ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
カテゴリ:口述試験( 5 )
|
|
2010年 12月 09日 |
こんばんは。
企画&分析チームのみっくです。

いよいよ明日、12/10は2次試験の合格発表ですね。
PCの前で発表を心待ちにしていたことが思い出されます。


さて、2次試験合格のあとは口述試験が待っています。
それまでに準備しておくべきことをみていきましょう。

 ・ 再現答案を作成・確認する
 ・ 「出題の趣旨」を確認する
 ・ 受験予備校の解答など、自分以外の答案をチェックする

これらはすべて、自分なりの「完璧な2次答案」を作成しておくためのものです。

口述試験では2次試験で出題されたA社~D社について出題されます。
どんな質問が来ても、とっさに判断できるように各社の状況を
正確に把握しておく必要があります。
これができたら、次はアウトプットの練習です。

 ・ スーツを準備する
 ・ 練習相手を確保する
 ・ 予想問題を考え、練習相手から出題してもらい、
   きちんと声に出して答える練習をする
 ・ 目配りやジェスチャーなどもチェックしてもらう

当日は緊張もあり、なかなか思うように答えられなくなってしまうかもしれません。
シミュレーションを重ねて、少しでも不安要素を解消しておきましょう。
練習の様子を録音して聞いてみるのも有用ですよ。


しっかり準備をしておきさえすれば、恐れることは何もありません。
私は会場の雰囲気から、新卒のときの就職活動のことを思い出していました。
就職氷河期真っ只中だったので、その時のことを思えば
全然問題ない、ってか、むしろコレ楽しいじゃん
なんて、ずうずうしくも思っていました。


もし、もしも、残念な結果となっていたとしても、
上記の準備は来年のための勉強として実になることは間違いありません。
それでは、なにはともあれ、明日の発表を楽しみに待つとしましょう!


にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-12-09 23:33 | 口述試験 |
2010年 11月 22日 |
みなさん、こんにちは。
大阪から参加の分析チーム 藤原です。

10月24日の2次試験から早いもので1カ月近くが経過しました。
2次の口述試験は12月19日ですので残り1カ月ほどです。
つまり、2次試験~口述試験の間で今がちょうど中間地点の時期にあたります。

この時期の過ごし方については、十人十色だと思いますが、私の経験を振り返ってみたいと思います。悪い面も多くあまり参考にならないかもしれませんが、より良いものにするように自分なりにアレンジしていただき少しでも参考にしていただければと思います。

以下に、私の経験を振り返ります。
2次試験当日は、事例Ⅳで大失敗をしましたので飲み会には参加したものの、敗北感やら挫折感やらで、飲んでも酔えない状態でした。
この日はどちらかというと試験の内容を忘れる事に専念し、来年の事は落ち着いてから考えようとの気持でした。

試験の翌日、翌々日。
1日に2事例ずつ再現答案を作成しました。
来年こそはという気持ちが強く、忘れないうちに要旨だけでも書きとめておこうとの思いで作成しました。

再現答案作成~約1カ月間、つまり今ぐらいの時期まで。
ほとんど机に座ることがなかったような気がします。

今ぐらいの時期から。
万が一、合格している場合に備えておこうという思いと、そろそろ2次の振り返りを本格的に始めようとの思いから、2次試験の復習に取りかかりだしました。

2次筆記試験の合格後は、口述模試等の対策に追われるため、教科書的な復習をする期間はこれからの2週間程度しかできなかったと記憶しています。

私のように、この時期までゆっくりされていた方は、そろそろ重い腰を上げないといけない時期だと思います。
合格発表まであと少しです。もう一息頑張りましょう!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-11-22 00:15 | 口述試験 |
2009年 12月 14日 |
こんにちは、まつあに@企画チームです。

先週金曜日、2次筆記試験結果の発表があり、今年度の試験もいよいよ大詰め。
今週末の口述試験を残すだけとなりました。

次回再チャレンジを目指される方へのアドバイスについては、機会を改めさせて頂くとして、ここでは私なりの口述試験対策Tips集をお送りします。

多くの合格者と同じように私も口述試験は一度しか受けていませんが、昨年受験してみてのアドバイスを4つにまとめてみました。

---
1、事例をじっくり読み込む

口述試験本番では事例を見ることは許されず、試験委員は「頭に全て入っている」という前提で質問してきます。

筆記試験で80分間×4を戦って勝ち残った皆さんではありますが、ここでいま一度、あえて頭をまっさらにして、事例を一言一句まで丁寧に読み込むことをお勧めします。

改めて読み直すことで、「そんなことも書いてあったんだ」という発見が1つや2つあるかもしれませんし。

具体的には、問題用紙を縮小コピー等しておき、通勤時間や昼休みなどを活用してやるとよいと思います。
その際、自分の書き込みやマーキングがあると、それらに引っ張られてしまいますので、各予備校のWebサイトからまっさらな問題用紙を入手なさってください。

2、科目の枠にこだわらずに考える

昨年の私の場合、A社について「新規事業を短期的に成功させるためのアドバイス」、B社について「仲居に権限委譲するうえでの注意点」を聞かれました。

例えば、「人や組織は素晴らしいけど、マーケや営業はまるでダメな会社」、あるいはその逆の会社って、ちょっとイメージできませんよね?

事例問題は便宜上Ⅰ~Ⅳの4分野に分かれてはいますが、この際Ⅰ~Ⅳの枠を取っ払った方がよさそうです。

「事例ⅡのB社を事例ⅠのA社として出題するとしたらどんな問題になるかな?」などと想像しながら、各企業に総合的にアドバイスするつもりで、多角的に考えてみましょう。

3、答えを暗記しようとしない

各予備校から想定問答集の類を入手し、目を通しておくことは重要です。

但し、それらを丸暗記して本番で「立て板に水」のごとく喋り倒すのは止めたほうが無難です。

あくまで個人的な印象ですが、試験委員は「企業や支援機関に送り込んで問題ないか」「一緒に仕事ができそうか」をチェックしていると感じました。
とすると、大切なのは「コミュニケーションが成立するか」ですので。

それに、暗記に頼ってしまうと、緊張して暗記した内容がうまく出てこなかった場合、パニックに陥る可能性があります。

想定問題集の類は、チェック漏れを防ぎ、会話の「とっかかり」を掴むためのキーワードを押さえるという目的で利用することをお勧めします。

4、声に出して話してみる

前回、筆記試験の準備についても書いたように、「声に出して説明してみる」ことは、頭の中を整理するうえでとても有益です。

そこで、受験仲間や配偶者などにお願いして、事例企業の成り立ち、問題点・課題、成長の方向性などを聞いてもらうのがよいと思います。
想定問答集を使ったシミュレーションについても、同様です。

もしも都合のよい時間帯に適当な相手が見つからなくても、誰かに説明するつもりで声に出してみると、キーワードの繋がりがとだえてしまうところのチェックは十分にできます。
---

以上、4点にわたって口述試験対策のアドバイスをお届けしました。

相変わらずインフルエンザが猛威をふるっており、診断協会のWebサイトにも「新型インフルエンザへの対応について」が載っていますね。

ここまで来て、「ご自身やご家族がインフルエンザに罹って口述試験に行けなかった」ということにならないよう、万全の対策をなさって頂ければと思います。

あと少しです、頑張ってください!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-12-14 12:03 | 口述試験 |
2009年 12月 13日 |
神戸の青年です!

2次筆記試験を通過された方、おめでとうございます。
ご苦労が実りましたね。

思いのほか残念な結果だった方、来年はぜひともリベンジを図ってください。

さて、2次試験は口述試験までです。

おごらずあせらず、短期間での対策をしましょう。
以下、私がした準備を列挙しておきます。

・4事例の比較表(どの企業の質問をされてもあわてないように、業種、製品・サービス、資本金、従業員、課題、診断の方向性)をまとめて頭にインプットしました。)
・毎日、奥様の前で事例の与件文を声を出して読み上げました。
・受験校の解答・解説から様々な論点、視点を吸収しました。(どのような質問が考えられるかの抽出作業として)
・受験校の模擬面談を3つ受けました。

その結果、各事例について何も見ずに説明できるようになり、あとは本番での度胸だと割り切れるようになりました。


[本番では?]

第1問目の圧迫質問でいやな顔をされ出足をくじかれましたが、それも想定内でしたのでなんとかクリアできたかな、という思いがありました。

ちなみに、レイアウト(大阪会場の場合)は、
 ①対面して試験が3人座っている。
 ②荷物は近くの机に置く。
 ③受験生側にもイスがあり、そこに座る。
でした。

[当日の注意点など]

服装はスーツ(女性はそれに準ずるもの)を推奨します。社長に面談するコンサルタントの姿を想像すればお分かりになると思います。

さらに、口述試験中にいやな無言の時間を作らないための秘策!
それは、「オウム返しする」ことです。
試験官からの質問にオウム返しを適宜いれると、実質何も答えていなくても、会話が成立します。

また、はじめに「よろしくお願いします!」、最後に「ありがとうございました!」と、明るく言って下さいね。

仮に39度の熱が出ても試験会場に出向く。
必ず、やりとげてください!

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-12-13 14:06 | 口述試験 |
2009年 11月 30日 |
こんにちは、かつ~んです。

2次筆記試験合格発表がいよいよ来週末に迫ってきました。
2次試験を受験した方はみなドキドキしつつも複雑な気持ちを
抱えているのではないでしょうか。

この気持ちを抱えたまま、何も手に付かない人もいることでしょう。
でも、せっかく勉強癖をつけたのですから、何もしないのはもったいないです。
先日、私のブログにも書きましたが、是非口述試験対策をしてください。

今年の2次試験の与件企業の特徴は覚えていますか?
忘れてしまっていたら要注意です。
合格発表から口述試験までは、9日しかありません。
今からでも、事例を暗誦するくらい見直してください。
そして、事例企業を成長発展させるための自社の強みや
市場環境に対応させるための成長戦略、
競合企業に対する差別化戦略などを
具体的に事例企業に沿って考えてみてください。
きっと、口述試験に役立つでしょう。

今の時期、思いっきり遊んだり、本を読んだり、趣味に没頭したりなど、
「楽しいことだけしていたい!」と思っているかもしれません。
でも、自分が真剣に向き合った今年の2次試験について、
改めて冷静な頭と目を持って、真剣に考えてみることは、
口述対策はもちろんのこと、その後の実務補習にも役立つと思います。

前向きに準備を怠らない人の方が、良い結果を生む確率が高いと信じています。

------------------------------
再現答案を募集しています。
ぜひともご協力のほど、よろしくお願い致します!
------------------------------


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-11-30 20:58 | 口述試験 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon