ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
勉強仲間と再会
2009年 07月 06日 |
こんにちは、
しゅう@再現答案チームです。

先日、出版されたばかりの「ふぞろいな合格答案エピソード2」を
渡すべく久しぶりに勉強仲間と再開しました。

彼らは今年リベンジを果たすべく、色々な勉強を
しているようでしたので、少しご紹介します。
具体的には

・事例問題作成
・社説の要約
・クリティカルシンキング

などです。

まず「事例問題作成」は、各自、事例Ⅰ~Ⅲを分担して
与件・設問を作成し、お互いに解答するというものでした。

成果の程を確認しましたが、担当した事例が
得意(点数に結びついている)になっているそうです。

理由はわかりませんが、事例を作成する際にある程度
関連本を読み込む必要があり、その結果として
多様な知識・考え方を身に付けたのではないかと考えてます。


次に「社説の要約」ですが、
これは日経の社説を200字程度に要約するもので、
編集力のトレーニングになります。

実際に同じ社説を要約した3人分を拝見しましたが、
微妙に違いがありました。

2次試験でも解答の論旨は同じでも編集の仕方で
違ってきますよね。そう考えると採点者に分かりやすく
解答する編集力のトレーニングは必要だと感じました。


次に「クリティカルシンキング」ですが、
今まで言葉は聞いたことがあったのですが、
簡単にいうと

====================================
クリティカル・シンキングとは、
簡単にいえば「論理的かつ構造的に考えること」です。

直訳すれば「批判的に考える」ですが、ここで批判の
対象になっているのは自分自身の考え。

つまり、自分がきちんと論理的・構造的に考えているかを
チェック(批判)しながら思考を進めていくことが
クリティカル・シンキングの本質です。

====================================

らしいです。

個人的には2次試験のためにあるようなものだなぁと思います。

私も経験がありますが、自分の中では
「論理的かつ構造的に考えているつもり」であっても
全く点数にならないことがありました。これは上記の
チェック(批判)が出来ていなかったのだと思います。

と、非常に面白そうなので、とりあえず、1冊本を読んでみたいと思います。

上記の方法が良いかは現時点では分かりませんが、
みなさんも気になるものがあれば試してみて下さい。

それにしても、勉強仲間って良いですよね♪
これからも彼らと切磋琢磨していきたいと改めて感じました。

それでは、受験生の皆さん頑張って下さい!!


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
<< 受験生の皆さん、応援しています!! ページトップ 誤植のお知らせとお詫びです >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon