ふぞろいな合格答案 執筆者のつぶやき...
fuzoroi.exblog.jp
ふぞろいな合格答案official blogでは、執筆者が製作秘話を綴っていきます。本書は、中小企業診断士の2次参考書です。
by 2008fuzoroi
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  ブログトップ
坂本竜馬ゆかりの地に立ち
2009年 04月 05日 |
皆さん、こんにちは。
中小企業診断士の同期のブーちゃんです。

「ふぞろい」の前身「続々・80分間の真実」のメンバーを務めさせていただいたご縁で、ふぞろいブログへの寄稿の機会に恵まれました。

診断士になり、経営者さんに助言をする機会では、ベースの知識と現場感覚の両方が必要と感じます。

診断士試験は簡単な試験ではないので、試験対策のテクニックや割り切った暗記も必要ですが、受験勉強の段階ではぜひ、ベースの知識の習得を大切にしてほしいと思います。現場感覚は合格すれば心がけ次第で嫌でも勉強できます。

最近、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」全8巻を読みました。
歴史好きには読むだけでは飽き足りず、小説の舞台としてたびたび登場する京都・伏見の寺田屋へ行ってみました。この寺田屋、幕末には薩摩藩士や坂本竜馬が大阪・京都を行き来する際によく利用していた船宿です。

小説「竜馬がゆく」では、「後に竜馬の妻となるおりょうさんが風呂に入っていると、竜馬を捕らえるために寺田屋を囲んでいる奉行所の捕吏に気づき、素っ裸のまま階段を駆け上がり、竜馬に危機を知らせる名シーン」が登場します。実際の寺田屋にはそのお風呂や階段、刀傷がそのまま残されており、歴史的事件の現場はとってもリアルでした。これに小説で読んだ名シーンの記憶が重なり、イマジネーションが膨らみ、何とも言えない歴史のロマンを感じます。

ただ、こんな歴史のロマンも、小説を読んだベースの知識があってこそ。ここがどういう場所か、事前の知識がなければ、歴史のロマンなんて感じられません。この歴史のロマンの感覚は、経営者への助言でも同じではないかと、坂本竜馬ゆかりの地に立ち感じました。

試験対策も必要ですが、ベースの知識の習得をぜひ大切にしてほしいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
[PR]
<< 「ふぞろい」2009年版、完成近づく ページトップ サクラサク >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon