ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
「思い」
2010年 03月 02日 |
ふぞろいブログを御覧の皆様
いつも御覧頂きありがとうございます。

去年は再現チーム、今年はサポーターのbig-oneです。

まぁ、サポーターとは名ばかりで、
現行執筆陣の凄まじい熱気とエネルギーに背中を押され、
どちらがサポートを受けているか分からない状況ですが・・・(^_^;)

そのエネルギーの詰まった原稿が順次出来上がりつつあり、
私はそれを読ませていただいてるのですが、
今年も「受験生への思い」がタップリ注ぎ込まれた内容となっています♪

やはり合格されてきた方は、それぞれに異なるものの、
強い「思い」を胸に秘めて試験に挑まれたことを感じさせる一文が、
そこかしこに散りばめられています。

私も校正のために読んでいても気持ちが熱くなってしまい
つい読むことに没頭してしまうこともしばしばですw

つくづく、この「思い」というものの大事さを、
診断士となってより一層感じています。

現在私は、副業的なカンジで複数の小売店舗の診断業務を
継続的に行っているのですが、
やはりその際も思いを乗せて助言しているかどうかで、
店舗の反応に大きな差が出ることを実感しています。

思いを伝え続けた店舗では、当初素っ気ない反応だったものの、
現在では随分と提案を実行に移してもらえるようになりました。

しかし、通り一遍の提案を続けてしまった店舗では、表面上は聞いてもらえますが、
なかなか提案内容を実行してもらえない・・・

そういう差が、約一年間診断を続けてきた結果として出て来てしまいました。

同じくセミナー講師をしてみても、「思い」が入っている時と入っていない時で、
明らかに聞く側の反応が違います。

今にして思うと、2次試験もそんなところが見られてたりするのかも・・・ 
と、何となく考えてしまいます。

まぁ、私の合格できた時が、事例に登場する企業を具体的にイメージして、
その企業を良くしたいという思いを表現し、それが結果に繋がったため、
そう思うだけかもしれませんが。

もし受験生の方で興味のある方は、良ければ一度そんなところを意識して、
試しに事例を解いてみてください♪


いずれにしても、「受験生をサポートしたい!」という強い思いが詰め込まれた
今年の「ふぞろい」が着々と出来あがっておりますので、
どうぞ期待してお待ちください!!

にほんブログ村のランキングに参加中です。
1クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
<< 勉強を楽しく続ける事 ページトップ オリンピックを見て思うこと >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon