ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
カテゴリ:実務補習( 9 )
|
|
2010年 12月 12日 |
こんにちわ。
企画&再現答案チームのsilk&fireです。

2次試験の結果が発表されましたね。
もう何年も前のことのような気がしてしまっていましたが、あれからやっと1年がたったようです。

口述試験対策はふぞろい3のコラムを参考いただくとして(笑)、←未だの方はしっかり読んでくださいね。怖いですよ。口述試験は。
試験の本番は実務補習じゃないかなと私は思います。

「社会科見学」「飲み会」等、まことしやかな噂が流れる実務補習ですが、
私は、自分の体力と知力との戦いかと思います。

実務補習は15日コースと5日コース(3回受ける必要がある)の2つがあります。
当然、早く診断士に登録が出来るのは、纏めて行う15日コースです。

このコースを5~6名の班員で行ない、おおよそ100~150ページ程度の「診断報告書」なるものを作成するのが、この実務補習の内容です。
15日コースでも5日×3社に分かれておりまして、
期間中は殆どの土日(診断報告書作成)と金曜(ヒアリング)、月曜(発表)が、この実務補習のために消費されます。

つまり会社に勤務されている方にとっては、期間中は休みがほぼなくなり、更に何日かは仕事を休まざるを得なくなるということです。

それだけならまだ(?)良いのですが、
この実務補習で設定されている日程は、班員と指導員の先生とのディスカッションに消費し尽くされます。

それだけディスカッションをすれば飲みに行きたくなるのは当然で、「毎回飲み会」は、間違ってはいないと思います。(笑)

そして、前述のとおり100ページ以上の診断報告書を班員分担で作成するのですが、
これを書く時間は、実は『自主的』に「平日の夜」になってしまうのです。

何がおきるかと言うと、
平日・・・仕事+深夜まで診断報告書作成
休日・・・実務補習+飲み会
という日程が、約2ヶ月ほど続きます。(少しは休みもあります。)

さらに指導員の先生によっては発表の前日になって、「ダメ。やりなおし」になる場合もあるとやら。
この場合は徹夜は免れません。。。

(あくまで、silk&fireの所属班と聞いた話だけで、すべてがそうとは限りません)


凄いなと思ったのは、
・期日に間に合わない人
・遅刻や休んでしまう人
・途中でドロップアウトする人
が、皆無ということ。

こればかりは診断士になるという意識の高さと、合格率4%の難関を突破した精鋭なのだな、と実感した瞬間でした。


昨日、去年一緒に勉強をしていて惜しくも合格を逃した仲間から、
次々と合格の連絡が入りました。

ここに合格された皆様も、本当におめでとうございます。

口述試験が終わりましたら、(←しつこいようですが、ふぞろい3コラム参照)
実務補習に向けての準備をしっかりと行っておくことをオススメします。


準備とはこんな感じです。
・2~3月はなるべく仕事入らないようにしておく
・お金をためておく(←結構かかりますので。。。)
・体力をつけておく


ではでは

---
にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-12-12 11:15 | 実務補習 |
2010年 03月 15日 |
はじめまして。
企画&分析チームメンバーのみっくです。
ふぞろいプロジェクトには今年初めて参加しました。
よろしくお願いします。


さて。本日3/15は、
平成22年2月実施分の実務補習・15日間コースの最終日でした。
f0170728_21375532.jpg


そして、打ち上げ真っ最中です。乾杯なう、です。


3社分の実務診断をやらせていただいて
いろいろと印象に残ったことがありました。

まずは、試験と共通することから。

◇基礎知識はやっぱり大事
└知識量が多い、そしてすぐに引き出せることは
 やはり土台になるんだな、と実感しました。

 実務補習では通常、社長へのインタビューは
 初日の2~3時間で行われます。
 事前にストーリーを仮定して質問を準備するのですが
 当然、想定外の答えが来ることもあります。
 そこで質問をする側の土台がしっかりしていると、
 すぐに次にするべき質問が見つけられるのです。
 結果的に診断に必要な情報の聞きもらしが少なくなるので
 作業がスムーズに進みます。
 また、知識量が多い方とは普通に話をしていてもすごく楽しいです。

◇アイディア論はNG
└初めての実務診断ということもあって
 つい自分のカラーを出したくなってしまうものですが
 アイディア論をSWOT分析の段階で延々と語られたりすると
 作業が遅れること必至です。
 戦略フレームをきちんと追ってあるべき姿を共有することが
 5日間という短期間で、かつ
 グループで作業をするためには大事だと思いました。


次に、意外だったこと。

◇「社長の思い」に対する感応度
└やはり、社長に直接お会いして話を聞くと
 「社長の思い」や「社長の意向」の印象が強く
 私も、班の他のメンバーも
 これらを常に意識して議論を進め、報告書も作成していたように思います。

 個人的には、2次試験においても
 与件に「社長の思い」があれば必ずチェックを入れて
 重視するようにしていたのですが…全然足りませんでした。
 想像以上に「社長の気持ち」「従業員の気持ち」が
 方向性を決めるんだなぁとしみじみ思いました。
 
◇時系列に対する意識
└こちらも試験では「やらなければいけない施策」全てを
 網羅的に抽出するイメージの方が強かったのですが
 実務補習では「実行できる施策を提案する」ことを
 より強く意識したため、
 プライオリティの設定をしっかりやりました。
 すぐやるもの、将来的にやるもの、といったイメージで
 時系列への意識が違いました。



最後に、他の班で実務補習を受けた友人の話も参考に
グループで診断をするときの注意を。

◇班のメンバーの年齢や職業を意識しないこと!
└合格同期として、診断士の卵として
 あくまで対等な立場で意見が言える雰囲気がないと
 議論が停滞します。
 また、せっかくの機会なのに、
 担当割が本業頼りになってばかりというのも
 もったいないですよね。
 これは勉強会でも同じことが言えると思います。

◇書式ルールへの意識を高く持つこと!
└担当を決めてバラバラに作業を進めるため、
 最初に書式や表記ゆれに対するルールを決めました。

 が。
 ITスキルのバラつきや文体への意識の差から
 なかなかそれが守られず、報告書の中身の作成よりも
 体裁を整える方に時間がかかったような印象すらありました…
 各自の意識の持ちようでこのプロセスは短縮可能だし
 他のメンバーにも迷惑をかけることになるので
 気をつけたいところです。


以上、実務補習を受ける際の、
さらには受験の参考になれば幸いです。


ふぞろい用原稿の執筆や分析と時期が重なり、
MTG時に「顔がすごい疲れてますねw」なんて言われたりもしましたが
こうして無事に登録申請を済ませると
やっぱり達成感や充実感が湧いてきます。

次はふぞろいの原稿を完成させることに注力して
同じように達成感を味わいたいと思います!



にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-03-15 20:34 | 実務補習 |
2010年 02月 05日 |
皆さんこんにちは。
レスラーです。

東京地区では昨日から今年初めての実務補習がスタート。
タイムリーな話題ということで、今回はその実務補習の話を少しばかりしてみたいと思います。

私も2年前にこの実務補習に参加しました。
様々な業種から集まってくるメンバーにはそれぞれに異なったスペシャリティがあり、私自身、非常に有意義な経験になりました。
私を含めて熱いメンバー(そこは5名全員の共通点でした)で構成された班で、白熱した議論を交わしたのが懐かしく思い出されます。
その光景を微笑みながら見守っていた指導員の先生の顔も印象に残っています。

中でも診断企業の実行可能な経営改善策を考えるところではメンバー間の意見が対立し、まとめ上げるのに苦労しました。
診断企業のあるべき姿では容易にまとまっても現実を踏まえた具体的な提案となるとそう簡単にはいかないものです。
診断企業ができることを提案しなければ意味がないことを皆さんよくわかってますし、そこにエネルギーが集中しますからね。
でもそうした熱い議論の甲斐あって、出来上がった診断報告書とプレゼン内容は診断企業の社長からお褒めの言葉と宿題をいただくことができました。

実は診断報告に先だって先方の社長にヒアリングのための時間としていただいていたのが2時間だったのですが、ヒアリング項目が多過ぎたため予定時間をオーバー、何と3時間余り社長を拘束してしまいました。
社長は他の予定をずらして私達のヒアリングに応じてくださったのですが、予定時間を守れないようでは診断士として失格ですね。(汗)
後で指導員の先生から注意を受けてしまったのは言うまでもありません。

そんなことがあっての上ですから私達に対するお褒めの言葉も多少リップサービス的なところがあったと思います。
それでも自分達のアウトプットを褒めていただけるのは嬉しいものです。
1.限られた時間の中で出したアウトプットとしては充実した内容であること。
→裏を返せばコンサルレポートとしては不足している部分が多いということでもあります。
2.身の丈にあった提案をしてくれたこと。
以上が社長から褒めていただいたポイント(コメント)でした。
前述の通り、実行可能な経営改善策の提案は皆が大いに議論して作り上げたものだったので、2.についてお褒めの言葉をいただけたのは本当に嬉しいことでした。

いただいた宿題というのは提案した内容についての具体的な実行支援に関するもので、自分達(実務補習メンバー)で対応させてほしいという申し出をしましたが、結局、指導員の先生預かりとなったのが少々残念でした。

今、実務補習に参加されている方は精一杯取り組んでいただき、是非有意義な経験にしてもらえればと思います。
有意義な経験にできるか否かは自らの取り組み方如何にかかっていると言えるでしょう。
人脈形成の場としても貴重な機会になると思います。

私も実務補習で一緒に組んだメンバーとは今でも定期的に会って情報交換をしています。
念願の独立(起業)をした人、診断士取得後、所属する企業内で重要なポストに抜擢され、活躍している人、診断士受験で学んだことが仕事に生きて具体的な成果をあげている人など、それぞれ診断士という資格あるいは学んだことを生かした活動をしていることに良い刺激を受けています。
私も頑張らないと。

次回は診断士として取り組んでいることについて書いてみたいと思います。
それでは、また。



------------------------------
日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-02-05 18:09 | 実務補習 |
2010年 02月 03日 |
 はじめまして。分析&再現答案チームの山上です。

 1次試験、2次筆記試験、口述試験を経て、いよいよ明日から実務補習が始まります。
 私も明日から15日コースの実務補習参加します。

 実務補習は5日間で1社の診断を3社について行います。前半2日間、後半3日間に分かれ、その間の約1週間で報告書を仕上げます。
 前半では社長ヒアリングと報告書の方針決定の打合せを行い、後半では報告書全体の整合・調整、報告書冊子の作成と社長へのプレゼンテーションを行います。
 すでに指導員の先生からメールで連絡がありました。私のチームは6人構成で、私は経営戦略の担当と担当分担も決められています。年齢が一番上なのでしょう、経営戦略の担当ということはチームリーダーとして、明日から分析と報告書作成に取り組むことになります。

 緊張すると思いますが、実務補習で2次試験のために学んだことをどれだけ発揮できるか、楽しみです。
 実務補習には、次の能力が必要だと思います。

  ・社長のニーズ・相談事を把握する力
  ・企業の環境と経営資源を分析し整理する力
  ・分析に基づいて適切な助言を行う力
  ・内容の整合性を取り全体最適化する力
  ・社長にわかりやすい報告をする力

 これは、私が2次試験のときに心がけていたことでもあります。

 何週間か先には、実務補習を終えたメンバーから、実務補習での気付きが発信されると思いますので、そちらも楽しみにしてください。


------------------------------
日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2010-02-03 12:37 | 実務補習 |
2009年 09月 09日 |
分析&再現答案を担当いたしましたみぞえもんです。


まずはこの場をかりまして、先日の一次試験の発表で合格されました方は本当におめでとうございます。
不幸にも不合格になってしまった方も、一次試験は積み重ねが効く試験ですので
再度トライしてくださいね。


さて今回のふぞろいのメンバーはほとんどの方が15日コースに参加されていたのですが
私は仕事の関係で15日コースに参加できず、ようやく現在実務補習に参加しています。
明後日から2回目が始まります。

そこで感じたのは、二次試験って実務補習の診断報告書を書く準備かなー??ってことです。
実務補習も二次試験と同じで大変期間が短いです。
そこで重要になるのは、いかにして情報を整理して
それを落とし込むかということです。

はっきりいって、わけのわかない思いつきで診断報告書を書いても
経営者の方から失笑を買うだけです(その前に指導員の先生にも怒られると思います)
メチャクチャな思いつきで書くのではなく、しっかりとした情報&根拠を元にして書く。。。。
これって与件の適切な引用と似ています。

そんな観点からも二次試験の勉強をされると、参考になるかもしれないなーと感じて
今回の記事を書かせていただきました。


日本ブログ村ランキングに参加中です。
1クリックをお願いします↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-09-09 23:04 | 実務補習 |
2009年 02月 16日 |
 はじめまして、企画チームのまつあにです。

 昨日のエントリーは、深海先輩による診断士登録後の展開についてのお話でした。
 私は受験生と登録済の先輩がたの中間の立場なので、ただいま真っ最中の実務補習と、その中での2次試験に関する気づきについてアップします。

---
 実務補習の1セットは5日間です。前半2日間、数日置いて後半3日間に分かれます。
 前半は社長ヒアリングから報告書骨子の決定まで、後半は相互チェックや整合性の確認、報告書冊子の作成と社長プレゼン、というのが一般的な流れのようです。
 多くの場合は4~6人で1チームを構成します。そして、全体戦略・マーケティング・運営管理・組織人事・財務などの分担を決め、分析と報告書作成に取り組みます。

 私が実際にその5日間を経験して感じたのは、「2次試験は実務補習のコンパクト版だ!」ということです。
 もちろん、両者には次のような点で違いはあります。

 ・あらかじめ整理された与件や設問があるか
 ・社長がバーチャルか本物か
 ・間に何日かの準備期間があるか
 ・1人でやるかグループでやるか

 それでもそう感じたのは、どちらも「企業の現状把握と分析を行い、その企業がよい方向に進めるよう、社長が理解しやすくて実行してみようと思える提案をする」という点において、考え方が共通するからです。

 実際、実務補習の指導員には「“社長がそれで分かるか”を常に意識してね」と言われました。例えば財務指標なども、現状の数字から何が分かるのか、どうすれば改善できるのかを、分かりやすく丁寧に説明しなければなりません。

 2次試験が「それが実際にできそうな人を選ぶ試験」だとするなら、答案を採点するのは試験委員であっても、「環境分析から改善策まで、社長が理解しやすくて実行してみようと思えるように書く」こと、つまりは「社長の目線で書く」ことが大切なのではないでしょうか。

 そう考えれば、専門用語をちりばめて一般論を書いただけの答案では十分でないのだろうという想像がつきます。また、フレームや切り口と呼ばれるものは思考に漏れがないかチェックするツールであって、それらを振り回してはいけないことにも思い至ります。

 特に専門的に経営の勉強をしていない社長でも分かるように書く、「社長の目線」の重要性。実務補習を体験して改めて認識しました。

---
 以上は私の個人的な気づきですが、より多くの皆さんの取り組みやそこから得た気づきを集約し、「合格に必要なものは何か?」「それはどうしたら身につくのか?」を探ろうと、WEBアンケートを募集中です。

 少々お時間をいただきますが、診断士受験生にとってより利用価値の高い本にすべく、ぜひご協力をお願いいたします。皆さんのご参加を心よりお待ち申し上げます。

---
アンケートの詳しい内容はこちら、アンケート画面の入口はこちらです。

こちらへのポチもよろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-02-16 11:29 | 実務補習 |
2009年 01月 23日 |
こんにちは、ぼにいです。
今年は「ふぞろい」サポーターをやらせていただいています。

今日は、実務補習者への応援と2次受験生へのアドバイスをあわせて書かせてもらいます。


いよいよ来週から平成20年度合格者の実務補習がスタートですね。
班によっては、メールのやりとりや業界分析が始まっているかな。

1年前、1日目の朝のドキドキを思い出します。

「あー、ここにいる人は全員合格者なんだ」

と、当たり前のことを思って、ちょっと感動しました。


実務補習では、2次試験の事例に良く似た企業が、リアルに存在し、目の前に経営者がいて、見回すと従業員がいる、という状況に飛び込んでいくことになります。

「診断士として役に立つためには、どういう会社に対してどういう助言をすることができなければならないのか」をひしひしと感じ取ることができ、自身の至らない部分にもたくさん気付くことができます。


かなりのハードワークを強いられますが、相手が生身の企業であること、グループワークであることなど、やり甲斐と責任もたっぷりあるので集中力で乗り切れるものです。


今年は新手のインフルエンザが流行っているそうですし、一気に15日間を受講される方は特に体調管理に気を配ってくださいね。



さて、ここからは受験生へのメッセージです。


昨年、実務補習を経験してみて、2次試験と実務補習のいずれにおいても、共通する心構えがあることに気付きました。

「敬意を持って相手の話をていねいに聞く」
「問われたことにわかりやすく正確に答える」
「一貫性と実現性のある改善提案をする」

これらについては、架空の事例問題でもリアル企業の診断事例でも、全く同じです。


先輩診断士による実務補修生に対するアドバイスの多くは、そのまま2次試験の事例に対峙する受験生へのアドバイスとしても有効です。

「敬意を持って相手の話をていねいに聞く」
 → 斜に構えず、しっかり読んで正しく理解する

「問われたことにわかりやすく正確に答える」
 → 与件にある言葉を使って、設問で問われていることについて答える

「一貫性と実現性のある改善提案をする」
 → 設問間の一貫性を維持してわかりやすく書く



受験生の方も、ぜひ実務補習に関するアドバイスや体験談などにも触れるようにしてみてください。

モチベーション向上以外にも、答案作成のためのヒントを見つけることができるかもしれませんよ。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-23 12:30 | 実務補習 |
2009年 01月 18日 |
こんにちは、トーキチローです。
前回に引き続き、実務補習に参加される皆さんに向けた話題です。

実務補習では、多くの実習班で初日の午後に診断先企業に出向きヒアリングを行うことになります。
その際に気をつけていただきたいことが、「傾聴」です。

私は、話を「きく」行為には以下の3段階があると思います。
①聞く・・・相手の発する言葉をそのまま受取る
②聴く・・・相手の発する言葉の真意を感じ取る
③傾聴・・・相手の発する言葉の真意を感じ取りプラスαの言葉(情報)を引き出す

ヒアリングでは、限られた時間で必要な情報を診断先の社長から聞き出さなくてはなりません。

社長の話に対して、心を傾けて真剣に聴くと同時に、例えば相槌を打つ・深くうなづく・身を乗り出すなどというボディーランゲージとともに「なるほど」・「えっ、そうなんですか」というような言葉によって、話し手の「もっと聞いてほしい」・「ここを聞いてほしい」という気持ちを喚起し共感できれば、想定以上に内容の濃いヒアリングができると思います。

私は、法人営業チームのリーダーとして中小企業の社長にお話を聞く場合が多いんですけど、その時に注意しているのが「傾聴」です。
ひとは、自分を理解してくれる(くれようとする)人により多くの情報を与えてくれます。
社長の話に真摯に向き合ってください。

これが、あなたの診断士としての実質的なデビュー戦ですね。
心配事も多いでしょうけれども、このステージに立ちたくても立てなかった仲間の分まで存分に悩んで・議論して有意義なものとして下さい。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-18 09:13 | 実務補習 |
2009年 01月 17日 |
こんにちは、トーキチローです。
今月末から実務補習が始まりますね。
今日は、実務補習に参加される皆さんに向けた話題です。

多くの場合5~6人で1班となって診断実務に当たりますが、ここで同じ班になった人とはその後も定期的に集まって情報交換をしたり、実務補習後もそのままチームを組んで診断を行う班もあります。

このように、今後診断士活動を行う上で重要なポジションを占める同じ班の人とは、いい形でスタートを切りたいですよね。

突然ですが、バーナードの「組織の基本的要素」って覚えていますか?
①共通目的
②協働(貢献)意欲
③コミュニケーション
でしたね。

診断先の企業に少しでも良い提言を行いたいという「共通目的」を意識し、「コミュニケーション」が活発になるのは良いのですが、時としてアツクなりすぎて、最初は意識していた「協働意欲」が無くなって「勝手にしろ」って状態になることがあります。

特にメーリングリストでやり取りしているとこの傾向が強くなりますので、そんなときは会って実際に話をしたり、電話で話すことをお勧めします。
コミュニケーション能力は口述試験で試されているはずですが、相手を思い遣るこころを持ってコミュニケーションすれば診断チーム(組織)は素晴しいものになると思います。

今回は、同じ班の中のコミュニケーションでしたけれど、次回は診断先企業の社長とのコミュニケーションについてお話します。


*****
「ふぞろいな合格答案」では、再現解答の募集を行っています。
 ↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
再現答案募集要項
皆様の再現答案が来年度の受験生の支えになりますのでご協力お願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-01-17 09:42 | 実務補習 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon