうと、半分パニック。
その後、「なぜ、お客様はC社ではなく、代理店に注文すると思いますか?」と言い換えてくださりました。この瞬間、顧客志向を失っていたことに気付きました。頭をガツンと殴られたかのような衝撃を感じました。

ちょっとひねくれてますけど(笑)
Go Easy Nancy解答の活用法のひとつとして、”顧客志向が欠如しているとこんな解答になる参考例”として捉えていただくとよいかもしれないです

「じゃ、顧客志向で考えたら、どんな解答になるんだ?」
というのは、みなさんお一人お一人の中で考え、答えを準備して、是非当日の武器にしていただければと思います。そんな意味で、再現答案をたたき台に使っていただければ、うれしいです。


あと、この事例の中で、こだわってよかったなと思う点も1点だけ・・・
第3問(情報問題)で、1年前H18年の事例Ⅲを応用できた点です。
毎年のように出題される情報問題に対しての、ナンシーの作戦は、データ管理項目は、C社特有の項目を必ず見つけて、それだけを指摘して、説明するというものでした。
文字数に関係なく、大切そうな項目は何もかも列挙する方法はとらないと事前に決めていました。

採点基準がよくわからないからこそ、自分が診断士として社長さんに何を言うか?言えるのか?にこだわって、2次試験に向けてたてた作戦でした。作戦を考えるとき、過去問はとてもいい材料になると思います。といっても、この作戦内容がよかったどうかは今もわかりませんが、こだわって作った作戦を、実践できた点がよかったかなと思っています(笑)


これから、超超直前期に突入ですが、効き手が痛くて字が書けないときなど、休憩がてら、作戦を考えたり、いつもとちょっと違った視点で自分の解答にツッコミをいれてみたりされては、いかがでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon