ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
カテゴリ:診断士活動( 28 )
|
|
2009年 07月 10日 |
こんにちは。
ふぞろいサポーターの「3児の母」ことchisakoと申します。診断士としては今年で3年目になります。

現在、マーケティングを専門分野として独立診断士として活動しています。

たまたまかもしれませんが、私の周囲にはマーケティングが専門という診断士は比較的少なく、新人ながらも、特に女性向けのビジネスに関してはあちこちからお声をかけていただいています。

診断士の中では(私の場合)競合は少ないのが現状ですが、世の中を見てみると競合は非常に多いです。
広告代理店、企画会社、デザイン会社、IT系のweb部門、イベント会社、印刷会社、主婦ネットワーク系の会社…などなど、多くの業種の中でも、単に制作だけではなく、その上流工程である「マーケティング戦略立案」というサービスを提供しているところが増えています。
私自身も、診断士になる前は、広告関係の企画会社の仕事をしていました。

そういう意味で、「マーケティングは競合が多いでしょう」と診断士仲間から言われることもあります。

でも、私の実感としては、やはり診断士なら診断士ならではのバリューを提供できる、と感じています。

中小企業であれば、ある商品のマーケティング戦略は、経営の中で極めて重要な位置づけにあります。支援する側も、経営戦略も含め、全体を見た上でマーケティング戦略を立案しなければ、経営資源の無駄が生じます。
それに、実行段階においても、現状の経営資源の中で誰がどうやって実行するのか、またどうやればスタッフが納得して動けるか、というレベルまで考慮しなければ、計画倒れで終わってしまいます。

診断士は経営全体に関わる体系を自分の中に持っているので、専門分野に特化していても、全体の中で担当部分の意味を位置づけることができるんです。
診断士以外の競合者の方とお話していると、全体の一部しか見えていないように感じる方も少なくありません。もちろんそういった方を否定するわけではなく、クリエイティブなアイデアが優れていたり、制作・実行にかけてもワンストップで提供できたりなど、かなわない点もたくさんあると感じます。
ただ、強みがそれぞれ違うために、直接的に競合するわけではないと感じている次第です。

一次試験が間もなくですが、自分の中に体系を作るのには、一次試験の範囲をしっかり身につけることだと思います。
私自身は受験中は勉強不足だったので、とてもえらそうなことは言えませんが、一通りやったことで体系の骨組みはでき、その後、学んだことを体系的に追加していくことができるようになったように感じています。
一次試験は範囲が広くて大変ですが、試験合格のためだけでなく、「これからのビジネス人生でずっと役に立つ芯を作れるんだ!という期待を持って、頑張っていただきたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-07-10 22:41 | 診断士活動 |
2009年 06月 13日 |
皆さん、こんにちは。
レスラーです。
3ヶ月ぶりの投稿です。

このブログを読んでいらっしゃる方の多くが企業にお勤めの方かと思います。
私も現在ソフトウェア会社に勤務し、マーケティングの仕事をしています。
昨年、あるソフトウェアビジネスを新規事業という位置づけでテストマーケティング活動からスタートし、今年、経営層の承認を経て正式に事業化することができ、今はその仕事を主に担当しています。

経営層の承認を得る活動の中では診断士受験で学んだことが非常に役立ちました。
具体的には事業計画書の作成やそのプレゼンテーションでマーケティングや財務で学んだことが役に立ちました。
また、テストマーケティングでの活動結果データをもとに論理性や一貫性に留意したプランを提示したことが経営層に納得感を持ってもらう要因になりました。
このあたりは、2次試験と相通じる部分ですね。

事業化するところまでは順調にきましたが、思ったよりも結果が伴わず、今では苦労の日々が続いています。
現実の厳しさを思い知らされている今日この頃です。
周囲から「嘘つき!」と言われぬよう、計画した売上・利益が達成できるよう現在、奮闘中であります!

診断士の資格を取っても企業内診断士として活動される方が多いと思いますが、上記のようなことは一例で日頃の仕事において診断士で学んだことを生かす機会は多いと思います。
また、仕事に生かすことでより成熟した診断士活動ができるのではないかと思います。

私も事業計画での経験を今度は自身の診断士活動の中で生かしていきたいと考えています。
そのためには自分自身の事業計画を現実のものとし、成功体験を自身の中に持ちたいと考えています。
それがあってこそ魂の入ったコンサルティング活動ができると考えているからです。

さて、先日1次試験の申し込みが締め切られました。
速報ベースですが、今年の申込者は2万人を超えた模様です。
昨年の申込者が17,934人ですので、前年比で10%以上増えたことになります。

前回の投稿でも触れましたが、昨今の経済情勢の影響もあり、診断士の活躍の場が非常に多くなっています。
最近では、新聞紙上や国会などでも診断士が取り上げられるようになり、受験申込者数の増加はそうした状況や不透明な時代背景を反映したものと受けとめています。

1次試験まで2ヶ月をきりましたが、受験される方は追い込みに余念がないことと思います。
頑張ってください。

それでは、また。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-06-13 11:37 | 診断士活動 |
2009年 06月 08日 |
こんにちは、かわせみです。
まもなく「ふぞろいな合格答案 エピソード2」が発売されます。
80分間の真実から通算で5冊目となりました。小生も診断士という
マジックライセンスを取得してから5年がたち、今年は最初の診断士
ライセンスの更新が必要な時期に差し掛かっています。

最近、商工会議所での仕事で月に10社程度の中小企業の方々の相談に
応じています。また必要とあらば、専門家派遣というスキームを使って、商工
会議所に登録されている診断士をその企業に送り込み、課題解決を図っていく
業務にも従事しております。

そこでよく感じるのが上から目線の診断士が多く、そんな人が中小企業に
それこそエラそうにアドバイスをしているケースが残念ながら、そこそこある
という現実を目の当たりにしております。

本当に体を張ってリスクを背負っている中小企業の社長さんに比べ、コンサル
というリスクを持たない業をやっている人間が上から目線で指導(?)している
ほどカッコの悪いものはありませんし、品格がずれていると感じています。

診断士の試験は非常に大変で、何度も挫折しそうな局面が多くあると思います。
そこで、人の痛みのわかる診断士になれば、上記のような懸念が払拭できると
思います。苦労しただけ人にやさしくなれる、そんな診断士像が本当の目指すべき
姿だと考えています。

受験生の皆様、診断士試験の勉強がんばってください。そして真の意味での
困っている企業様を助ける診断士になってください。

~かわせみ~



にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-06-08 22:36 | 診断士活動 |
2009年 04月 18日 |
ちゃーです。
こうしてブログを投稿するのは久々です。

診断士試験に合格してから、2年が経ちました。
”ふぞろい”との関わりでは、今やOBとなりました。
早いものです。

私は企業内診断士として、IT系中小企業の経営企画を担当しています。
なにせ企画部門が自分一人なので、いろいろと手広く仕事をしていますが、
その中で今回は自社研修の講師の話をさせていただきます。

独立されている診断士で研修の講師、すなわち”インストラクター”を
収益の柱の一つとしている方は少なくありませんが、私の場合は社内向けの
研修講師を職務の一つとして担当しています。
これまでにも5人くらいの規模から数十人規模の研修、
30分程度の研修から一日がかりの研修、
新入社員研修から管理職向け研修まで、
いくつのコースを担当してきました。

ところで、私が新米インストラクターだったころは、
とにかく研修シナリオやパワーポイントの資料作りに命をかけていました。
いかにして分かり易く、理路整然と、インパクトを持って伝えるか、
その結果として受講者にモレなく・ヌケなく・一つでも多くのことを学んでもらう、
そんなことにこだわっていました。
しかしその考え方があるセミナーで話を聞いてから、少しずつ変わってきました。
それは私のようなインストラクター向けのセミナーで、テーマはこうです。
”講師自身が楽しむ”

今の私のインストラクションスタイルは
受講者の「参加促進->発散->収束」
の流れを一番大切にしています。
基本的には複数回同じ講座をやるとしても、その内容は毎回違います。
私が想定していなかった発言がいつものように出てきます。
その発見の喜びが、いつも私を楽しませてくれています。

考えてみたら過去の私は伝えることに必死過ぎたかもしれません。
一生懸命ではありましたが、もっと場を上手く活用する余地があったのです。
私ひとりが持っているナレッジなんて、研修に参加している方々のナレッジの
総量に比べたら本当に貧相なものです。
結局、一番おいしい情報は参加者が持っていることが多い。
それを上手く引出すことが私の仕事だ、と今は思っています。

ちなみに、インストラクションの技術的な面では、十分に発散した後のまとめが大事です。
これをやらないと受講生にとっては「みんなで集まって単に雑談をしただけ」な気がして、
「研修を受けた」「学んだ」という実感が持てないからです。
こんな時に役に立つのが2次試験でさんざん勉強した”切り口”を立てる力です。
受講者から四方八方に発散されたナレッジを2~3の切り口で、
スバっと整理して差し上げる。
そうすると、自分たちが何を話してきたのか振り返ることができるし、
記憶として定着しやすくなります。
これが受講者にとって、何より効果的な学習です。

上手くいくかどうか毎回が真剣勝負ですが、それゆえに
とてもエキサイティングで大変楽しいお仕事になっています。
診断士試験に合格したら、きっとこんな経験をするチャンスも得られます。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-04-18 11:23 | 診断士活動 |
2009年 03月 27日 |
はじめまして。
ふぞろいの前身である、「続々・80分間の真実」に参加していた3児の母、chisakoと申します。

もう診断士試験からは縁遠くなっているので、私からは、試験からは離れて、主婦&診断士という切り口でお話したいと思います。

私は2007年に診断士登録して2年、就学前の3人の子育てをしながら、独立診断士として活動してきました。
もともと、出産を機にフリーになり、企画などの仕事を(細々と)してたのですが、3人とも保育園に入る際に仕事を増やしたいと思って取得したのが診断士でした。

正直、「資格をとったからって仕事がとれるほど甘くないだろう」と思っていました。
でも、予想外にあちこちからご縁をいただき、有難いことに仕事量も単価も、以前の数倍になりました。

このようにラッキーな滑り出しができたのは、「主婦の独立診断士はレアな存在だ」、というのが一因だと思っています。
主婦とか女性とか、そんなことビジネスに関係あるのかと思いがちですが、案外ニーズがあるものなのですね。

・顧客が女性や主婦ばかりである業界
・主婦の参加者の多い創業塾
・年配男性の先生だと萎縮してしまいそうな素朴なスタッフへの研修…

などなど、私が男ならお声はかからなかっただろう内容で、いくつもご縁をいただきました。

子育て中だと、仕事に使える時間はどうしても制限されます。
企業の中では、その制限ゆえに、密度の濃い仕事ができるポジションにつきづらいこともあります。
でもこの仕事なら、その分案件の数さえ絞れば、やりがいのある仕事を濃い密度でさせていただくことができます。
診断士をとるまでは、キャリアをどう積んでいけるのか、本当に悩みましたが、今は、「なんて理想的な仕事なんだろう!」と思うほど。診断士という資格に出会えたことを感謝しています。

「片手間ではできない仕事なのに!」と否定的に見られることも稀にありますし、自分でももどかしいこともありますが、大切なのは結果。精神論やべき論ではなく、ニーズがあり、お役に立てることがある限り、それでいいのだと思うようにしています。

このブログをご覧の受験生の方にも、主婦の方もきっといらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん主婦という属性と、診断士という資格だけがあればいいというわけではありませんが、ある程度キャリアを積んできた子育て中の女性には、とてもいい仕事だと思います。
もっと主婦診断士が増えて、活躍して欲しい!と思います。

子どもがいれば、受験予備校に通うのも難しく、大変な面もあるでしょうけど、家族の愛を支えに、お互い頑張りましょう!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-27 18:40 | 診断士活動 |
2009年 03月 15日 |
皆様、こんにちは。
2008年版「ふぞろいな合格答案」を担当した、まあこです。

 私は、丁度、診断士になって約1年がたちますが、改めて振り返ってみると、受験生活で身に付けた事が、仕事や診断士活動で役になっていると感じることが、よくあります。

 昨年、診断協会の広報部の活動で、診断士へのインタビューを行ったのですが、その時に、多くの方も同じような意見を持っていました。
経営に関する知識が役立つだけでなく、タイムマネジメントが上手になった、論理的思考力が身についたなどの利点をあげている方も、いらっしゃいました。
 
 これから、受験勉強が大変で、嫌になることもあると思います。
でも、受験勉強を通じて、「診断士」に合格するという以外に、沢山、自分の資産が残ると思いますので、是非、それを信じて頑張ってください。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-03-15 15:14 | 診断士活動 |
2009年 02月 28日 |
皆さん、こんにちは。

2008年版「ふぞろいな合格答案」で主にアンケートを担当させていただいたレスラーです。

今日は、診断士登録後の活動について簡単にお話ししたいと思います。
私は、昨年の4月に診断士登録を行い、同時に診断協会へも入会しました。
現在、東京支部の中の城北支会という所に所属しているのですが、昨今の経済情勢の影響もあり、支会へは様々な支援要請が入ってきます。
私は、自身の経験が生かせる製造業向けの支援活動を中心に行っており、ここ最近ではある区から委託を受けた巡回訪問調査を行っています。

リーマンショック以降の経済環境の急激な冷え込みを受けて国だけでなく、自治体も様々な臨時の産業施策を設けています。
そういった施策はタイムリーに実施されることが重要で、スムーズな実施のために私達、診断士が役に立てる所があります。
自治体も広報やホームページ等で施策の告知をしているのですが、それらの施策を知らなかったり正しく理解できていない経営者の方が意外と多いのです。
そういった事情もあり、課題や要望の調査も兼ねて巡回訪問を行っています。

訪問先で経営者の方と話しをする中で、財務のこと、取引関係のこと、雇用のこと、知的財産のこと、廃棄物処理のこと、近隣住民との騒音問題(苦情)に関すること等、実に様々な相談を受けるケースがあります。
もちろん全ての相談を解決できるわけではありませんが、その解決に向けた道筋を示せるだけでも経営者の方にとっては有益なものとなり得ます。

先日も訪問先の社長から雇用維持に関する相談があり、国が行っている雇用調整助成金制度のお話しをさせていただいたところ、早速、窓口へ問い合わせてみるということになりました。
いつも鞄には、中小企業施策ガイドブックを入れて持ち歩いているのですが、すっかりボロボロになってしまいました。

日本の中小製造企業には高い要素技術を持っている所がたくさんあります。
これらが今日の我が国の経済基盤を作り上げてきたと言っても過言ではないと思います。
これらの要素技術は、わが国の貴重な財産であり、その財産を失わないためにも百年に一度と言われるこの苦境を何としても乗り越えなければなりません。
多くの中小製造企業が再び上昇気流に乗れるよう微力ながら私も支援活動に邁進していきたいと考えています。
そのためには自分にできることを考え、日々、学び続ける姿勢を忘れてはならないと思っています。

次回の投稿では、別の活動について書いてみたいと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-02-28 13:25 | 診断士活動 |
2009年 02月 15日 |
こんにちは!
2007年に発刊した「続々・80分間の真実」の再現答案分析メンバーをしておりました深海です。
「ふぞろいな合格答案」になってからは執筆に参加しておりませんので、80分の執筆後、中小企業診断士3年目の私の現状をお伝えしたいと思います。

私は、診断士資格取得したことが面接での決め手の一つとなって(たぶん)、2008年の8月にコンサルティング会社に転職しました。
そこで現在、システム監査の仕事をしています。

最近、「公認情報システム監査人」という資格を取得し、認定の申請を行いました。

この資格も中小企業診断士と同じで、試験合格しただけでは資格保持者であることを証明できず、継続教育(3年間で120時間!)の受講が更新のために義務付けられています。
3年間で120時間というと、1年で40時間。1コマ2時間の研修を20コマ出ないといけない計算です。

この資格は本業の方で必要なので、かなり面倒ですが計画的に要件を満たしていけるようにしていくつもりです。



一方、中小企業診断士の更新要件の方はというと、1年目に一生懸命診断活動をやったので20ポイント以上は保持しているのですが、2年目以降は完全にストップしてしまって、3年目の今もポイントを貰えるような活動は休止中の状態です。

到底、計画的といえるような状態でないのが恥ずかしいです。

(参考)診断士の更新要件→中小企業診断士更新登録要件のご案内


まあ、5年のうちには何とかなるだとう、と思ってはいますが、、
そう言ってるとこに計画性がないというかw



今回は近況報告のような内容になってしまったのですが、次回登場するときは、

転職活動で診断士をどのようにアピールするか

といった内容を書く予定です。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
by 2008fuzoroi | 2009-02-15 11:47 | 診断士活動 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon